ピクシブ百科事典

石鍛冶の神秘家

いしかじのしんぴか

石鍛冶の神秘家とはTCG『マジック・ザ・ギャザリング』のクリーチャーカードの1枚である。
目次[非表示]

概要

マジックオリジナルの人型種族『コー』を種族タイプに持つカード
収録エキスパンションはゼンディカーブロック第2エキスパンション、2010年発売のワールドウェイク
レアリティはレア

ゲームでの性能

石鍛冶の神秘家

<
マナコスト(1)(白)
カードタイプクリーチャー — コー・ 工匠
パワー/タフネス1/2
能力石鍛冶の神秘家が戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから装備品カードを1枚探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。
(1)(白),(T):あなたは、あなたの手札にある装備品カード1枚を戦場に出してもよい。


場に出た時に装備品カードをサーチおよび2マナで場に出す効果を持ったクリーチャー。
ただし、ゼンディカーブロックでは装備クリーチャーに絆魂(この特殊能力を持つクリーチャーがダメージを与えると、その点数分のライフを得る。)と接死(何らかのダメージをクリーチャーに与えたら、破壊する。)を付加するのみでありパワー・タフネスに変動なしの『バジリスクの首輪』というカードぐらいしか候補が無くどうにもパッとしない。

・・・というのは同一のエキスパンションのブロックによるカードのみで構成したデッキで勝負するブロック構築というルールで使った場合の話。

そしてスタンダードのローテーションによって状況は一変する。
ゼンディカーの次に登場した大型エキスパンションの名は
初めて装備品が登場したエキスパンションと背景ストーリーでの舞台となる次元を同じくする『ミラディンの傷跡』ブロックである。
装備クリーチャーのサイズアップのみならず特殊能力を3つも付加する饗宴と飢餓の剣を筆頭に
優秀な装備品カードのオンパレード。
他のクリーチャーのサポート役・状況に応じた装備品の使い分け担当といった具合に大活躍を果たすことになる。

中でも相性が極悪だったのが『殴打頭蓋』という装備品カード。
このカードの効果は装備クリーチャーのパワー・タフネスをそれぞれ4ずつ上昇させる
のみならず『3マナを消費し殴打頭蓋をオーナーの手札に戻す』『0/0のトークンを1体生成し、その後これをそれにつける』という能力も併せ持つ。
・・・つまり、石鍛冶の神秘家と一緒にデッキに入れれば、2マナしか出せない序盤から何度でもよみがえるフィニッシャークラスのクリーチャーが戦場を荒らしまくるというとんでもない状況を作り出せるという恐ろしいシナジーが発生するのである。


要するに
単独で仕事するタイプのカードでなかった為、分かりづらかっただけで、
隠れバランスブレイカーであったのである

禁止カード

登場当時は「梅澤の十手のように強力な装備品が登場したらワンチャン。」ぐらいの扱いだったものの、
いざ頭角を現したら、タルモゴイフの2マナクリーチャー最強候補を脅かしかねない程の猛威を振るうという予想を上回る結果となる。
しかし、スタンダードローテンション落ちを目前に控えた2011年6月20日スタンダードで禁止カード、さらに同年に新設されたフォーマット:モダンにて当初から禁止カードに指定されることになる。
(ちなみにスタンダードではローテーションを行うためパワーカードの席巻は珍しく6年3ヶ月ぶりの禁止カード)

自らの展開力の高さ故に活躍の場を大きく狭まってしまい、アレクラスでなければ大抵のカードは使用可能なフォーマット:レガシーぐらい下の環境でしか使用できなかったが、
2019年8月30日より、モダンでの禁止が解除された。禁止当時と比べてモダンのパワーレベルは高まっており、墓地利用デッキに押されていた「真っ当な」手段で勝利を目指すデッキにとっての魅力的な呼び込み役になることを期待してのものである。

余談

構築済みデッキの一つ、『消耗戦』(2011年6月10日発売)に石鍛冶の神秘家が2枚収録された・・・が、それから1ヶ月も経たないうちに上記の禁止が決定し今更あとに引けなくなったのか、
『例外:イベントデッキ「消耗戦」に関しては、そのもとのままの状態であればスタンダードで使用可能』
という特例を設けられることになる。
それでいいのか?

関連タグ

MTG クリーチャー 禁止カード
ナヒリ:コー族出身のPW。それ故に外見が良く似ている
ジェイス・ベレレン:同じエキスパンションに収録されたカードバリエーションの一つ、『精神を刻む者、ジェイス』も同じく凶悪すぎる能力ゆえ、同時に禁止カードに指定された。

関連記事

親記事

ゼンディカー ぜんでぃかー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「石鍛冶の神秘家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3932

コメント