ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Z46(アズールレーン)

ふぃーぜ

艦船擬人化シューティング・ゲーム『アズールレーン』に登場するキャラクター。ドイツ海軍の駆逐艦「Z46」の擬人化だが本人は「フィーゼ」を名乗る
目次 [非表示]

「この世界はよもやこうも予想と違えるとは!面白い!」

「体験しないと分からない物事の数々――天にあまねく星々のように、恐ろしく数えられない」

所属 レッドアクシズ鉄血
艦種 駆逐艦
好きなもの・こと 詩と演劇 友が作った弁当
苦手なもの・こと なぜか時々用意された可愛い衣装(嫌いではないが)
一人称
趣味 見聞を広めること
特技 未来を切り開く意思
担当声優 茅原実里
イラスト 近所黒モモ

プロフィール

イベント「鏡写されし異色」開催とともに先行実装がなされた。レアリティはSSR

期間限定建造とイベント海域のB4、D4マップでのドロップから極低確率で入手可能だった。


キャラクター像

史実において建造中に空襲に遭ったために完成せず、戦闘に参加しなかったモチーフ艦を反映し、「失敗したこともなく、傷を受けたこともない。それゆえ、かのZ46に武勲などない」と語る。

Z23以降のZクラス駆逐艦の特徴として、レーベレヒト・マース(Z1)らのような人名由来の名称を持たない。

そこでZ23が自分のことを「ニーミ」と呼ぶように、彼女はドイツ語の「4(vier=フィーア)」と「6(sechs=ゼクス)」を組み合わせたと思しき「フィーゼ」という呼び名を使っている。

もともとはあだ名だったが、便宜的な呼称として自分からも使うことにしたようだ。

名前を「存在の証」と呼び、それに特別な思い入れを持つ彼女は指揮官に自分に名前をつけてほしい、と希望している。

本作において好感度を「」にまで高める事で可能になるケッコンにおいて、指揮官は艦艇の名前を変えることができる。

指揮官とZ46との関係性はこのシステムとリンクしたものとなっている。フィーゼという名を名付けるか、呼びたい愛称をその名とするかは指揮官次第。


容姿

サーベルを両手で掲げ持ち、金色のラインと装飾の映える紺色の衣装を身にまとう。他のZ級のコスチュームと比べ、式典用の礼装のような趣がある。


ベレー帽の色とデザインはZ23のそれに似るが、こちらには白い部分に三つ星がある。


前髪に銀色の状の飾りをつけている。


性能

Z駆逐艦の最終型だけあり

160%という高倍率の主砲補正

対空特化の多い軽巡洋艦に並ぶ対空力

雷装の高さが売りな重桜の駆逐艦に並ぶ雷装

並の駆逐艦に耐久装備を載せた状態に素で追いつく耐久値

当然のように持っている最高クラスの対潜値

と言った具合に、『駆逐艦ってなんだっけ』と言いたくなるような恵まれたステータスを持つ。

そこにレーベ様のスキル「Zの系譜」が付いた時には手の付けられないバケモノになる。

また、後述するスキルの恩恵から対空装備を積むことが多いため、「回避以外の全てを手にした駆逐艦のような何か」と呼ばれることも


スキル

2018年6月末の復刻版「鏡写されし異色」にてスキル仕様が変更された。

ただでさえ高い対空を火力へ転嫁できるようになったため、オールマイティ具合がさらに増した。


折れた鋼翼

「折れた鋼翼」は対空射撃の際に15パーセントの確率で発動し、8秒間自分の対空を(3割

最大強化時5割)上昇させる。サンディエゴの「私はNo.1!」を単体用にしたもの。

……だった。


変更後はスキルタイプが防御から攻撃に変更され、「自身の対空圏内で敵航空機を撃墜した時、自身の対空値の5~15%を火力値へ上乗せする」になった。

そのため、高性能対空レーダーを乗せることで最大で対空+100にくわえ火力が+15される1度で2度おいしい装備となった。


徹甲弾専門

「徹甲弾専門」は徹甲弾によるダメージが15パーセント(最大強化時25パーセント)常時上昇した状態となる。このスキルにより全弾発射スキルの威力も底上げされる。


全弾発射

全弾発射スキルの発射パターンはろうと状。Ⅰ時は15発、Ⅱ段階目は10発主砲を討つたびに発動する。


仕様変更後はそれに加えて前方直線をのぞいた4方向に向けて磁性魚雷を発射するようになった。



関連タグ

アズールレーン 鉄血 Zクラス駆逐艦 名無し

関連記事

親記事

Zクラス駆逐艦 つぇっとくらすくちくかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19744329

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました