ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

カシオ計算機が販売している腕時計のブランド。

ブランド名の由来は英語重力を意味するGravity(グラビティー)から。

特徴はなんといっても異常なまでの耐久性であり、机から落とす程度ではもちろん、トラックで踏みつぶしてもプロホッケー選手のシュートを受けても壊れなかった。


さらに防水性も優れており、20気圧までなら耐えられるので、日常生活の範囲で水没した程度なら平気。手洗い程度なら余裕(潜水士用により耐圧性能を強化したモデルもある)。一部モデルには防塵機能や防錆機能も備えられており、宇宙飛行士軍人特殊部隊ネイビーシールズなど)など、職業として過酷な環境下に飛び込むシーンでも使われている。

時代の移り変わりと共に機能も強化していおり、太陽電池電波時計GPSによる方位・高度計測といった機能も追加されている。


歴史

1981年、開発者が腕時計を落として壊してしまったことをきっかけに、若い技術者が中心となって頑丈な腕時計の開発をスタート。

最初は緩衝材でぐるぐる巻きにして、さながらボールのようになった時計を窓から落とす、という実験をしていたが失敗。緩衝材を増やせばどうにか耐えられるが、腕時計としては論外な大きさになってしまうというジレンマに悩まされていた。

そんな折、休日も出勤していた開発者が、開発センターの隣の公園でゴムまりで遊んでいる子供達を見て「腕時計内部を中空にして、その中にコアとなるモジュールが支点を持って浮いた構造にする」というヒラメキを得る。これにより衝撃がコアモジュールに伝わるのを防ぎ、耐衝撃性を確保しつつ大きさも抑えることに成功した。


1983年に初代モデルを発売したが、当初は売り上げが振るわなかった。

しかし、アメリカで「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」というCMを放送したところ、「誇大広告ではないか」というクレームが寄せられ、TV番組で検証が行われた。その結果、見事にCM通り耐え抜くことが証明され、人気が爆発。アメリカでの人気が逆輸入される形で日本でも知名度を得ることになった。


登場から40年を経て世界中で人気と知名度を獲得し、ファッションからアウトドアまで幅広く愛用されている。

カシオにとっても売り上げの30%を占める基幹商品となっている。


ちなみに、カシオは模倣品対策として、A-SHOCKからZ-SHOCKまでのアルファベット26文字全てを日本で商標登録している。


関連項目

カシオ計算機 腕時計 トリビアの泉

セイコー・アストロン:G-SHOCKの一部モデルではGPSソーラーモデルも展開している事もあり比較されやすい。

こちら葛飾区亀有公園前派出所:第1035話でG-SHOCKを特集した。掲載された1998年は若者の間でG-SHOCKブームが過熱していた時期であり、その様相が描かれている。

OsakaMetro400系:車体前面がG-SHOCKに似ている。

関連記事

親記事

カシオ計算機 かしおけいさんき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161958

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました