ピクシブ百科事典

CinderFall

しんだーふぉーる

海外アニメ『RWBY』の登場人物。
目次[非表示]

CV:Jessica Nigri/甲斐田裕子

概要

深紅のドレスを身にまとった謎の女性。エピソード1ではローマンの逃走の援護のためVTOL機を操縦して登場。その後ローマンと操縦を交代し、グリンダとの魔法の応酬を繰り広げた。長らく影が掛かっていたため容貌は不明だったが、エピソード16のエピローグにて仲間のマーキュリー、エメラルドと共に姿を現した。
長い黒髪に金色の瞳が特徴的で、掌から炎を出現させるなど魔法使い然とした雰囲気を持つ。
落ち着いた立ち居振る舞いに、他者を従える圧力を伴った雰囲気を纏い、中の人の演技も相まって登場人物の中では群を抜く色気の持ち主。

何らかの計画を遂行しており、ローマンを雇って大量のダスト強奪を指示し、ファウヌスの過激派組織「ホワイト・ファング」とも協力関係を築くなど、規模の大きな活動を指揮している。計画の全容はローマンやマーキュリー、エメラルドにも明かしておらず、彼らに対しては何も考えずただ自分に従うよう抑制を加えている。
Volume2では計画の一環として、身分をヘイヴン・アカデミーからの交換学生として偽装し、ビーコン・アカデミーに潜入。制服姿を見せたことで、視聴者からは「無理すんな」との声が続出した。人が集まるダンスパーティーの夜を狙って、手薄になったヴェイルのCCTタワーに正面から突入し、単独で警備を突破。システムに何らかの仕掛けを施した後、追ってきたルビーと交戦している(仮面を着けていたため顔は知られていない)。
Volume3ではヴァイタル・フェスティヴァルのトーナメントにも参加。体術中心の戦闘で、あまり目立たないように振る舞った。また、トーナメントのシステム自体に介入し、本来ランダムに選出される対戦チームを操作したり、その報道ネットワークに侵入して演説を行うなど暗躍した。終盤、アンバーから乙女の力を奪って「秋の乙女」になるも、銀の眼の力を暴走させたルビーにより左半身に深刻なダメージを負い、現在セイラムの下で療養中。

ダストやオーラの扱いに非常に長けた人物で、魔法の扱いについてはグリンダと対等に渡り合うほどの技量を有するほか、衣服に織り込んだダストを利用して、ガラスの粉末から生成した一対の曲刀や弓矢を使った攻撃、太極拳のような格闘術を用いた徒手での戦闘など近接戦闘能力にも優れた、いわゆる物理もイケる魔法使い。魔法の発動時には女性の悲鳴のような甲高い音が伴う。
また劇中では射撃を防御する際にオーラの障壁を展開しているらしき描写がある。コンピュータにも詳しく、CCTタワー、ヴァイタル・フェスティヴァル・トーナメント、アトラス軍のデータリンク(これには軍事機密へのアクセスも含まれる)、報道のシステムへの侵入が本編中に確認されている。

捕捉

Cinderは英語で「燃え殻」や「灰」を表す単語。
「Cinder(灰)」という名や、彼女のシンボルマークが靴底同士を合わせたハイヒールに見えることから、モチーフは「シンデレラ(灰かぶり)」ではないかとファンからは推察されている。

関連イラスト

無題
cinder


別名・表記ゆれ

関連タグ

RWBY シンデレラ

pixivに投稿された作品 pixivで「CinderFall」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143253

コメント