ピクシブ百科事典

スレイベンの守護者、サリア

すれいべんのしゅごしゃさりあちゃん

スレイベンの守護者、サリアとは、カードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」におけるキャラクターである。
目次[非表示]

概要

吸血鬼が闊歩し狼男が暴れまわる中世ヨーロッパ風のホラー世界「イニストラード」で、不浄の者と戦うむアヴァシン教会精鋭防衛部隊の隊長をつとめる若き人間女性。

カードとしては、イニストラード・ブロック2弾「闇の隆盛」が初出。パワーは低いが、呪文のコストを重くする優れた妨害効果を持ち、実戦で使われることも多い。
プロモーション・カードとして絵違いが存在する。

容姿

プラチナブロンドの長髪に細身の剣を携えた聖戦士。
服には大きくアヴァシン教会の紋章が描かれている。

ゲームでの性能

闇の隆盛

スレイベンの守護者、サリア (1)(白)
伝説のクリーチャー — 人間・兵士
先制攻撃
クリーチャーでない呪文は、それを唱えるためのコストが(1)多くなる。
2/1

場合によっては自身も影響受けるものの、デッキ内のクリーチャー比率が低いデッキにとっては、対処できなければ勝敗が傾くほど致命的なカード。
背景ストーリー上の重要アイテム・登場人物等々の固有名詞持ちが持つ『伝説の○○』を参照とするレジェンドルール(プレイヤーが同じ名前の伝説のパーマネントを2つ以上コントロールしている場合、そのプレイヤーはその中から1つを選び、残りはそのオーナーの墓地に置かれるというもの)の都合上複数並べることが出来無いものの、
マッチの2ゲーム目以降に入れ替えるデッキ調整用の15枚以下カード『サイドボード』へ仕込まれているこが多く、
対呪文偏重型デッキ要員として活躍する

異界月

異端聖戦士、サリア (2)(白)
伝説のクリーチャー — 人間・兵士
先制攻撃
対戦相手がコントロールする、クリーチャーと基本でない土地はタップ状態で戦場に出る。
3/2

再び背景ストーリーでイニストラードが部隊となるエキスパンション・『イニストラードを覆う影』ブロックに“サリアの副官”という名前のクリーチャーが登場したことでサリア再登場か?とおおくのプレイヤーを予感させ、第2エキスパンション『異界月』にて満を持して新バージョンが収録される。
前と比べるとコストが1マナ多くなったものの、タップで能力を起動させるクリーチャーやブロック要員として召還されたクリーチャーの動きを1ターン遅らせる・多色土地が出して直ぐ使用できないと対戦相手のテンポを乱すことに長けたカードである。


関連イラスト

○○ に関するイラストを紹介してください。

サリアちゃんはミニスカ黒タイツ可愛い!



別名・表記ゆれ

サリア

関連タグ

MTG リリアナ・ヴェス アヴァシン イニストラード

この記事のカテゴリ

ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「スレイベンの守護者、サリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59000

コメント