ピクシブ百科事典

ちゃうねん

ちゃうねん

関西弁(特に大阪弁)で「違う」という意味の方言。
目次[非表示]

ちゃうねんとは、関西弁(特に大阪弁)の表現の一つ。

解説

いわゆる“否定”の言葉。
違う+(接尾語としての)ねん】である。

Pixiv的に言えば違う、そうじゃないと同じ。

この言い方の場合、単なる否定ではなく、“自己弁護”としての否定として使われるのがほとんどである。
ちなみに相手の意見を打ち消す場合は、「ちゃうやん」になる。
「ねん」は大阪弁でも“念押し”としての意味が強いで言葉あり、多くは自分の主張を通したい場合に用いられる。一般表現で言えば「~ですよ」・「~なのだ」 がこれに近い。

ネタとして

これをネタとして普及させたのは、おそらく『あずまんが大王』の“大阪”こと春日歩であろう。劇中、彼女はボケやオチで「ちゃうねん」をときどき使用しており、作品のゆるグダな雰囲気とも相まって印象に残りやすかったと思われる。
ちなみに記念すべき(?)一発目は、「豆知識~。枝豆って大豆やねんて~」という本人の渾身のボケに普通に感心するよみへツッコミに使用された。

関連タグ

言葉 日本語
方言 関西弁(大阪弁)

あずまんが大王 春日歩

pixivに投稿された作品 pixivで「ちゃうねん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 974591

コメント