ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ナヒリとは、マジック・ザ・ギャザリングに登場するプレインズウォーカーの一人である。

概要

コーと呼ばれる種族出身のプレインズウォーカーであり岩石を自在に操る魔法、石術の使い手で武器や道具をその場で作り出す能力を持つ。

ルーンの刻まれた縦長の八面体の石柱・面晶体をウギンと共に制作したり、別の次元から現れたオブ・ニクシリスの力を封印したとゼンディカーの歴史に深くかかわっている人物の一人である。


故郷であるゼンディカー次元を思う気持ちは強く、時には次元を揺らがすほどの怪物・エルドラージで滅亡の危機に陥った際、師から諦めて別の次元に行くように進められても戦い続ける選択をするほどである。


太古の時代、師匠であるソリン・マルコフと彼から紹介されたドラゴンのプレインズウォーカー・ウギンと共にエムラクールウラモグコジレックの3体のタイタンを封印した後、3人はエルドラージ復活の危機に瀕したら再び集うことを約束し、それらを封印した洞窟・ウギンの目で監視のため石の繭に眠りにつく。


長い年月の末、3体のエルドラージのタイタンは復活。しかしナヒリの姿はどこにもなかった・・・


カード性能

石術師、ナヒリ

マナコスト(3)(白)(白)
カードタイププレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度3
能力[+2]:白の1/1のコー・兵士クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。あなたは、それにあなたがコントロールする装備品1つをつけてもよい。
[-2]:あなたは、あなたの手札か墓地にある装備品カードを1枚戦場に出してもよい。
[-10]:無色の《石鍛冶製の剣》という名前の装備品アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。それは破壊不能と「装備しているクリーチャーは+5/+5の修整を受けるとともに二段攻撃を持つ。」と装備(0)を持つ。
石術師、ナヒリは統率者として使用できる。

存在そのものは以前から提示されていたが、統率者戦用セットの一つである統率者2014で初のカード化。そのためか伝説のクリーチャーではないものの、統率者に指定可能である。


石術師という設定からか、装備品に関する能力を多数持つ。

統率者戦では「いずれかのプレイヤーが同一の統率者から21点以上の統率者ダメージを与えられている場合、そのプレイヤーはゲームに敗北する」というルールもあるので、他の伝説のクリーチャーを統率者に指定してナヒリの能力でそれをサポートするのも手。


先駆ける者、ナヒリ

マナコスト(2)(赤)(白)
カードタイププレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度4
能力[+2]:あなたはカードを1枚捨ててもよい。そうしたなら、カードを1枚引く。
[-2]:エンチャント1つかタップ状態のアーティファクト1つかタップ状態のクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。
[-8]:あなたのライブラリーからアーティファクト・カード1枚かクリーチャー・カード1枚を探し、それを戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。それは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、それをあなたの手札に戻す。

(登場当時の)スタンダード環境で使用可能な状態でカード化したのはイニストラードを覆う影ブロック時代が初。

中盤ぐらいの時期に出せるマナコストで尚且つタップ状態限定で機能する除去能力を備える為、相手のクリーチャーの攻めに対するプレッシャーが行いやすい。

[+2]能力で手札を交換しながら[-2]能力で相手を牽制するコントロール系向きプレインズウォーカーである。

なお、モダンのようなカードプールの広いフォーマットで使用される場合、[-8]能力の使用を前提として一回のアタックで致命傷を与えられるクリーチャーを少数デッキに仕込まれるということもある。特に引き裂かれし永劫、エムラクールを投げつけることが多かった。


石の嵐、ナヒリ

マナコスト(2)(赤/白)(赤/白)
カードタイプ伝説のプレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度6
能力あなたのターンであるかぎり、あなたがコントロールしているクリーチャーは先制攻撃を持ち、あなたが装備能力を起動するためのコストは(1)少なくなる。
[-X]:タップ状態のクリーチャー1体を対象とする。石の嵐、ナヒリはそれにX点のダメージを与える。

2019年発売のエキスパンション、灯争大戦にて再び収録。レアリティはアンコモン。

+能力を持たないため、自力でカウンターを乗せれないものの、自ターンのみの先制攻撃の付与と装備コストを減少させる常在型能力を持つ。


なお、日本語版のブースターパックに限り、50%の確率で日本イラストレーター描き下ろしのオリジナルアート版プレインズウォーカー・カードが通常版の代わりに封入されており、

担当するのは田島幸枝氏。(ユーザーページリンク参照




古代を継ぐ者、ナヒリ

マナコスト(2)(赤)(白)
カードタイプ伝説のプレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度4
能力[+1]:白の1/1のコー・戦士クリーチャー・トークンを1体生成する。あなたはあなたがコントロールしている装備品1つをそれにつけてもよい。
[-2]:あなたのライブラリーの一番上からカードを6枚見る。あなたは「その中から戦士か装備品であるカード1枚を公開し、あなたの手札に加える。」を選んでもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。
[-3]:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。古代を継ぐ者、ナヒリはそれに、あなたがコントロールしている装備品の総数の2倍に等しい点数のダメージを与える。

ゼンディカーの夜明けで登場したナヒリ。能力は戦士トークン生成+自動で装備・戦士か装備品のサーチと種族シナジー&装備品シナジー重視となっている。

その都合上どうしても環境に優秀な装備品(戦士クリーチャー)の有無に影響を受ける。


なお、ゼンディカーの夜明けでは通常イラスト版の他に、別イラストの枠無し拡張アート版の2種が存在する。


背景ストーリーでの活躍


ネタバレ注意





























  • イニストラードを覆う影ブロック

イニストラードでアヴァシンが突如人々を襲いだした原因を作ったのは彼女だった

厳密に言えば各所に尖った先端を持つ捻れた石柱を作り出しマナを歪めてイニストラードに『あるモノ』を呼んだのが原因である。


なぜ彼女が師の故郷に対してこのような災いを呼ぶような行いに至ったかといえば千年前、

封印が緩みエルドラージの落とし子たちがあふれ出てきた際、他2人(※注)に呼びかけたのだがどちらも応じない。

そのころ、ソリンはアヴァシンそして幽閉のために作られた巨大な銀のオベリスク・獄庫を製造しており大きく消耗しており、またその完成した獄庫によって魔法による連絡がさえぎられてしまい、事に気がつかずにいた。

ゆえにプレインズウォークでイニストラードにやってきたナヒリであったが、指図されることを嫌うソリンと交戦、アヴァシンの乱入もあって獄庫に閉じ込められてしまう


長い年月の末、グリセルブランドの命を狙うリリアナ・ヴェスの策によって獄庫が破壊されたことによって彼女もまた脱出できたのだが、

時すでに遅くエルドラージのタイタン3体の封印はとかれ、故郷ゼンディカーは彼らによって蹂躪されていたのだった・・・


復讐を誓った彼女の策略でアヴァシンは暴走、やむ得なく創造主であるソリンの手によって彼女の命を絶たれるのを確かに感じた彼女はイニストラードに『あるモノ』を呼び寄せた・・・










 

 永遠にして無限――この世界は我がもの

 絶対の存在――全ては我がもの。

 その始まり――我は全となる。

 その存在――全てはエムラクール。

 終末を。

 終末を。

 終末を。


彼女が呼んだもの、それはエルドラージ最後のタイタンエムラクール

実はアヴァシンはこの次元への侵入者を防ぐ障壁となっており、これのイニストラードへの上陸を防いでいたものの、エムラクールの虚無の霊気によって狂気に支配されていたという真実が明らかになる。

しかし上記のとおりソリンの手によってアヴァシンは命を落としたためエムラクールは上陸、虚無の霊気で人・狼男・天使・そして吸血鬼を自分の血族へ次々と変質させていく

さすがのソリンもこれまでの暗躍と蹂躙に激怒。親類たちを率いてナヒリ討伐に出撃する。吸血鬼とナヒリの狂信者と共にマルコフ荘園で激突、ソリンはナヒリを追い詰め、彼女へのとどめとして吸血を迫る・・・のだが、一瞬の隙をつき彼を石術で石の中に閉じ込めてしまう

故郷を滅ぶ様をただ眺めているしかできなくなったソリンに別れを告げ彼女はイニストラードを去っていた。


  • 灯争大戦

多元宇宙に次元間の標が響き渡り、ラヴニカへプレインズウォーカーが集結する。が、そこには封印から脱出したソリンの姿もあった。

ラヴニカを襲う災いにもゲートウォッチたちにも構わず、あの人ほったらかしにしソリンと戦い続けている。

(一応、終盤ではラヴニカに侵略する永遠衆を蹴散らしている場面もあるが、これは状況を察してゲートウォッチに協力するのではなく二人の決闘に邪魔だったので一時休戦して蹴散らしたと見たほうがいいだろう。)


