ピクシブ百科事典

P1500モンスター

ぴーせんごひゃくもんすたー

P1500モンスターとは、ナチス・ドイツ軍が作り出そうとしていた超大型戦車(イラストはイメージです)
目次[非表示]

概要

P1500モンスターとは、ナチス・ドイツ軍が設計思考のみで終わらせた超重戦車クルップ社が開発しようとしていた。列車砲を改造して生まれたからか、列車砲を思わせるシルエットを持っている。1500の名の通り、重量が1500tという理解不能な重量。パンターシュトゥルムティーガーも真っ青である。
必要な要員も桁外れで、なんと100人以上要員が必要。主砲は800mm砲、副砲はMG151機関砲×2となっており、時速は15キロと鈍行。
そのスケールはラーテ超重戦車マウスを遥かに超えており、ナチス・ドイツ軍末期の極端な設計思想がいかにやばかったかを思わせる。

関連タグ

軍事 超重戦車
列車砲←元々は列車砲だった物を改造して生まれたのがP1500モンスター

この記事のカテゴリ

ロマン砲 ドイツ軍 軍事

関連記事

親記事

軍事 ぐんじ

兄弟記事

コメント