ピクシブ百科事典

ニコル・ボーラス

にこるぼーらす

ニコル・ボーラスとはWtoC社のカードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」の背景ストーリー及びゲーム内に登場するプレインズウォーカーである。
目次[非表示]

最古にして邪悪なプレインズウォーカー。

決闘で屠ったプレインズウォーカーは数千を超え、土をつけた回数は三本の指にも満たない。
声を潜めて語られる存在で、他のプレインズウォーカーにさえも畏敬の念を抱かせる。
敵として立ちはだかれば、逆に敬意を払われるほどの悪の王。

数々の称号・異名を持っており、
ドミナリア最古の悪(Dominaria's most ancient evil)、
ボーラス皇帝(Emperor Bolas)、
龍師範(Sensei Ryu)、
全ドラゴンの神王にして父(the god-king and Father of All Dragons)、
偉大なるドラゴン(Great Dragon)、
世界の暴君(Tyrant of Worlds)、
マジック界における究極の悪の黒幕(Magic's ultimate evil mastermind)
などはその一部に過ぎない。

経歴


巨竜戦争、五つの生き残り


エルダードラゴンとは始まりの竜であり、全ドラゴンの源流である。

暴虐の末か、知恵比べか、はたまた人智及ばぬ誇り高さゆえか、
エルダードラゴンは全能さを競い合うように互いを潰し合い、消し合った。
それが後に風化していく神話、巨竜戦争のならわしである。


一説には凄惨な、そして長い戦いだったとされている。
生き残り、知性と魔力を蓄えたエルダードラゴンはわずかに五つのみであった。


人間にも理解を示す穏やかで果敢な鉄竜、クロミウム

クロミウム


クロミウムの姉妹にあたる深紅の雌竜、パラディア=モルス

パラディア=モルス


上の二人をいとこに持つ凶暴な漆黒竜、暴虐の覇王アスマディ

暴虐の覇王アスマディ


赤紫の鱗を纏い人竜として五体を持つ、アルカデス・サボス

アルカデス・サボス


そして、当時からすでに最古老のエルダードラゴンであり、
五千歳を数えぬ若かりし暴竜、ニコル・ボーラスである。

ニコル・ボーラス


エルダードラゴン最後の生き残り、その覇行


生き残りのエルダードラゴンたちでさえ、
それぞれの時代で様々な理由により散っていった。

それと比べて最後に生き残ったニコル・ボーラスが特別な竜であったことは、
もはやあえていうまでもないことだ。

あのプレインズウォーカーの代表格、ウルザよりも更に二万年前に、
ニコル・ボーラスはプレインズウォーカーとなっている。
その五千年後、初めてプレインズウォーカー同士の大規模な争いが起こった際、
彼は悪魔的なリバイアサンのプレインズウォーカーを一か月かけて下し、
その躯を喰らうことでさらなる魔力を手に入れ、ドミナリアから外の宇宙へと旅立った。
このドミナリアでの大暴れにより、時の裂け目が出現することになる。

衰え、そして渇望


時の裂け目の大修復が完了することで、プレインズウォーカーの灯そのものが変質した。
そしてニコル・ボーラスは不老と絶大な魔力、全能に近い完璧な生命を失い、
ただの空間移動ができる傲慢なドラゴンへと成り下がってしまった。

現在彼が悪党として陰謀を慎重に張り巡らせているのは、他でもない。
かつての栄光ある姿を取り戻すためなのだ。

幼き日、共に有った「兄弟」


そんなボーラスにも、幼き日には心の支えとなっていた双子の兄弟が居た。

その名はウギン。後にタルキール次元にて討ち果たす事となる精霊龍である。
そんなボーラスが何故プレインズウォーカーとなったのか?
何故ウギンとは道を違えたのか?
そして、兄弟であったエルダー・ドラゴン達と何故殺し合いをしなければならなくなったのか…?

タルキールのある巫師が見たウギンの幻視によると、ウギンとボーラスは同じ卵から生まれた双子の兄弟であった。2体は生まれた直後から協力して行動し、ウギンはボーラスに対し自らの片割れとして強い絆を感じていた。
だが、ボーラスが兄や姉たちを上回る力を求め、人間を操り支配するところを見たウギンは、ボーラスが自分のことを理解していないこと、ボーラスにとっては自身もまた利用する対象に過ぎないことを知りショックを受けた。その際にウギンのプレインズウォーカーの灯が燃え上がり、覚醒したウギンはタルキールへプレインズウォークした。
(なお、ボーラスはその後の巨竜戦争の果てにプレインズウォーカーに覚醒している。よって、「ドミナリア最古のプレインズウォーカー」という肩書は実は間違いであり、真の最古のプレインズウォーカーはウギンであった。)

その後の展開は諸子の知る通り、他のエルダー・ドラゴンやウギンはボーラスの手により殺害されている。
しかし、そのウギンはかつての配下によって蘇生されていた。
ボーラスは倒したウギンがどうなったのか、改変後のタルキールを訪れるが、ウギンの幻視を目の当たりにした巫師の機転によりウギンの生存は隠し通され、ボーラスに伝わることはなかった。

陰謀の終焉、そして再びの失墜


ボーラスはかつての力を取り戻すため、ある計画を企てる。
その内容は「プレインズウォーカーを1箇所の次元に集約させ、『不滅の太陽』というアーティファクトの効果でプレインズウォークを封じ、戦力として『永遠衆』と呼ばれるゾンビ集団を送り込み、プレインズウォーカーの灯を刈り取り、自身が奪い取る」というものだった。

計画は順調に進行していった。
まずはアモンケットをぶち壊し、自分に都合のいいように次元を再構築。戦力の『永遠衆』を手に入れる仕組みを作り上げた。
次に、カラデシュにてプレインズウォーカーでなくとも次元を渡ることが出来る装置『次元橋』を手に入れ、忠実な下僕に組み込ませた。
最後は、自身は一歩も動かずイクサランにある『不滅の太陽』を手に入れた。
ゲートウォッチなどという自身に楯突く目障りな雑魚共も居たが、全て叩き潰してやった。
そして、その雑魚の中から使えそうな屍術師の女を裏切るように仕向けた。
もはや全ては我が手中。敵うものなど存在しない。

万全を期して、ついにボーラスはラヴニカへと侵攻。永遠衆を操るリリアナを従え、瞬く間にラヴニカを制圧しようとしていた。
無論ラヴニカ側も黙って侵略を受け入れるはずがなく、有事の際にニヴ=ミゼットが用意しておいた「次元間の標」を起動し、プレインズウォーカーを呼び寄せ、市民とともに立ちはだかる。
しかしボーラスはその瞬間を狙っており、プレインズウォーカーが集結したタイミングで『不滅の太陽』を起動。ラヴニカは灯の狩場となった。

永遠衆の「古呪」により、次々と灯を狩られていくプレインズウォーカー達。さらにはボーラスの忠実な下僕と化したアモンケットの神々『永遠神』も投入。更にラヴニカを蹂躙してゆく。
かつての力を完全に取り戻す時はもう間もない。
そこに、かつて自身に破れたギデオンがエルダー・ドラゴンを屠ったという「黒き剣」を手に挑んでくる。しかし、そんなナマクラなど通じぬと黒き剣を破壊。ギデオンを返り討ちにする。
それを目の当たりにしたリリアナは、自身の契約の代償も顧みずにボーラスを裏切る。しかし、もとより使い捨てる予定だったリリアナにはもう用はない上、代償として燃え尽きる。

ボーラスは勝利を確信した。この時までは。

しかし、事態は一変する。倒れたはずのギデオンが、リリアナの契約の代償を引き受けたのだ。
「馬鹿な!?有り得ぬ!!」
ここまで順調に進行していたボーラスの計画は、一瞬にして崩れ去った。
皮肉にも計画を阻んだ者が取った行動はボーラスの色には無い、「白」の「自己犠牲」による献身であった。
死にゆくはずだったリリアナは生き延び、そのまま返す刀で『永遠神』を操り、ボーラスへと迫る。

「あなたたちは本当の神でしょ。あれは簒奪者よ。どうするべきか分かるわね。」
リリアナはそう『永遠神』に命じ、命令を受けたアモンケットの神々は蹂躙された故郷の恨みを晴らさんかのようにボーラスの灯を奪いとった。

兄弟との再会、永遠の牢獄


灯を失ったボーラスは、そのままラヴニカで倒されるかと思われたがウギンがジェイスに呼びかけ「単に倒しても肉体を失うだけで存在は残り続け、いずれ復活をする可能性がある。肉体ごと瞑想領土に幽閉して奴が寿命で死ぬ時まで私が監視する」「ボーラスの生存がばれれば復讐を行うとするものがボーラスが脱出する切っ掛けになる。死を偽装しろ」とジェイスに呼びかけ、ジェイスがそれに同意しボーラスの死を偽装し、その間にボーラスはウギンの手で瞑想領土に連れて行かれた。

ウギンが取り戻した瞑想領土で目覚めたボーラスはウギンに敗因を語られたが諦める事なく「いずれ逃れて力を取り戻す」と言う態度を崩さなかったが自らが自らに与えた名ニコル・ボーラスと言う名を思い出すことが出来ず、名もなき龍として幽閉される事になった。



ゲームでの性能

ここでは実際のカードでの性能を記載する。

ニコル・ボーラス

<
マナコスト(2)(青)(青)(黒)(黒)(赤)(赤)
カードタイプ伝説のクリーチャー — エルダー・ドラゴン
パワー/タフネス7/7
能力飛行
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(青)(黒)(赤)を支払わないかぎり、ニコル・ボーラスを生け贄に捧げる。
ニコル・ボーラスが対戦相手にダメージを与えるたび、そのプレイヤーは自分の手札を捨てる。

レジェンド(94年発売のエキスパンション)で収録されたバージョン。この頃はプレインズウォーカーというカードタイプは存在しなかったので伝説のクリーチャーとしてカード化。
毎ターンマナの支払いが必要となるものの、一撃でも相手にダメージを与えると手札を全て捨てさせることができるといった豪快なもの!
ちなみに、2006年発売のエキスパンション:時のらせんでは時間が歪み過去が実体化した(という設定で過去カードが特別枠で採録された)タイムシフトカードにエルダードラゴン代表で収録された。

プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス

マナコスト(4)(青)(黒)(黒)(赤)
カードタイププレインズウォーカー — ボーラス
初期忠誠度5
能力[+3]:クリーチャーでないパーマネント1つを対象とし、それを破壊する。
[-2]:クリーチャー1体を対象とし、それのコントロールを得る。
[-9]:プレイヤー1人を対象とする。プレインズウォーカー、ニコル・ボーラスはそのプレイヤーに7点のダメージを与える。そのプレイヤーはカードを7枚捨て、その後パーマネントを7つ生け贄に捧げる。


アラーラの断片第2セットのコンフラックスでのプレインズウォーカー・カードで収録。
マナコストはすさまじく重いものの、+3]能力で土地もエンチャントもほかのプレインズウォーカーも破壊可能、-2]能力で相手のクリーチャーの強奪といった具合に、大抵の場に出てるカードへ干渉可能というすさまじい制圧力を持つ。ただし1枚ずつしか対象に取れないので、物量作戦で攻め立てる相手を仮想敵とする場合は他のフィニッシャーと要検討。
なお、始めて登場した3色プレインズウォーカー・カードであり、初めてプレインズウォーカー・カードで収録された旧世代プレインズウォーカーである。後に基本セット2013に再録されたので始めて基本セットに収録された多色カードでもある。

欺瞞の主、ニコル・ボーラス

マナコスト(5)(青)(黒)(赤)
カードタイププレインズウォーカー — ボーラス
初期忠誠度5
能力[+3]:各対戦相手は、それぞれそのプレイヤーが土地でないパーマネント1つを生け贄に捧げるかカード1枚を捨てるかしないかぎり、3点のライフを失う。
[-3]:クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。カードを1枚引く。
[-11]:欺瞞の主、ニコル・ボーラスは各対戦相手にそれぞれ7点のダメージを与える。あなたはカードを7枚引く。


破滅の刻のプレインズウォーカーデッキ収録のボーラス。対戦相手のライフを減らすことに長けいるものの[+3]能力は対戦相手側に選択権があるので実際の効果は地味。採用するならば、ライフを確実に詰めていける構成を取りたい。

王神、ニコル・ボーラス

マナコスト(4)(青)(黒)(赤)
カードタイププレインズウォーカー — ボーラス
初期忠誠度7
能力[+2]:対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、土地でないカードが追放されるまで、自分のライブラリーの一番上からカードを1枚ずつ追放する。ターン終了時まで、あなたはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。
[+1]:各対戦相手は、それぞれ自分の手札からカード2枚を追放する。
[-4]:対戦相手1人か対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とする。王神、ニコル・ボーラスはそれに7点のダメージを与える。
[-12]:対戦相手がコントロールする、土地でない各パーマネントをそれぞれ追放する。


アモンケットブロック情報解禁の際に公開されたイラストにはピラミット+見覚えありすぎる曲がった角が堂々と映っており、『もしやもしや』と多くのプレイヤーを焦らしに焦らして第2セット破滅の刻にてついに降臨。
マナコストが重いものの、戦場のみならず手札やライブラリーなど多角的に攻めることができる能力が揃っており、フィニッシャーとしての実力が極めて高い。その反面、戦場に干渉できる能力はいずれもマイナス能力という点で、劣勢を覆すための用途にはあまり向いていなく、幅広いカードプールが使えるフォーマットではどうしても高い制圧力持つ重PWと比較されやすい。そのため、これを戦場に出す時点で五分五分程度の戦況を作り出せる上級者コントロールデッキ使い向けのプレインズウォーカーと言える。

余談だがこれが収録されたエキスパンション:破滅の刻の背景ストーリーではボーラスが巨悪であることをはっきりさせる事を兼ねてボーラスの手によってゲートウォッチが敗北する展開が描かれるといわれており、それを証明するかのごとく同セットには《リリアナの敗北》というカードが収録された。これは黒のクリーチャーまたは黒のPWを破壊、さらにそれがプレインズウォーカータイプ:リリアナを持っていた場合追加ボーナスが得られるという黒系デッキ対策カードにはもってこいな1枚。コレが登場した時代のスタンダード(戦乱のゼンディカーブロック~アモンケットブロック)でマナコストに黒マナを含んだ状態でカード化したPWは前述のリリアナ以外ではニクシリスソリンテゼレットボーラス・・・あれ?

破滅の龍、ニコル・ボーラス→覚醒の龍、ニコル・ボーラス

表面カード名破滅の龍、ニコル・ボーラス
マナコスト(1)(青)(黒)(赤)
カードタイプ伝説のクリーチャー — エルダー・ドラゴン
パワー/タフネス4/4
能力飛行
破滅の龍、ニコル・ボーラスが戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれカード1枚を捨てる。
(4)(青)(黒)(赤):破滅の龍、ニコル・ボーラスを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。
裏面カード名覚醒の龍、ニコル・ボーラス
マナコスト(無し)
カードタイプ〔青/黒/赤〕 伝説のプレインズウォーカー — ボーラス
初期忠誠度7
能力[+2]:カードを2枚引く。
[-3]:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。覚醒の龍、ニコル・ボーラスはそれに10点のダメージを与える。
[-4]:墓地からクリーチャーかプレインズウォーカーであるカード1枚を対象とし、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。
[-12]:プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーのライブラリーの一番下以外のカードをすべて追放する。


基本セット2019背景ストーリーにてニコル・ボーラスの過去がピックアップされたことにより、普通のドラゴンがPWの灯に目覚めたことを再現した両面カードが登場した。

4/4飛行のサイズに加え、手札破壊能力を内蔵している。 本体もそれなりのサイズであり、戦場に出た時点でカード・アドバンテージを得ることができる。とはいえ4マナで相手に選択権のある手札破壊はなかなか微妙であり、対応して手札を使い切られたり、余った土地のような不要カードを捨てられる可能性もある。あくまで本領は変身後と考えるべきだが、変身前の性能としては十分強力。
PWになった後は変身するコストまで考えるとかなりの重さになるが、それに見合うだけの決定力を持つ強力なフィニッシャー。表面もなかなかのコスト・パフォーマンスではあるが、3色ということを考えると変身するところまで視野に入れられるデッキで始めて真価を発揮するカードといえる。

龍神、ニコル・ボーラス

<
マナコスト(青)(黒)(黒)(黒)(赤)
カードタイプ伝説のプレインズウォーカー — ボーラス
初期忠誠度4
能力龍神、ニコル・ボーラスは、戦場にある他のプレインズウォーカーすべての忠誠度能力をすべて持つ。
[+1]:あなたはカードを1枚引く。各対戦相手はそれぞれ、自分の手札からカード1枚か、自分がコントロールしているパーマネント1つを追放する。
[-3]:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とし、それを破壊する。
[-8]:伝説のクリーチャーもプレインズウォーカーもコントロールしていない各対戦相手はそれぞれこのゲームに敗北する。


2019年発売のエキスパンション:灯争大戦の神話レアとして収録された5枚目。

プラス能力はハンデスかパーマネント追放を強いるもの。小マイナスはプレインズウォーカーの破壊。そして奥義は「伝説の」を持つクリーチャーかPWをコントロールしていない相手を敗北させる紋章の生成となっている。
更には常在型能力で戦場に出ている他のPWの忠誠度能力を自身の能力として使うことができる。

出したら勝ちとまではいかないが、すぐに使用できる忠誠度能力が盤面に干渉できるものばかりなことと、他のPWの忠誠度能力を使用できるため、制圧力は半端ない。
発売直後のスタンダードでは早速このボーラスや「破滅の龍、ニコル・ボーラス」を主軸としたグリクシス・カラーのプレインズウォーカー中心のコントロールデッキが猛威を奮っている。

なお、日本語版のブースターパックに限り、50%の確率で日本イラストレーター描き下ろしのオリジナルアート版プレインズウォーカー・カードが通常版の代わりに封入される。
担当するのは、『怪獣絵師』の異名を持つ開田裕治氏。

ニコル・ボーラス(デュエルマスターズ)

マナコスト(8)、水・闇・火文明
種族エルダー・ドラゴン/プレインズ・ウォーカー
パワー7000
能力W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札から7枚選び、捨てる。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体、破壊する。


なんとデュエルマスターズにプレインズウォークしなさった。基本的には初代「ニコル・ボーラス」と「プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス」を足してリメイクしたような感じなのだが、あろうことかハンデスが7/7だったスタッツに合わせて7枚(しかも攻撃時ではなくcip)になっていて、ほとんどの相手は手札を全部捨てることになってしまう。青黒赤なので当初は5色デッキにしか入らなかったのだが、その時代から封入率の低さゆえに1枚1万をゆうに超える高値がついており、しかも先日踏み倒しカードであるミステリー・キューブが帰ってきたため、最悪の場合、5マナで全ハンデスしながら登場という、かのソウル・アドバンテージも真っ青の極悪ムーブを放てるようになった。再録はされたものの値段が下がる気配はなく、それどころか相性の良いカードが増える一方であるため、いつか環境を巻き取るのではないかとすら警戒されている。さすがである。
ちなみに種族はエルダー・ドラゴンであるため、種族に「ドラゴン」を指定するカードとシナジーする(デュエマでの「ドラゴン」は、種族の一部に「ドラゴン」の名称が入っていればすべて含められる為である。)。おかげで龍秘陣 ジャックポット・エントリーのようなドラゴン踏み倒しに対応することも高評価の理由の一つ。

余談

  • 上で述べたようにファイレクシアと並ぶマジックを代表する悪役として有名。背景ストーリーではアラーラ次元での暗躍を筆頭に《ゼンディカー次元の遺跡・ウギンの目にプレインズウォーカーを3人集めてエルドラージの封印解除》《ミラディン次元の新生ファイレクシアへ部下のプレインズウォーカーを派遣》《タルキール次元の精霊龍殺害の犯人》(後にある男の手により復活したため、実質的には未遂)と数多くの出来事に関与している。
  • その知名度からか、ロードオブヴァーミリオンⅡデュエル・マスターズこの人らとともにゲスト出演している。
  • ちなみにほかのプレインズウォーカーがファーストネーム表記なのにボーラスと呼ばれているのは、公式いわく『ファーストネームで呼び捨ては彼の偉大さ、年長者としての地位への敬意を欠いているから』とのこと→日本公式サイトの翻訳記事へのリンク



関連タグ

TCG MTG プレインズウォーカー

外部リンク

『マジック:ザ・ギャザリング』公式サイトにおける「ニコル・ボーラス」の紹介記事

背景ストーリーリンク

基本セット2019

ボーラス年代記


非公式リンク

関連記事

親記事

プレインズウォーカー ぷれいんずうぉーかー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニコル・ボーラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70538

コメント