・・・ウギンが頭を痛める日々はまだまだ続きそうである・・・


(※注)当時ウギンはニコル・ボーラスとの戦いで命を落としていた。

また歴史改変された後の世界でも戦いの傷を癒す為、面晶体の繭の中で眠り続けた。


関連タグ

MTG

プレインズウォーカー

復讐鬼・・・あるいはヤンデレ

ウギン(かつての同志)

ソリン・マルコフ(かつての同志→敵対)

エルドラージ(止めるべき脅威→復讐の手段)

ゼンディカー(故郷)

石鍛冶の神秘家(カード化されたナヒリの容姿は同郷の同族、同じ業を用いる彼女がモデルだという)











































ネタバレ


そんな彼女だったがエルドラージやボーラスに変わる多次元宇宙の脅威となる新ファイレクシアの台頭にはさすがに危機感を抱き、それまでの確執はいったんわきに置いておいてジェイスやニッサたちとともに共闘する。


しかし、突入メンバーのうちヴラスカがまずはぐれて囚われの身となり、更には彼女の恋人であるジェイスも単独行動をとってヴラスカと接触したところ既に完成化してしまっていたため取り込まれてしまい、当初の予定であった酒杯という爆弾系アーティファクトでファイレクシアを吹き飛ばすという作戦は大失敗。さらにはルーカがニッサの制止に耳を傾けず愚かにもファイレクシアのケンタウルスと絆の魔法を結んでしまい自滅に近い形で完成化しニッサも囚われの身となってしまう。


こうなると彼女にできることといえば、徐々に失われてゆく正気を必死に保ちながらまだ完成していないPWたちを逃すために殿を務めて追手を道連れにすることだけであった。



こうして完成化してしまった彼女は、ファイレクシアの手先として故郷のゼンディガーに侵攻するのであった。

色々気難しくて新世代ともたびたびいさかいを起こしていた彼女だったが、今回は完全にとばっちりであった。(というかなんで素行も悪くて聞く耳持たず短慮なルーカをメンバーに加えたのやら。)


慈悲無き者、ナヒリ

マナコスト(1)(赤)(Φ/Φ)(白)
カードタイプ伝説のプレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度4
能力完成化((Φ/Φ)は(赤)でも(白)でも2点のライフでも支払うことができる。ライフで支払うなら、2個少ない忠誠カウンターで戦場に出る。)
[+1]:クリーチャー最大1体を対象とする。次のあなたのターンまで、各戦闘で、そのクリーチャーは可能ならプレイヤーを攻撃する。
[+1]:カード1枚を捨てる。その後、カード1枚を引く。
[0]:あなたの墓地にありクリーチャーや装備品(Equipment)でありマナ総量が慈悲無き者、ナヒリの忠誠度よりも少ないカード1枚を対象とする。それを追放する。それのコピーであるトークン1つを生成する。そのトークンは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、そのトークンを追放する。

ちなみに同セットでカード化されたプレインズウォーカー10人は同セットにて新ファイレクシアに完成化さられた姿が描かれているボーダーレスマンガ版カードの特別版イラストも存在する。なお先に10人のイラストが先行公開され、内5人は本当にストーリー内で完成化させられると公表されナヒリもそのうちの一人になってしまった。


さらなるネタバレ

ファイレクシアの侵攻が多次元宇宙のあらゆるところに及びもうだめかと思われたとき、戦死したと思われたエルズペスが大天使として復活。さらにはレンがファイレクシアの油に耐え次元壊しの幹の制御を奪ったことで形勢は逆転。ファイレクシアの油が首領のエリシュ・ノーンの死亡で機能を停止したことで、なんとかナヒリも束縛から逃れたのであった。


但し、洗脳が説かれた後にゼンディガーを目の当たりにしたナヒリは「ゼンディガーが長年苛まれてきたのはプレインズウォーカーの所為だ。プレインズウォーカーは許さない」という結論に達し、直後に贖罪のために協力させてほしいと訪れてきたアジャニを拒絶、大げんかの後彼女の中にかろうじて残っていた灯も完全消滅してしまう。そしてナヒリはますます意固地になるのであった。


以上の顛末から、ソリンがイニストラード:真夜中の狩りにて事態の打開に協力してくれたプレインズウォーカーたちに不器用なりに感謝の意を示したのと対比して、ゼンディガーの夜明けでの守護者気取りの態度も相まって「少しは周囲の意見も聞けや。」「やっぱり長年生きてきたにもかかわらず癇癪を起すナヒリにも問題があったのでは?」という意見も再燃している。(ソリンも最初に再会した時には宥めようと説得していたが、ナヒリは聞く耳を持たなかった)

概要

コーと呼ばれる種族出身のプレインズウォーカーであり岩石を自在に操る魔法、石術の使い手で武器や道具をその場で作り出す能力を持つ。

ルーンの刻まれた縦長の八面体の石柱・面晶体をウギンと共に制作したり、別の次元から現れたオブ・ニクシリスの力を封印したとゼンディカーの歴史に深くかかわっている人物の一人である。


故郷であるゼンディカー次元を思う気持ちは強く、時には次元を揺らがすほどの怪物・エルドラージで滅亡の危機に陥った際、師から諦めて別の次元に行くように進められても戦い続ける選択をするほどである。


太古の時代、師匠であるソリン・マルコフと彼から紹介されたドラゴンのプレインズウォーカー・ウギンと共にエムラクールウラモグコジレックの3体のタイタンを封印した後、3人はエルドラージ復活の危機に瀕したら再び集うことを約束し、それらを封印した洞窟・ウギンの目で監視のため石の繭に眠りにつく。


長い年月の末、3体のエルドラージのタイタンは復活。しかしナヒリの姿はどこにもなかった・・・


カード性能

石術師、ナヒリ

マナコスト(3)(白)(白)
カードタイププレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度3
能力[+2]:白の1/1のコー・兵士クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。あなたは、それにあなたがコントロールする装備品1つをつけてもよい。
[-2]:あなたは、あなたの手札か墓地にある装備品カードを1枚戦場に出してもよい。
[-10]:無色の《石鍛冶製の剣》という名前の装備品アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。それは破壊不能と「装備しているクリーチャーは+5/+5の修整を受けるとともに二段攻撃を持つ。」と装備(0)を持つ。
石術師、ナヒリは統率者として使用できる。

存在そのものは以前から提示されていたが、統率者戦用セットの一つである統率者2014で初のカード化。そのためか伝説のクリーチャーではないものの、統率者に指定可能である。


石術師という設定からか、装備品に関する能力を多数持つ。

統率者戦では「いずれかのプレイヤーが同一の統率者から21点以上の統率者ダメージを与えられている場合、そのプレイヤーはゲームに敗北する」というルールもあるので、他の伝説のクリーチャーを統率者に指定してナヒリの能力でそれをサポートするのも手。


先駆ける者、ナヒリ

マナコスト(2)(赤)(白)
カードタイププレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度4
能力[+2]:あなたはカードを1枚捨ててもよい。そうしたなら、カードを1枚引く。
[-2]:エンチャント1つかタップ状態のアーティファクト1つかタップ状態のクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。
[-8]:あなたのライブラリーからアーティファクト・カード1枚かクリーチャー・カード1枚を探し、それを戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。それは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、それをあなたの手札に戻す。

(登場当時の)スタンダード環境で使用可能な状態でカード化したのはイニストラードを覆う影ブロック時代が初。

中盤ぐらいの時期に出せるマナコストで尚且つタップ状態限定で機能する除去能力を備える為、相手のクリーチャーの攻めに対するプレッシャーが行いやすい。

[+2]能力で手札を交換しながら[-2]能力で相手を牽制するコントロール系向きプレインズウォーカーである。

なお、モダンのようなカードプールの広いフォーマットで使用される場合、[-8]能力の使用を前提として一回のアタックで致命傷を与えられるクリーチャーを少数デッキに仕込まれるということもある。特に引き裂かれし永劫、エムラクールを投げつけることが多かった。


石の嵐、ナヒリ

マナコスト(2)(赤/白)(赤/白)
カードタイプ伝説のプレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度6
能力あなたのターンであるかぎり、あなたがコントロールしているクリーチャーは先制攻撃を持ち、あなたが装備能力を起動するためのコストは(1)少なくなる。
[-X]:タップ状態のクリーチャー1体を対象とする。石の嵐、ナヒリはそれにX点のダメージを与える。

2019年発売のエキスパンション、灯争大戦にて再び収録。レアリティはアンコモン。

+能力を持たないため、自力でカウンターを乗せれないものの、自ターンのみの先制攻撃の付与と装備コストを減少させる常在型能力を持つ。


なお、日本語版のブースターパックに限り、50%の確率で日本イラストレーター描き下ろしのオリジナルアート版プレインズウォーカー・カードが通常版の代わりに封入されており、

