ピクシブ百科事典

ニッサ・レヴェイン

にっされゔぇいん

トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』の登場キャラクター。プレインズウォーカーと呼ばれる強力な魔法使いの一人。
目次[非表示]

概要

強膜や虹彩や瞳孔なども全て鮮やかな緑色をした目を持つゼンディカー次元のエルフの一族・ジョラーガと呼ばれる大規模な一族の出身のプレインズウォーカー。
精霊魔術を使いマナの力戦とつながり大地に命を与える自然魔道士。

元は種族主義よりの考え方を持っていたものの、後述の過ちから種族うぬぼれの隔たりなく力を合わせることの大事さを知る。
苦手なものは蛇。
また、過酷な次元出身ゆえに逞しくナメクジ料理をこの人に食べさしたことがある。

先頭時には木々を操って鋭い剣にしたり蔦の壁を作り出したりする自然魔法の使い手。また、滅多には使用しないが、場合によっては植物の形をした鞘の中の仕込み刀での白兵戦を行う。

背景ストーリーでの活躍

ゼンデイカーブロック以降

かつてさまざまな次元を旅していた彼女は当時のローウィン次元のエルフたちから黒マナの使い方を学び、その後もラヴニカミラディンと旅するも良い思い出とならず、彼女は次元の放浪をやめてゼンディカーへと帰還、タジュール一族の村に落ち着いた。
そんなある日、村をエルドラージに襲撃されたところをソリン・マルコフに助けられる。ソリンはこのままではエルドラージ本体開放されてしまうので封印を強固にするため、封印されていた遺跡の道案内のため彼と開放のとき居合わせた吸血鬼の学者アノワンと共に長い旅にでる。
しかし、このままゼンディカー次元にエルドラージにとどまらせる事は危険だと考えたニッサは遺跡で封印するための重要なパーツであった面晶体を破壊してしまう。
エルドラージたちがほかの次元に去ることを期待するもそれとは裏腹にエルドラージの始祖の一体はゼンディカーにとどまりすべての生物を滅殺し続けソリンもこの次元を立ち去ってしまう。
ジョラーガに戻りエルドラージと戦ったものの故郷は壊滅、彼女も重症を負う。そこを人間の旅人に助けられ、ニッサは罪悪感と後悔に苛まれたが、エルドラージと遭遇した際に闘争心を奮い立たせ、ゼンディカーの土地そのものとの繋がりを強めた彼女はエレメンタルを呼び起こしそれを撃破。今のニッサは何としてもエルドラージを滅ぼすと決意しており、そのためには種族主義や自惚れを捨てゼンディカー全体がともに戦わねばならないと知っている

