ピクシブ百科事典

つる姫じゃ〜っ!

つるひめじゃっ

『つる姫じゃ〜っ!』(つるひめじゃ〜っ)は、土田よしこによる日本の漫画作品。
目次[非表示]

概要

『つる姫じゃ〜っ!』(つるひめじゃ〜っ)は、土田よしこによる日本の漫画作品。また、それを原作としたテレビアニメ。『週刊マーガレット』(集英社)にて、1973年17号から1979年の35号にかけて連載された。単行本はオリジナルのマーガレットコミックス版が全11巻(集英社刊)、愛蔵版全3巻(中央公論社刊)、中公文庫コミック版の文庫版全6巻(中央公論社刊)。

ストーリー

型破りなヒロイン、つる姫を主人公にした少女漫画。「学級文庫…学級うんこ!」等のスラップスティック・ギャグで構成されている。

登場人物

この漫画の主人公。ハゲマス城の姫。寺子屋小学校の5年生でもある。小さい時に母を亡くしているため、時々寂しい思いをしている。幼い時はかなり内気な性格だったが、幼い時の高熱の治療がもとで見事な「カッパ禿」状態になり、性格も変わってしまった。ブスで、不潔で、ずうずうしく、周りに迷惑ばかりかけている。しかし物語中盤辺りから、家老の悪口を言ったイネに意見したりする等、優しさを見せる場面も出てくる。血液型はD型。テストはいつも0点ばかり。彼女の手料理を食べた者は下痢をする。裁縫をすると布は全て雑巾になるが、編み物は一応出来る。足袋を作って家老にプレゼントをしたこともあった。お小遣いは月に500円、城の誰かによくたかる。星座は射手座。夏休みの宿題は大抵終わっていない。いつも着ている服は、つる姫のハゲにぴったりの井桁模様の柄。漫画の最終回で殿が実母そっくりの相手と再婚が決まった時、彼女は2人の結婚を認めながらも違和感を覚え、考えた末、「帰って来た時、きちんと『ただいま』と言える様になりたいから」と言って、一人旅に出る。

  • イネ(声:青木和代)
つる姫付きの女中。常に鼻毛が出ていて、眼鏡をかけている。鼻の右側にほくろが一つ。つる姫は腕力でも口論でも彼女に勝てない。年齢不詳。誕生日は9月17日(乙女座)。つる姫に対し、厳しく接することが多いが、時折優しさを見せることもある。金銭面ではがっちりしている。ボーイフレンドが多いが、本命には振られた。三波春夫の熱血的な大ファン。実家には、両親の他、兄が一人、妹が一人(タネ)、ペットのモモタロー(牛)がいる。時間外労働が大嫌い。

  • 殿(声:キートン山田)
ハゲマス城城主。つる姫の父親。つる姫をいつも気にかけているが、仕事で忙しく相手をすることができないこともある。中年を過ぎ、太り気味。いつもちゃんと羽織り袴を着ている。袴を脱ぐと結構ガニマタ。酔っぱらうと、裸踊りをするらしい。髪の毛が薄くなることを、密かに気にしている。家老とよく将棋をさしている。

  • 家老(声:緒方賢一)
ハゲマス城の家老。つる姫が小さい頃から面倒を見ているが、つる姫に振り回されて、過労気味。ガリガリにやせている。誕生日は12月の初旬。持病は関節炎。家では家で夫婦喧嘩をよくやっているが、よく負ける。婿養子。13人の子持ち。殿とは、若い頃からの付き合いで、よく将棋を指している。

  • 泥八(声:富山敬)
  • カミナリ小僧(声:林原めぐみ)
落雷と共にハゲマス城に侵入。つる姫にイナズマンビームを喰らわせ、彼女のヘソを狙ったものの、あまりの汚さに吐き気をもよおしてしまう。そこへ意識を取り戻したつる姫に強制的にヘソを交換させられ、重態に陥る。ちなみに本名はピカ夫。

  • おはな(声:かないみか)
つる姫のクラスメイト。優等生的な可愛い女の子で、クラスの男子にも人気がある。太郎のことが密かに好きで、太郎をいじめるつる姫と喧嘩することもある。連載後半になると、喧嘩よりも一緒に仲良く遊ぶ場面が多い。花模様の服を着ていることが多い。

  • 太郎(声:篠原あけみ)
つる姫のクラスメイト。気の弱い男の子。最初は、つる姫にいつもいじめられているが、連載後半になると普通に付き合うようになった。
サル助(声:高木渉)
ハゲマス城の若手の家来(小姓)。又五郎と一緒に仕事をしていることが多い。つる姫に雑用を言い付けられたり、相手をさせられたりしている。

  • 又五郎(声:菊池正美)
ハゲマス城の若手の家来(小姓)。サル助とまとめて、「サルマタ」と呼ばれる。

  • 吾作(声:麻丘夏未)
つる姫のクラスメイト。茂作と一緒につる姫をからかったり、つる姫と遊んだりする。兄弟が村一番多い。丸い模様の服を着ている。

  • 茂作(声:水原リン)
つる姫のクラスメイト。頭にリボンをつけている。吾作と一緒につる姫をからかったり、つる姫と遊んだりする。血液型がつる姫と一緒のD型。いつもハートの柄の服を着ている。

  • 元内先生(声:河合義雄)
ヒゲを生やした初老の先生。つる姫によるストレスが原因で体重が減ったり、病気になったりしている(時々、強気で殴ることもあり)。奥さんと2人で暮らしており、子供はいない。つる姫は先生の家に遊びに行くこともある。

  • かめ姫(声:江森浩子)
ハゲマス城の近くにある亀山城に住んでいるお姫様。小学校4年生。やることなすこと全てが遅く、つる姫も調子が外れっぱなし。いつもはペットの亀とかけっこしているらしい。気も長いが息も長い。しかし泳ぎが下手なので、水泳教室ではバカメと呼ばれていた。スキーもつる姫たちに教わって、滑ることができるようになった。実は亀姫だけがどんくさいのではなく、亀山城の近辺全てが遅い。季節もずれており、4月に梅が咲き、8月に梅雨が来る。

  • ハゲタカ(声:河合義雄)
ハゲマス城の裏にあるハゲ山に住んでいた鳥。ギャーと鳴くだけだが、つる姫とは意志が通じる。水玉模様のリボンはつる姫につけてもらった。つる姫にしょっちゅう食べられそうになり、苦労している。連載期間中に恋人ができたが、その後は不詳。
逆蛍光禿
隣の国の殿様。ハゲマス城50周年の時にやって来たのを皮切りに、時々訪れるようになる。殿に再婚をすすめたり、つる姫の見合いの写真を撮ろうとしたりした。

アニメ版

1990年1月9日から同年12月25日まで、日本テレビほかにて放送された。全49話。ローカル枠だったため、放送されなかった地域も多い。

コメント