ピクシブ百科事典

ゴルガリの死者の王、ジャラド

ごるがりのししゃのおうじゃどら

TCG「マジック・ザ・ギャザリング」の背景ストーリーの登場人物及びカード名。2つの対照的な構築済みデッキセット、デュエルデッキ“イゼットvsゴルガリ”にて先行収録の末、エキスパンション:ラヴニカへの回帰にてカード化。ここでは同ストーリー登場ギルド「ゴルガリ団」についても解説する。
目次[非表示]

概要

本名ジャラド・フォド・サーヴォ。ラヴニカのギルドの一つ、ゴルガリ団の魔術師サヴラの弟。彼女の死後。後を引き継ぎ同ギルドの指導者になる。
デヴカリン( エルフの一部族)の射手、狩人、屍術師。
ハンサムで責任感の強い、熟練の狩人。弓矢の扱いに長け、肉食甲虫などの小動物を召喚し操る術を用いる。

ラクドス教団の魔女リゾルダに心臓を貫かれるも、自分自身の死体に憑依することでアンデッドとして蘇り、奇跡の復活を遂げるという荒業を披露した。

カード性能

ゴルガリの死者の王、ジャラド

マナコスト(黒)(黒)(緑)(緑)
カードタイプ伝説のクリーチャー — ゾンビ・ エルフ
パワー/タフネス2/2
能力ゴルガリの死者の王、ジャラドは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき+1/+1の修整を受ける。
(1)(黒)(緑),他のクリーチャーを1体生け贄に捧げる:各対戦相手はそれぞれ、生け贄に捧げられたクリーチャーのパワーに等しい点数のライフを失う。
沼1つと森1つを生け贄に捧げる:あなたの墓地にあるゴルガリの死者の王、ジャラドをあなたの手札に戻す。


旧ラヴニカブロックでは小説での登場止まりだったが、ラヴニカへの回帰ブロックでアンデッド化しギルドマスターに就任した状態でカード化。
基本性能は2/2と控えめだが、墓地が肥えていればどんどん大きくなれるし、ストーリー通りの自らを蘇らせる能力もあるため、戦力としてはなかなか強力。そのうえ他のクリーチャーを投げる能力まで持っており、攻撃できない状況でも対戦相手のライフを脅かすことができる。
ただし、能力起動には3マナ必要+復活には貴重な土地2枚消費と燃費が劣悪。マナ基盤がしっかりしていないと安定した運用が難しい。

関連ページ

MTG

ラヴニカへの回帰』時代のギルドマスター

 

外部リンク

プレインズウォーカーのための「ラヴニカへの回帰」案内 その2

関連記事

親記事

ゴルガリ団 ごるがりだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴルガリの死者の王、ジャラド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1150

コメント