戦乱のゼンデイカーブロック+イニストラードを覆う影ブロック

人々と自然を守りながら戦ってきたニッサはゼンディカーへ帰還したギデオン・ジュラ、そして彼と共にラヴニカからやってきたジェイス・ベレレンと合流対エルドラージ作戦としてジェイスはゼンディカー全域に渡って存在する構造物・面晶体の謎を解いて倒すための手がかりを探すためウギンの目へ、ニッサとギデオンは宿営地のひとつ、海門を奪還するための連合軍に参加して戦いに向かう。海蛇、鮫、大ダコ、クラーケンを率いたキオーラの援軍もあって奪還は成功するものの、エルドラージの巨人ウラモグが接近中という緊急連絡がとどく。そこにジェイスが帰還。遺跡を通してウギンから面晶体とエルドラージの正体の話を聞いてきいてきた彼の案によりウラモグを捉えるための面晶体の牢獄を構築する作戦が決行される。
作戦は成功!ウラモグの動きを封じ込めることに成功する・・・
のだが、突如乱入したオブ・ニクシリスによって牢獄は破壊、しかももうもう一体の巨人コジレックまで召還されてしまい海門は壊滅、彼らもニクシリスに捕らえられてしまう。
駆けつけたチャンドラ・ナラーに何とか救出されニクシリスを退けたものの、連合軍は深刻な損害を受け、そして何より世界を食い尽くす巨人がもう一体。
あまりにも、絶望的な状況であったがプレインズウォーカー4人はエルドラージそして多元宇宙を脅かすあらゆる脅威へと共に立ち向かうためにゲートウォッチとなる誓いをたてて最後の決戦に向かう。
「私は一つの世界が不毛と化すのを見てきた。エルドラージがゼンディカーの何もかもを奪い、大地は塵と埃と化した。放っておいたなら、あいつらは世界と、その上の全てを貪り尽くしてしまうでしょうね」
「二度とさせない。ゼンディカーとそれが育む生命のため、すべての次元の生命のため、私はゲートウォッチになるわ。」
日本公式サイト翻訳記事より引用
最後の決戦でニッサは面晶体無しでマナの力戦を生成・ゼンディカー次元そのものに2体のエネルギーを吸わせて久遠の闇から本体から引きずり出すことに成功、そして力戦のエネルギーを受け取ったチャンドラが巨人2体を焼き尽くすことでついに決着を付けることができたのだった。
その後、チャンドラ・ギデオンと共に、もう一体の巨人の情報を持つソリンに会いに行くジェイスを見送ったのだが、そのイニストラードで3対目のエルドラージのタイタン・ エムラクールが出現し彼女も仲間とともにイニストラードに駆けつけジェイス、そしてゾンビの軍隊を率いたリリアナ・ヴェスと合流、彼らと共にエムラクールへ立ち向かう。
先の2体を凌駕する強大さと次元の力戦すら汚染するエムラクールの魔力ゆえに前回使った本体を引きずり出す戦法が使えず苦戦するもの、神河のプレインズウォーカー・タミヨウと協力してイニストラードの月に封印することに成功する。
・・・タミヨウいわく、封印の時わたしは体を怪物に奪われていてこの次元の全てに破壊をもたらす巻物を呼んだはずが束縛の呪文に書き換わっていたと。
自ら封印されるように仕向けたエムラクールの謎を残しつつエルドラージにかかわる騒乱は一応の終結を迎える・・・

ゲームでの性能

ニッサ・レヴェイン

マナコスト (2)(緑)(緑)
カードタイププレインズウォーカー — ニッサ
初期忠誠度2
能力[+1]:あなたのライブラリーから《ニッサに選ばれし者》という名前のカードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。
[+1]:あなたは、あなたがコントロールするエルフ1つにつき2点のライフを得る。
[-7]:あなたのライブラリーから望む数のエルフ・クリーチャー・カードを探し、それらを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。


ゼンディカーで収録された種族シナジー特化型のカード。
ちなみに[+1]能力で呼び出せるカードの効果は
ニッサに選ばれし者

マナコスト (緑)(緑)
カードタイプクリーチャー — エルフ・戦士
パワー/タフネス2/3
能力ニッサに選ばれし者が死亡する場合、代わりにそれをオーナーのライブラリーの一番下に置く。

とソコソコのサイズ。しかしトークンではなく実体カードゆえデッキの枠を消費しやすいという問題もある。(ゆえニッサに選ばれし者を2~3枚に抑える場合も。)
一番の問題は登場当時のスタンダード環境では1マナ火力最強と称される稲妻が再録。それプラスしてアラーラの断片ブロックの強力な火力&多色クリーチャーに低い忠誠度ゆえに真っ先に狙われてしまうという惨事に。そのモロさ故、しばらくの間は後述のネタキャラ扱いされてしまう羽目に・・・

世界を目覚めさせる者、ニッサ

マナコスト (3)(緑)(緑)
カードタイププレインズウォーカー — ニッサ
初期忠誠度3
能力[+1]:あなたがコントロールする土地1つを対象とする。それはトランプルを持つ4/4のエレメンタル・クリーチャーになる。それは土地でもある。
[+1]:森を最大4つまで対象とし、それらをアンタップする。
[-7]:あなたのライブラリーから望む数の基本土地カードを探し、それらを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。それらの土地はトランプルを持つ4/4のエレメンタル・クリーチャーになる。それらは土地でもある。


基本セット2015で再登場した土地関連の能力を多数もつニッサ。一つ目の能力は他の土地サーチカードと併用すれば4/4トランプル持ちクリーチャーを複数並べることも可能。そして二つ目でマナ加速、緑には強力な大型クリーチャーが豊富なのでそれを召喚するアシストが可能、一つ目の能力でクリーチャー化した土地をアタック後にアンタップするのも可能。
自分の場のカードの同一マナシンボルの数に応じてマナを発生させるニクスの祭殿、ニクソスを活用するデッキやミッドレンジ系デッキで土地活用&マナ加速で先の汚名返上に貢献した。

巨森の予見者、ニッサ→精霊信者の賢人、ニッサ

表面カード名巨森の予見者、ニッサ
マナコスト (2)(緑)
カードタイプ伝説のクリーチャー — エルフ・スカウト
パワー/タフネス2/2
能力巨森の予見者、ニッサが戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから基本森カードを1枚探してもよい。そうしたなら、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。
土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたが7つ以上の土地をコントロールしている場合、巨森の予見者、ニッサを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。
裏面カード名精霊信者の賢人、ニッサ
カードタイププレインズウォーカー — ニッサ
初期忠誠度3
能力[+1]:あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それが土地カードであるなら、それを戦場に出す。そうでないなら、それをあなたの手札に加える。
[-2]:《目覚めし世界、アシャヤ》という名前の緑の4/4の伝説のエレメンタル・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
[-7]:土地を最大6つまで対象とし、それらをアンタップする。それらはそれぞれ6/6のエレメンタル・クリーチャーになる。それらは土地でもある。


マジック・オリジンで収録されたの点ったシーンの再現両面カード。それゆえ表面は伝説のクリーチャー扱い。
速攻でガンガン攻めるデッキには他のカードにやや劣るものの、表・裏どちらも土地関連のアドバンテージを稼ぎやすい為、マナと土地を貯めて後続のサポートで活躍する。もちろんPW化して(レジェンドルールの制約を受けるものの)中堅サイズのトークンで場を持たせたり、[-7]能力で一気に攻め落とすのもあり。

ゼンディカーの代弁者、ニッサ

マナコスト (1)(緑)(緑)
カードタイププレインズウォーカー — ニッサ
初期忠誠度3
能力[+1]:緑の0/1の植物クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
[-2]:あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。
[-7]:あなたはX点のライフを得てX枚のカードを引く。Xは、あなたがコントロールする土地の総数に等しい。


ゼンディカー次元が再び背景ストーリーの舞台となった戦乱のゼンディカーブロックの第2セット:ゲートウォッチの誓いにて再びカード化。
マナコストが軽い分能力が地味。しかしトークン戦術や物量戦術なら[+1][-2]の両能力が機能しやすいので爆発力の増加に一躍買っている。

自然の職工、ニッサ

マナコスト (4)(緑)(緑)
カードタイププレインズウォーカー — ニッサ
初期忠誠度5
能力[+3]:あなたは3点のライフを得る。
[-4]:あなたのライブラリーの一番上から2枚のカードを公開する。その中から土地カードをすべて戦場に出し、残りをあなたの手札に加える。
[-12]:ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+5/+5の修整を受けるとともにトランプルを得る。


カラデジュから登場した構築済みデッキの一種・プレインズウォーカーデッキに登場したバージョン。同セットに『新緑の最高潮』という名の専用サーチカードも存在する。
後述のカラデジュの拡張パック版と比べると能力は控えめだが、わかりやすいアドバンテージと忠誠度の増加量の多さゆえの硬さのおかげで初心者にも扱いやすい。

生命の力、ニッサ

マナコスト(3)(緑)(緑)
カードタイププレインズウォーカー — ニッサ
初期忠誠度5
能力[+1]:あなたがコントロールする土地1つを対象とし、それをアンタップする。あなたの次のターンまで、それは速攻を持つ5/5のエレメンタル・クリーチャーになる。それは土地でもある。
[-3]:あなたの墓地からパーマネント・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。
[-6]:あなたは「土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。」を持つ紋章を得る。


カラデジュの拡張パック版。1ターン凌げば大マイナス能力にアクセスできる初期忠誠度の高さを持つ。
また、それ以外にも[+1]能力は使い方次第では何度も出せる5/5クリーチャー、[-3]能力はカードの使いまわしと地味に汎用性が高い。

自然に仕える者、ニッサ

マナコスト(X)(緑)(青)
カードタイププレインズウォーカー — ニッサ
初期忠誠度 X
能力[+2]:占術2を行う。
[0]:あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。それが土地カードであるか、点数で見たマナ・コストが自然に仕える者、ニッサの上に置かれている忠誠カウンターの総数以下であるクリーチャー・カードであるなら、あなたはそのカードを戦場に出してもよい。
[-6]:あなたがコントロールする土地最大2つを対象とし、それらをアンタップする。ターン終了時まで、それらは飛行と速攻を持つ5/5のエレメンタル・クリーチャーになる。それらは土地でもある。


アモンケットではまさかの多色化。しかも召還時のマナコストの量によって初期忠誠度の量が変動する特殊仕様。基本には序盤で出す場合はライブラリー操作と土地もしくはクリーチャー展開の補助に、マナが豊富に溜まった終盤に出すときは大マイナス能力狙いでフィニッシャー要員に、柔軟な運用ができるので使い手の手腕が問われる。

創造の魔道士、ニッサ

マナコスト(5)(緑)(緑)
カードタイププレインズウォーカー — ニッサ
初期忠誠度5
能力[+2]:クリーチャー最大2体と土地最大2つを対象とし、それらをアンタップする。
[-3]:クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+5/+5の修整を受ける。
[-10]:あなたのライブラリーの一番上からカードを10枚見る。あなたはその中から、クリーチャーか土地である望む枚数のカードを戦場に出してもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。


破滅の刻のプレインズウォーカーデッキ収録のニッサ。フィニッシャー旧カードクラスにマナコストが高い割にクリーチャーが居ないと機能しない能力が多いのがネック。


余談

  • マジック・オリジンにて精霊信者の一族の出であり彼女の幻視の力が危険視されてると知り母を残して旅にでる、そして旅の目的地にてゼンディカーを苦しめる暗黒(封印された状態のエルドラージ)から狂気の波に襲われた際に初めて次元渡りしてローウィン次元に訪れたというプレインズウォーカーとしての力に目覚めたきっかけが語られた。(それ以前の過去では“人生の早いうちに点り、それがもたらした多元宇宙への好奇心は彼女の部族にとっては忌まわしいものと捉えられ、部族を追放されてジャングルの中に置き去りにされた”と語られており、後付で設定変更がされたものだと思われる。)


  • ~ゾ☆という独自の口癖ネタは日本版公式サイトの週代わりコラムのひとつ《週刊デッキ構築劇場》である(現在は終了)。プロプレーヤーたちによるデッキ紹介&解説なのだが、プレインズウォーカー達の派遣会社があったら・・・というもしもネタなのだが内容は果てし無くカオス! 問題の31回  43回  60回 の外部リンクはこちら

関連タグ

MTG
プレインズウォーカー
エルフ
ゼンディカー(故郷)

外部リンク

あなたの隣のプレインズウォーカー ~第25回 目覚めた世界の目覚めたニッサ~ - | 晴れる屋

pixivに投稿された作品 pixivで「ニッサ・レヴェイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56933

コメント