ピクシブ百科事典

グリセルブランド

ぐりせるぶらんど

グリセルブランドはマジック・ザ・ギャザリングに登場するデーモンである
目次[非表示]

概要

イニストラードでもっとも強大な悪魔であり悪魔崇拝教団スカースダグの最大の信奉対象。
かつて守護天使アヴァシンと戦いで幽閉のオベリクス・獄庫に封印される際、彼女を道連れにし共に獄庫へ吸い込まれた。その結果、聖なる防護魔法は弱まり、狼男や吸血鬼たちといった闇の勢力の台頭を許してしまうのである。

リリアナ・ヴェスと魂の契約を結んでおり契約破棄するため彼女が命を狙っている4体のデーモンの1人でもある。

カード性能

マナコスト(4)(黒)(黒)(黒)(黒)
カードタイプ伝説のクリーチャー — デーモン
パワー/タフネス7/7
能力飛行
絆魂
7点のライフを支払う:カードを7枚引く。


イニストラードブロック第三エキスパンション、アヴァシンの帰還でカード化し、ライバルのアヴァシンが羨むような活躍を見せる。
与えたダメージ分のライフ回復を得られる絆魂を持ち自身のパワーも7とかなりの高さなので一回のアタックでかなりのライフをえられる。
また、ライフがかかるものの即使用可能なドロー能力を持つ。上の能力で稼いだライフをドローに換えることも可能。
クリーチャー破壊呪文等に耐性はないが、その分ライフや手札のアドバンテージを得られる1枚である。
欠点は召喚のマナコスト、合計8マナしかも内4マナは黒マナであるいうのはなかなか厳しい。
当時のスタンダード(イニストラード+ミラディンの傷跡時代)では何らかの方法で手札から墓地に送った後、墓地からよみがえらせる呪文を使用することでマナコストを度外視するリアニメイト戦術のデッキぐらいしか見せ場はなかったが、
レガシーぐらい使えるカードの幅が広いとマナコスト踏み倒し手段がさらに広がる(例:敵味方両方が手札から直接だせる実物提示教育やターンエンドにゲームから除外のデメリットつきの騙し討ち等々)ので、
よりスタンダード以上の活躍ができるのである。

背景ストーリーでの活躍


獄庫が破壊され自由になるも、それはリリアナの策であり、彼女に抹殺される

――――グリセルブランド、完!!






これは冗談でもなんでも無く、一旦身を隠そうとした所をリリアナに先回りされてあえなく敗北するという末路をたどることになる。
しかもよりにもよって、そのことが公式のカードプレビュー記事にて紹介されてしまう
外部リンク参照
おかげでファンから「奴は契約悪魔の中でも最弱…」と言われてしまう羽目に。
スカースダグの最大の信奉対象としての威厳はどこにいったのか・・・

関連タグ

MTG デーモン クリーチャー

pixivに投稿された作品 pixivで「グリセルブランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1112

コメント