担当するのは田島幸枝氏。(ユーザーページリンク参照




古代を継ぐ者、ナヒリ

マナコスト(2)(赤)(白)
カードタイプ伝説のプレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度4
能力[+1]:白の1/1のコー・戦士クリーチャー・トークンを1体生成する。あなたはあなたがコントロールしている装備品1つをそれにつけてもよい。
[-2]:あなたのライブラリーの一番上からカードを6枚見る。あなたは「その中から戦士か装備品であるカード1枚を公開し、あなたの手札に加える。」を選んでもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。
[-3]:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。古代を継ぐ者、ナヒリはそれに、あなたがコントロールしている装備品の総数の2倍に等しい点数のダメージを与える。

ゼンディカーの夜明けで登場したナヒリ。能力は戦士トークン生成+自動で装備・戦士か装備品のサーチと種族シナジー&装備品シナジー重視となっている。

その都合上どうしても環境に優秀な装備品(戦士クリーチャー)の有無に影響を受ける。


なお、ゼンディカーの夜明けでは通常イラスト版の他に、別イラストの枠無し拡張アート版の2種が存在する。


背景ストーリーでの活躍


ネタバレ注意





























  • イニストラードを覆う影ブロック

イニストラードでアヴァシンが突如人々を襲いだした原因を作ったのは彼女だった

厳密に言えば各所に尖った先端を持つ捻れた石柱を作り出しマナを歪めてイニストラードに『あるモノ』を呼んだのが原因である。


なぜ彼女が師の故郷に対してこのような災いを呼ぶような行いに至ったかといえば千年前、

封印が緩みエルドラージの落とし子たちがあふれ出てきた際、他2人(※注)に呼びかけたのだがどちらも応じない。

そのころ、ソリンはアヴァシンそして幽閉のために作られた巨大な銀のオベリスク・獄庫を製造しており大きく消耗しており、またその完成した獄庫によって魔法による連絡がさえぎられてしまい、事に気がつかずにいた。

ゆえにプレインズウォークでイニストラードにやってきたナヒリであったが、指図されることを嫌うソリンと交戦、アヴァシンの乱入もあって獄庫に閉じ込められてしまう


長い年月の末、グリセルブランドの命を狙うリリアナ・ヴェスの策によって獄庫が破壊されたことによって彼女もまた脱出できたのだが、

時すでに遅くエルドラージのタイタン3体の封印はとかれ、故郷ゼンディカーは彼らによって蹂躪されていたのだった・・・


復讐を誓った彼女の策略でアヴァシンは暴走、やむ得なく創造主であるソリンの手によって彼女の命を絶たれるのを確かに感じた彼女はイニストラードに『あるモノ』を呼び寄せた・・・










 

 永遠にして無限――この世界は我がもの

 絶対の存在――全ては我がもの。

 その始まり――我は全となる。

 その存在――全てはエムラクール。

 終末を。

 終末を。

 終末を。


彼女が呼んだもの、それはエルドラージ最後のタイタンエムラクール

実はアヴァシンはこの次元への侵入者を防ぐ障壁となっており、これのイニストラードへの上陸を防いでいたものの、エムラクールの虚無の霊気によって狂気に支配されていたという真実が明らかになる。

しかし上記のとおりソリンの手によってアヴァシンは命を落としたためエムラクールは上陸、虚無の霊気で人・狼男・天使・そして吸血鬼を自分の血族へ次々と変質させていく

さすがのソリンもこれまでの暗躍と蹂躙に激怒。親類たちを率いてナヒリ討伐に出撃する。吸血鬼とナヒリの狂信者と共にマルコフ荘園で激突、ソリンはナヒリを追い詰め、彼女へのとどめとして吸血を迫る・・・のだが、一瞬の隙をつき彼を石術で石の中に閉じ込めてしまう

故郷を滅ぶ様をただ眺めているしかできなくなったソリンに別れを告げ彼女はイニストラードを去っていた。


  • 灯争大戦

多元宇宙に次元間の標が響き渡り、ラヴニカへプレインズウォーカーが集結する。が、そこには封印から脱出したソリンの姿もあった。

ラヴニカを襲う災いにもゲートウォッチたちにも構わず、あの人ほったらかしにしソリンと戦い続けている。

(一応、終盤ではラヴニカに侵略する永遠衆を蹴散らしている場面もあるが、これは状況を察してゲートウォッチに協力するのではなく二人の決闘に邪魔だったので一時休戦して蹴散らしたと見たほうがいいだろう。)


