ピクシブ百科事典

ヴラスカ

ゔらすか

ヴラスカとはTCG「マジック・ザ・ギャザリング」の背景ストーリーの登場人物、カードとしてはエキスパンション:ラヴニカへの回帰が初出。
目次[非表示]

概要

ラヴニカ次元出身の ゴルゴンギルドゴルガリ団所属の暗殺者。彼女もまたプレインズウォーカー
「あらゆる者がそれに値する死を受け入れねばならない」という思想を持っており、信奉者である暗殺者たちを使ってそれを実践する。

アゾリウス評議会による地下都市の掃討作戦によって彼女を始め多くの団員が逮捕されたが、その数は拘置所の許容数を上回りやがて暴動となって一階部分を占拠した。地下に押し込められた囚人たちの一部はヴラスカを武器とするために彼女の猿轡と目隠しを解き放つも、看守は彼女を打据えて鎮圧しようとした。ヴラスカが死に瀕したその時、彼女のプレインズウォーカーの灯が点り、彼女はラヴニカから消え去った。

ヴラスカは出口のない闇の世界に放り出され、次元を渡る方法を修得するまでそこに留められたが、それは彼女にとっては永遠とも感じられるような時だった。やがてラヴニカに戻った彼女は信奉者を集め、掃討作戦に関係した全ての人間たちをそれぞれ相応しい方法で抹殺した。それにより彼女はアゾリウス評議会にとって重大なお尋ね者の一人となった。
アゾリウス評議会による重要指名手配被疑者10人(外部リンク参照)

ラヴニカに滞在している間はゴルガリ団のために闇の仕事を請け負っており、その引き換えに誰にも価値が理解できないような風変わりな報酬を要求する。ギルドは彼女を有用な秘密兵器とみなしているが、彼女自身はギルド内部の政治的な駆け引きや内部事情からは距離を置いている。彼女がプレインズウォーカーであるという事実はゴルガリ団にも知られておらず、仲間のゴルゴンたちですら彼女がしばしばどこへ姿を消すのかを察することが出来なかった。



イゼット団所属のギルド魔道士ラル・ザレックが電光虫計画のデータ隠蔽中に、偶然ヴラスカが次元と次元の間に広がる久遠の闇で姿を消したデータを発見する。

ヴラスカはどこに消えたのか・・・?

敏腕船長ヴラスカ

「喧嘩腰」号
イクサランの空


その後イクサラン・ブロックにおいて、黄金の都オラーズカを目指す海賊船「喧嘩腰」号の船長として再登場を果たした。
旧く強大なプレインズウォーカー、ニコル・ボーラスに「ゴルガリ団のギルドマスターにする」という報酬と引き替えに、
「イクサランにある、黄金の都オラーズカにある物品を運び込む」という依頼と依頼遂行に必要な航海術の知識を与えられ、
船員を集め、航海を行っていたのである。
航海の途中、偶然にもかつての宿敵たるジェイス・ベレレンと再会を遂げ、記憶喪失により敵意を失った彼の姿勢に困惑しつつも、
ヴラスカに協力的な姿勢を見せた彼を「喧嘩腰」号の乗組員として迎える。
『敏腕船長ヴラスカ』(外部リンク参照)

カード性能

見えざる者、ヴラスカ

見えざる者、ヴラスカ / RTR


マナコスト(3)(黒)(緑)
カードタイププレインズウォーカー — ヴラスカ
初期忠誠度5
能力[+1]:あなたの次のターンまで、クリーチャー1体が見えざる者、ヴラスカに戦闘ダメージを与えるたび、そのクリーチャーを破壊する。
[-3]:土地でないパーマネント1つを対象とし、それを破壊する。
[-7]:「このクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはこのゲームに敗北する。」を持つ黒の1/1の暗殺者クリーチャー・トークンを3体戦場に出す。

初カード化はエキスパンション:ラヴニカへの回帰。
相手に選択権はあるものの、ヴラスカ自身への攻撃を抑止する[+1]能力で牽制。[-3]能力で厄介なパーマネントを排除したりと制圧力よりもボードコントロールに特化したカード。
[-7]能力は分かりやすく勝利に直結した能力。ただし、3体居るとはいえ1/1と素のサイズは貧弱。全体除去の使用直後に能力起動・回避能力付加可能なカードと絡めるといった工夫が必要になる。

秘宝探求者、ヴラスカ

ヴラスカ


マナコスト(4)(黒)(緑)
カードタイプ伝説のプレインズウォーカー — ヴラスカ
初期忠誠度6
能力[+2]:威迫を持つ黒の2/2の海賊・クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-3]:アーティファクト1つかクリーチャー1体かエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。「(T),このアーティファクトを生贄に捧げる:あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つ無色の宝物・アーティファクト・トークンを1つ生成する。
[-10]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーのライフ総量は1点となる。
イクサランにおいて海賊船の船長として再登場を果たしたヴラスカの姿。
海賊・クリーチャー・トークンの生成能力、宝物・アーティファクト・トークンの生成など、
背景ストーリー通り海賊クリーチャーとのシナジーを持つが、イクサランの海賊クリーチャーは青黒赤に属するため色が合わないという、
良くも悪くも「その次元にとって異質な存在」であるプレインズウォーカーを表すカードデザインとなっている。
なお、カードタイプ表記が「伝説のプレインズウォーカー — ヴラスカ」と、
見えざる者、ヴラスカの「プレインズウォーカー — ヴラスカ」とは異なる表記となっているのは、
イクサラン・ブロックを機に「プレインズウォーカーの唯一性ルール」が廃止され、過去すべてのカードを含むプレインズウォーカー・カードは「伝説の」の特殊タイプを持つカードとして扱われるようルールが変更されたためである(これにより、伝説のクリーチャー同様設定上同一人物のカードであっても、カード名が異なるならば同一プレイヤーが各1枚のみずつ、同時にコントロールできるようになった)。

関連ページ

MTG プレインズウォーカー
ラヴニカ
イクサラン
上司? → ゴルガリの死者の王、ジャラド

依頼主 → ニコル・ボーラス
敵対→(一応)協力者、部下? → ジェイス・ベレレン

外部リンク

『マジック:ザ・ギャザリング』公式サイトにおける「ヴラスカ」の紹介記事

非公式リンク

M:TG Wikiにおける「ヴラスカ」の項目

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴラスカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1054

コメント