ピクシブ百科事典

AK-103

えーけーいちまるさん

「AK-103」とはロシア連邦のカラシニコフ・コンツェルン社(旧イズマッシュ社)が開発したアサルトライフルである。 本銃は同社がバリエーション展開をしているAK-100シリーズの内の一つであり、本銃はAK-74Mを7.62×39mm弾仕様に変更したモデルである。
目次[非表示]

基本データ

口径7.62×39mm
全長943mm(ストック展開時)/700mm(ストック折り畳み時)
銃身長415mm
重量3.6㎏
作動方式ガス圧作動、ロテイティングボルト
装弾数30発
連射速度600発/秒
初速735m/秒
有効射程500m

概要

AK-74Mを従来のAKMと同様の7.62×39mm仕様に変更したモデル。
AKMとの相違点は、90度のガス導入孔・AK-74型のフロントサイトやマズルブレーキ・フェノール樹脂で構成された30発マガジン(AKM互換)やヒートシールドなどである。
ただし、サイドレールマウントやハイダーの大型化によって重量そのものはオリジナルのAKMから0.3kgほど増加している。
通常のフルオート可能なAK-103の他にAK-103-1と呼ばれる単射限定のモデルと三点バーストが可能なAK-103-2というモデルが存在する。
また、ベトナム軍用のクローンであるSTL-1AとアメリカのカラシニコフUSA製のクローンであるKR-103も製造されている。

発展途上国では56式やその他のAKコピーなどを運用していた兼ね合いで7.62×39mm弾が余っている国も多く、近代化に伴って新規のAK小銃の購入する際にこちらが選ばれるようで本銃が輸出を目的としたAK-10×シリーズの中で最も売れている小銃である。
また、ロシア国内でも5.45mm弾の殺傷力不足への懸念なのか特殊部隊であるスペツナズGRUとロシア内務省が本銃を採用している。
そのためか映画やゲームといったメディアでAK-10×シリーズを登場させる場合は本銃が選ばれることが多い。

バリエーション(AK-100シリーズ)

  • AK-101 - AK-74Mをベースとした5.56mm×45弾仕様。
  • AK-102 - AK-101のカービンモデル。
  • AK-103 - AK-74Mをベースとした7.62mm×39弾仕様。
  • AK-104 - AK-103のカービンモデル。
  • AK-105 - AK-74Mのカービンモデル。
  • AK-107 - AEK-971と似たリコイル軽減機構を備えたモデル。5.45mm39弾使用。
  • AK-108 - AK-107の5.56mm×45弾仕様。
  • AK-109 - AK-107の7.62mm×39弾仕様。

関連記事

親記事

AK-74M あーかーすぇーみぢっしゃっとちぃとぅぃりえむ

兄弟記事

  • AK-105 あーかーすとーぴゃーち
  • AK-107 えーけーひゃくなな
  • AK-102 えーけーいちまるに

pixivに投稿されたイラスト pixivで「AK-103」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「AK-103」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 351

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました