ピクシブ百科事典

セレズニアの声、トロスターニ

せれずにあのこえとろすたーに

トロスターニとはTCG「マジック・ザ・ギャザリング」の背景ストーリーの登場人物及びカード名である。ここでは同ストーリー登場ギルド「セレズニア議事会」についても解説する。
目次[非表示]

概要

ラヴニカのギルドの1つ、セレズニア議事会の中心的存在である3人1組の[[ドライアド]]の女性。 前回ラヴニカブロック背景ストーリーで命を落とした議事会の合唱者の後任指導者。
ただし、そのどちらもあくまで自然そのものの顕現であるとされている神秘的意識“マトセレズニア”の代弁者であって最高権力者ではない。

上半身は人間に近い外観だが、下半身は木になっており、この部分で3つの身体が1つに繋がった姿をしている(イラスト)。元々は長女シィム、次女セス、三女オーバからなるドライアドの3姉妹であったのだが、長らく交信が途絶えていたマトセレズニアと接触したことで、セレズニア再興の使命を託されて1つの存在となり、新たな名前を名乗るようになった。

セレズニア議事会

セレズニアの基本理念は、セレズニア議事会の福音者である狼乗りのトルシミールの言葉に現れている。
「我らと共にあるならば、すべてが平等だ。それまでは、お前の存在は無い。」
すなわち、共同体であることを何よりも重視し、その中のすべてのものはその役割に関わらず平等であると考えている。
また、自然に根ざした団体でもあり、自然と調和しそれを世界全体に広げることを目的としている。しかし、その信念の強さと場所を選ばないやり方から、他のギルドとの紛争の理由にもなっている。

その構成員は無私無欲で他人に尽くすものたちであり、それは洗脳的・狂信的集団であるようにも見える(それゆえカルト教団扱いされることも・・・)

指導者はセレズニアのパルンでもあり、「自然そのものの顕現」「世界魂」とも呼ばれるマット・セレズニア(マトセレズニアとも訳される)、そしてその声を伝えるドライアドのグループである議事会、ひいては部分的に意識を共有しているセレズニアのメンバー全員が指導者と言える。

ゲームでの特徴として
自然との調和、全体主義を表す特徴として、トークンの生産能力に長けており、ラヴニカブロックでは呪文を唱えるに際しあなたがタップしたクリーチャー1体に付きコストを削減する召集が、ラヴニカへの回帰ブロックでは場に出ているトークンを増やす居住が登場しており、そのそれぞれが物量作戦に特化したギルド固有の能力として登場している。

カード性能

セレズニアの声、トロスターニ

<
マナコスト(緑)(緑)(白)(白)
カードタイプ伝説のクリーチャー — ドライアド
パワー/タフネス2/5
能力他のクリーチャー1体があなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたはそのクリーチャーのタフネスに等しい点数のライフを得る。
(1)(緑)(白),(T):居住を行う。(あなたがコントロールするクリーチャー・トークン1体のコピーであるトークンを1体戦場に出す。)


タフネス偏重のP/Tと居住を行なう起動型能力を持つ。居住でトークンを増やせばそれにライフ回復が誘発するため、ひとたび能力が回りだせばボードとライフの両面でアドバンテージを稼ぎ出せる。
ただし、単独でフィニッシャーとなることができないのが悩ましい。速度よりもアドバンテージ重視向け。

関連ページ

MTG

外部リンク

プレインズウォーカーのための「ラヴニカへの回帰」案内 その1

pixivに投稿された作品 pixivで「セレズニアの声、トロスターニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46

コメント