ピクシブ百科事典

ちいちい袴

ちいちいばかま

ちいちい子袴ともよばれる新潟県や岡山県、大分県の民話で語られる爪楊枝の精霊。

概要

ちいちい小袴とも呼ばれる新潟県佐渡ヶ島岡山県大分県の民話で語られる妖怪
また、小泉八雲の著書にある「ちんちん小袴」も同一の存在とされている。

その正体は古くなった爪楊枝が化けたもので、伝承によるとその昔1人暮らしのお婆さんが真夜中に糸を紡いでいると何処からともなく袴を着た四角張った顔の小男が現れ、一人では寂しいだろうからと踊りながら「ちいちい袴に 木脇差をさして こればあさん ねんねんや」と歌いながら何処かへと去って行った。

こんなことが毎晩も続いたため、流石に気味悪く思ったお婆さんは翌朝家を探した所、縁の下から鉄漿付け用の楊枝が出て来たので、さてはこれが毎晩現れる小男の正体だろうと思い焼き捨てた所、そのような怪異はぱったりとなくなったという。

ちんちん小袴の場合は不祥な女性が無造作意に捨てた爪楊枝たちが化けたもので、無数の武士の姿で女性の前に現れ、そんな事が毎晩も続いた為にとうとう女性は病気になってしまうが、爪楊枝を綺麗に片付けて焼き捨てると病気は快方に向かったとされている。

関連項目

妖怪 付喪神

関連記事

親記事

付喪神 つくもがみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ちいちい袴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8

コメント