2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

2022年7月29日にver23がリリースされた。
2013年7月発売のver14よりShade 3Dと言う名称に変更。

概要

1986年にエクス・ツールス社より『Shade PRO』が開発・販売されて以来、
20年以上の歴史を持つ国産3DCGソフトである。
2003年1月20日、エクス・ツールス社が経営破綻し、2003年4月16日よりイーフロンティア社に営業譲渡。
2010年、イーフロンティア社が経営破綻し、2013年に設立したShade3D社に売却。

2018年8月、現在のフォーラムエイト社に譲渡・吸収合併し、
以後、開発・販売はフォーラムエイト社が行っている。

『Shade 10』以降、目的・用途に応じて、Basic/Standard/Professionalの3グレードがある。
また教育現場で使用されることも多く、StandardとProfessionalは、アカデミック版が存在する。


特徴

ベジェ曲線を用いた「自由曲面」と呼ばれるモデリングと、
高品位なレンダリング品質が特徴とされる。

モデリング

自由曲面は、
Adobe Illustratorなどで使用されるベジェ曲線を用いることで滑らかな曲面を表現できるが、
ベジェ曲線への慣れとベジェ曲線の接線ハンドル同士の干渉による「しわ」が発生しやすい欠点がある。

その他、プリミティブ/ポリゴンメッシュ/メタボールなどを使用したモデリングも可能である。

レンダリング

静止画制作での利用が主であるとされ、
時間がかかっても高品位なレンダリング品質になるように調整されているといわれている。
ただしShade 9にて、レンダリングを高速化するイラディアンスキャッシュ機能を搭載している。

3Dプリンター対応

昨今の3Dプリンター登場により3Dモデルの立体出力に対応すべくver14から3D プリンタ対応形式で出力が可能となった。

公式サイト

フォーラムエイト Shade 3D

関連タグ

3D 3DCG
ベジェ曲線, ベクター, ベクトル,
Poser, AutoCAD, Softimage, Maya,

他の記事言語

Shade

関連記事

親記事

3DCGソフトウェア すりーでぃーしーじーそふとうぇあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15885684

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました