ピクシブ百科事典

リリアナ・ヴェス

りりあなうぇす

リリアナ・ヴェスとは、トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」(MTG)内に登場するプレインズウォーカーである。
目次[非表示]

概要

もとはドミナリア次元の出身。
病に錯乱する兄ジョスを癒す手段を必死に探し求める彼女の前に、人間の姿からカラスの群れへ、そしてカラスの群れから人間の姿へ自由自在に変身することができる謎の男、通称:鴉の男の助言で薬を作るもソレを飲んだジョスは癒すどころかゾンビへと変貌してしまう。
その際のショックでが点った彼女はプレインズウォーカーとしての無尽蔵の力をもって、残酷かつ自由奔放な生き方を進むのであった。

だが、時のらせん・ブロック時代に行われた大修復で灯の性質が変化。全能の力を失った彼女はニコル・ボーラスに相談。ボーラスはリリアナに対して4体の悪魔との契約を提案し、彼女はそれを承諾する。

しかし、次第にその契約を後悔するようになる。
彼女は契約した悪魔たちを倒すために次元渡りの旅にでるのであった。

人物像

外見は美しい人間の女性。だが実年齢は二百と二十九歳を越える、悪魔との契約で若さと美しさを保っている屍術師。魔法を使うと、全身に契約の証の紋様が浮かび上がる。

リリアナ


利己的で性に奔放だが、自分のせいで破滅した兄を今でも悼んでいたり、謀略のため誘惑したジェイス・ベレレンに本気で惚れてしまったりと、黒に染まり切れていない面もある。

鎖のヴェール

悪魔コソフェッドとの契約の下により、探し当てた強力な魔法遺物。これを手にしたことで強大な力を手に入れ、自身を従わすコソフェッドを逆に討ち滅ぼし以後彼女の武器となる。

しかし契約したデーモン4体のうち2体を始末する力を彼女に齎してくれたが、その代わりに新たな100万体と契約しているような重荷をリリアナに与えていた。しかもこれを発見した遺跡に返そうとしても手放せない呪われたアーティファクト

現在(2018年)ではまだ詳しい正体は判明してないが、
このウェールの力によって人間をやめた存在人間では無くなる直前になった者がいることから分かる通り危険な物には違いない。

なお、余談であるが、
この鎖のヴェール、基本セットM15にてカード化している。
(外部リンク参照)
プレインズウォーカーカードの強力なサポート効果を持つが、ライフロス効果を持つという、背景ストーリー同様にハイリスクハイリターンカードとなっている。

四柱の悪魔達

  • コソフェッド
ORI_贮魂恶魔柯索非


上半身は人型に近いが、脚はなく、下半身は細長く伸びる蛇のような姿となっている。頭部には2本の角があり、肩からはぼろぼろの翼が生えている
鎖のヴェールをリリアナに取りに行かせるが力を手に入れた彼女に追い詰められ、――お前はそのヴェールがどんなものなのか分かっていない、自分を殺してもお前の求めるものが手に入るわけではないと――警告するが滅ぼされる。

  • グリセルブランド

グリセルブランド


イニストラードのデーモン。湾曲した4本の太い角と長い鉤爪を持ち、額には炎のような光が揺らめいている。
あんまりにもあっけない最期ゆえにファンからネタにされてしまっている。
しかし、ゲームではそれに反比例して召還に成功すれば莫大なアドバンテージが得られる黒でも1・2を争う優良重クリーチャーとして有名。
詳しくはこちらを参照。

  • ラザケシュ
(2018年現在イラスト無し)
アモンケット次元にて、刻の訪れとともにその扉は開放され、王神の帰還を迎え入れると伝えられている「来世への門」。それが開かれた時に現れた王神・・・ではなく第三のデーモン。1対の翼と長い尾を持ち、皮膚は爬虫類のような鱗に覆われている。ゲートウォッチの面々の協力もあって撃破で撃破できたのだが、討伐に協力させる腹でアモンケットに居ることを黙っていた為、不信感を抱かれてしまう。

  • ベルゼンロック
家庭用ゲーム「デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ」にて名称は判明しているものの、詳細は不明。

人間関係

  • ガラク:かつて彼の獣を殺したことで対決、その際に死と腐敗の呪いをかける。以後、ガラクに追われることに。
  • ジェイス:かつて自身の計画のためテゼレットと対決させようと近づいたものの自身が乙女のように純粋な恋をしてしまう。そしてテゼレットとの対決に勝利した彼を待っていたが彼は別の地に去って・・・要するに元・恋人。
  • ボーラス :彼女にデーモンとの契約をもちかけたのもこの人。
  • テゼレット:実はジェイスとのの出会いは、ボーラスの指示でテゼレットに掌握された下部組織『無限連合』奪還の任に就いた時の事。それ故、ジェイス同様に因縁深い相手。
  • サリア:、ターゲットのデーモンが中に囚われているオベリスク『獄庫』を仲間が人質に取られ半強制的に壊させられる羽目に。しかしサリアも獄庫の中にあのお方までいるとは思いもしなかっただろうに・・・
  • 「筋肉」:後に加入するプレインズウォーカーのチームであるゲートウォッチのリーダー・・・なのだがソリが合わないのか蔑称でばっかり呼ばれる。ほかにもバリエーションがあり「生焼けの牛肉みたいなの」「歩く解剖学図」「厚切り肉」など。
  • チャンドラ:デーモン討伐に役立つかどうか試す為、彼女を焚き付けてカラデシュ次元に向かわせる。それがきっかけとなり同次元での領事府対革命派の対立に巻き込まれることに。


カード性能

リリアナ・ヴェス

マナコスト(3)(黒)(黒)
カードタイププレインズウォーカー — リリアナ
初期忠誠度5
能力[+1]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。
[-2]:あなたのライブラリーからカードを1枚探し、その後あなたのライブラリーを切り直し、そのカードをその一番上に置く。
[-8]:すべての墓地にあるすべてのクリーチャー・カードを、あなたのコントロール下で戦場に出す。


初登場はローウィン。他、基本セット2010、基本セット2011、基本セット2015で再録。
理想は1番目の能力でアドバンテージ確保かつクリーチャーを墓地に溜めさせ、3番目の能力に繋げてゲームエンド、という流れである。1番目の能力は自分も対象にできるため、フィニッシャーを墓地に落としておくのも有効。
欠点は奥義以外で戦場に触れないこと。5マナと重いためビートダウンデッキ相手には悠長すぎる嫌いがある。
どうしてもデッキ同士の相性に左右されやすい為、主軸にはし難いが、黒絡みのコントロールができるとこっそり、1,2枚入っている隠し味的なカードだった。

余談であるが当時の恋人である [ジェイス>https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%AC%E3%83%B3#h4_0]]と地味にシナジーしている。

ヴェールのリリアナ

マナコスト(1)(黒)(黒)
カードタイププレインズウォーカー — リリアナ
初期忠誠度3
能力[+1]:各プレイヤーはカードを1枚捨てる。
[-2]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
[-6]:プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーがコントロールするすべてのパーマネントを2つの束に分ける。そのプレイヤーは束を1つ選び、その束にあるすべてのパーマネントを生け贄に捧げる。


イニストラード]に収録された2枚目のリリアナ。**3マナと軽いのに戦局に干渉する力がハンパ無い**。 [+1]能力は各プレイヤーへの手札破壊。 継続的に手札破壊ができるため、対戦相手の選択肢を減らし続けることができる。これが登場したブロックは墓地テーマのエキスパンションなので、デッキ次第ではデメリットをメリットにも。
[-2]能力は強制生贄。初期忠誠度からは連続して使えないものの、確実に頭数を減らせるので、リリアナ自身を守ることにつながる。
[+1]能力にやや癖があるものの、軽く手札と戦場のどちらも攻められるプレインズウォーカーであり、ゲームの序盤から攻防に渡って活躍できる。コントロール相手に早いターンから出せば完封することもでき、対ビートダウンにおいても対処必須なプレインズウォーカーなので壁役になってくれる。スタンダードのみならず様々な環境で活躍するパワーカード。

闇の領域のリリアナ

マナコスト(2)(黒)(黒)
カードタイププレインズウォーカー — リリアナ
初期忠誠度3
能力[+1]:あなたのライブラリーから沼カードを1枚探し、それを公開してあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。
[-3]:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+X/+Xか-X/-Xの修整を受ける。Xは、あなたがコントロールする沼の総数である。
[-6]:あなたは「あなたがコントロールする沼は『(T):あなたのマナ・プールに(黒)(黒)(黒)(黒)を加える。』を持つ。」の紋章を得る。


基本セット2013で収録。
屍術師要素どこ行ったといわんばかりの沼特化型PW。
[+1]能力はこの手のカードでは珍しい土地サーチ・・・なのだが自身も4マナとそこそこ重く、ココからマナ加速するのも、それ以上に高いマナ域を目指すデッキでないと機能しづらい。
[-3]能力は沼の数を参照する強化、あるいは弱体化。プレインズウォーカーがクリーチャーを直接除去できるのは魅力。しかし最初にこの能力を使うと自身も即死してしまうという大きなデメリットがある。プラス能力が自身を守れるようなものでもないので、他の防御手段がなければ基本的には4マナ単体除去として使い捨てるか、もしくは後から戦場に出るクリーチャーへの牽制として使うことになる。

全体的に重く、黒単色に近いデッキでなければ2番目の能力を活かしづらいことから、総じて黒単色に近い構成のコントロールデッキ向きの性能と言える。

異端の癒し手、リリアナ→反抗する屍術師、リリアナ

表面カード名異端の癒し手、リリアナ
マナコスト(1)(黒)(黒)
カードタイプ伝説のクリーチャー — 人間・ クレリック
パワー/タフネス2/3
能力絆魂
あなたがコントロールする他のトークンでないクリーチャーが1体死亡するたび、異端の癒し手、リリアナを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。そうしたなら、黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
裏面カード名反抗する屍術師、リリアナ
マナコスト(1)(黒)(黒)
カードタイププレインズウォーカー — リリアナ
初期忠誠度3
能力[+2]:各プレイヤーはそれぞれカードを1枚捨てる。
[-X]:あなたの墓地にある点数で見たマナ・コストがXの伝説でないクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
[-8]:あなたは「クリーチャーが1体死亡するたび、次の終了ステップの開始時に、それをあなたのコントロール下で戦場に戻す。」を持つ紋章を得る。


マジック・オリジンでプレインズウォーカー瞬間を再現した両面カード。
それゆえ場に出した時は普通の人間クリーチャーだが条件を満たすとプレインズウォーカー化する仕様となっている。

変身する能力には他のクリーチャーを必要とすることと、[-X]能力はあまり大きいクリーチャーは戻せないことを考えるとこれでガッツリとリアニメイト戦法をやるよりは、ビートダウンのサポート役、もしくは当時のあった、1ターンだけクリーチャーを場に戻す『先祖の結集』( カードテキストは日本公式ウェブサイト参照)のような他の墓地利用カードと絡めるか。

最後の望み、リリアナ

マナコスト(1)(黒)(黒)
カードタイププレインズウォーカー — リリアナ
初期忠誠度3
能力[+1]:クリーチャー最大1体を対象とする。あなたの次のターンまで、それは-2/-1の修整を受ける。
[-2]:あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚あなたの墓地に置く。その後、あなたはあなたの墓地からクリーチャー・カード1枚をあなたの手札に戻してもよい。
[-7]:あなたは「あなたの終了ステップの開始時に、黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンをX体戦場に出す。Xはあなたがコントロールするゾンビの総数に2を足した数に等しい。」を持つ紋章を得る。


エキスパンション:異界月にて、自身が開放に関わったナヒリの手によってエムラクールがイニストラード次元を来襲時、それに対し「最後の希望」と名乗り立ち向かうシーンのカード。
どっかで聞いたような肩書きだが指輪の魔法使いは関係ない

[+1]能力はクリーチャーへのマイナス修整。タフネス1のクリーチャーしか倒せない・・・のだが、3マナで出せるプレインズウォーカーが使ってくるとなると話は変わってくる。これに着地されると小型クリーチャー主体のデッキは非常に戦い難くなってしまう。
また、[-2]能力は《墓地にライブラリーのカードを落とす→墓地から回収》という手順なのがミソ。クリーチャー特化のデッキならアタッカー補充、コントロール路線のデッキなら優秀な特殊能力持ったクリーチャーの使いまわしと色々応用のきく能力。
妨害に補充と非常に器用。3マナながらも汎用性が高い1枚である。

死の使い手、リリアナ

マナコスト(5)(黒)(黒)
カードタイププレインズウォーカー — リリアナ
初期忠誠度5
能力[+2]:クリーチャー最大1体を対象とし、それの上に-1/-1カウンターを1個置く。
[-3]:-1/-1カウンターが置かれているクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
[-10]:あなたの墓地からすべてのクリーチャー・カードを戦場に戻す。


プレインズウォーカーデッキ収録のリリアナ。ゲームを決定付けるだけの莫大なボード・アドバンテージを稼ぐことができる能力を持っている割には7マナのプレインズウォーカーとしては[+2]能力・[-3]能力共に地味。

死の権威、リリアナ

マナコスト(3)(黒)(黒)
カードタイププレインズウォーカー — リリアナ
初期忠誠度5
能力[+1]:黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンを1体生成する。あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚あなたの墓地に置く。
[-3]:あなたの墓地からクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。そのクリーチャーは、それの他のタイプや色に加えて黒のゾンビでもある。
[-7]:ゾンビでないクリーチャーをすべて破壊する。

アモンケットで登場したリリアナ。忠誠度能力はトークン生成&墓地肥やし、リアニメイト、全体除去で、いずれもゾンビに関係している。
マナコストが重い割に1枚では盤面に直接干渉する能力に乏しい。その分クリーチャーで戦場を固める能力は高い。
中速デッキにて場をトークンで安定させながら優秀な特殊能力持ちクリーチャーを使いまわして、堅実なアドバンテージを得て有利に持っていくじっくり戦うタイプ。

関連項目

MTG プレインズウォーカー

pixivに投稿された作品 pixivで「リリアナ・ヴェス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144505

コメント