・・・ウギンが頭を痛める日々はまだまだ続きそうである・・・


(※注)当時ウギンはニコル・ボーラスとの戦いで命を落としていた。

また歴史改変された後の世界でも戦いの傷を癒す為、面晶体の繭の中で眠り続けた。


関連タグ

MTG

プレインズウォーカー

復讐鬼・・・あるいはヤンデレ

ウギン(かつての同志)

ソリン・マルコフ(かつての同志→敵対)

エルドラージ(止めるべき脅威→復讐の手段)

ゼンディカー(故郷)

石鍛冶の神秘家(カード化されたナヒリの容姿は同郷の同族、同じ業を用いる彼女がモデルだという)











































ネタバレ


そんな彼女だったがエルドラージやボーラスに変わる多次元宇宙の脅威となる新ファイレクシアの台頭にはさすがに危機感を抱き、それまでの確執はいったんわきに置いておいてジェイスやニッサたちとともに共闘する。


しかし、突入メンバーのうちヴラスカがまずはぐれて囚われの身となり、更には彼女の恋人であるジェイスも単独行動をとってヴラスカと接触したところ既に完成化してしまっていたため取り込まれてしまい、当初の予定であった酒杯という爆弾系アーティファクトでファイレクシアを吹き飛ばすという作戦は大失敗。さらにはルーカがニッサの制止に耳を傾けず愚かにもファイレクシアのケンタウルスと絆の魔法を結んでしまい自滅に近い形で完成化しニッサも囚われの身となってしまう。


こうなると彼女にできることといえば、徐々に失われてゆく正気を必死に保ちながらまだ完成していないPWたちを逃すために殿を務めて追手を道連れにすることだけであった。



こうして完成化してしまった彼女は、ファイレクシアの手先として故郷のゼンディガーに侵攻するのであった。

色々気難しくて新世代ともたびたびいさかいを起こしていた彼女だったが、今回は完全にとばっちりであった。(というかなんで素行も悪くて聞く耳持たず短慮なルーカをメンバーに加えたのやら。)


慈悲無き者、ナヒリ

マナコスト(1)(赤)(Φ/Φ)(白)
カードタイプ伝説のプレインズウォーカー — ナヒリ
初期忠誠度4
能力完成化((Φ/Φ)は(赤)でも(白)でも2点のライフでも支払うことができる。ライフで支払うなら、2個少ない忠誠カウンターで戦場に出る。)
[+1]:クリーチャー最大1体を対象とする。次のあなたのターンまで、各戦闘で、そのクリーチャーは可能ならプレイヤーを攻撃する。
[+1]:カード1枚を捨てる。その後、カード1枚を引く。
[0]:あなたの墓地にありクリーチャーや装備品(Equipment)でありマナ総量が慈悲無き者、ナヒリの忠誠度よりも少ないカード1枚を対象とする。それを追放する。それのコピーであるトークン1つを生成する。そのトークンは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、そのトークンを追放する。

ちなみに同セットでカード化されたプレインズウォーカー10人は同セットにて新ファイレクシアに完成化さられた姿が描かれているボーダーレスマンガ版カードの特別版イラストも存在する。なお先に10人のイラストが先行公開され、内5人は本当にストーリー内で完成化させられると公表されナヒリもそのうちの一人になってしまった。


さらなるネタバレ

ファイレクシアの侵攻が多次元宇宙のあらゆるところに及びもうだめかと思われたとき、戦死したと思われたエルズペスが大天使として復活。さらにはレンがファイレクシアの油に耐え次元壊しの幹の制御を奪ったことで形勢は逆転。ファイレクシアの油が首領のエリシュ・ノーンの死亡で機能を停止したことで、なんとかナヒリも束縛から逃れたのであった。


但し、洗脳が説かれた後にゼンディガーを目の当たりにしたナヒリは「ゼンディガーが長年苛まれてきたのはプレインズウォーカーの所為だ。プレインズウォーカーは許さない」という結論に達し、直後に贖罪のために協力させてほしいと訪れてきたアジャニを拒絶、大げんかの後彼女の中にかろうじて残っていた灯も完全消滅してしまう。そしてナヒリはますます意固地になるのであった。


以上の顛末から、ソリンがイニストラード:真夜中の狩りにて事態の打開に協力してくれたプレインズウォーカーたちに不器用なりに感謝の意を示したのと対比して、ゼンディガーの夜明けでの守護者気取りの態度も相まって「少しは周囲の意見も聞けや。」「やっぱり長年生きてきたにもかかわらず癇癪を起すナヒリにも問題があったのでは?」という意見も再燃している。(ソリンも最初に再会した時には宥めようと説得していたが、ナヒリは聞く耳を持たなかった)

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー