ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ここでは、「mozu」に出てくるキャラクター東和夫中神甚腐向けタグについて記載する。

"なかひが"とは

文字通り、中神が攻め が受け の関係である。 ただし、立場はの方が上である。

 二次創作のCPには、創作者が勝手に作り出した、原作では一度もそのような雰囲気を出していないCPも存在するが、なかひがは原作=ドラマ内でそのような雰囲気を出している。

season第一話

中神が会話の途中での太ももを撫でるシーンがある。
そのシーンについて、羽住監督はオーディオコメンタリーで、中神に心酔しており恋慕を抱いていると公言してる。 東和夫もそれを許容しているそうだ。

「MOZU NIGHT」というイベントでは、羽住監督が「第1話の時点で車の中のシーンで、映ってはないけど、中神は東の太ももを触ってる」と公言。
吉田鋼太郎さんも「わりと最初からホモということは分かってた。ネコタチという言い方をするなら、僕の方がネコですね」とあけすけに語っていた。
cinemacafe

season第四話

中神に対して耳元で「さすがだな」という台詞を囁く。
 囁かれた中神に一礼した後、嬉しそうに電話をする。

season第八話

は、中神の死後も一切そのことには触れずに、仕事をこなしている。
 が、はその頃から急に狂い始め、ドラマ好きからは伝説と化されている「チャオ」という名言まで残すなどよく分からない発言や行動を行うようになる。 同時に仕事も辞める。

このことから、ファンの間では実は東和夫中神甚のことを大切に思っていたのではないかと言われている。

"なかひが"は、
圧倒的ドS東和夫と一方的に狂おしい程に愛しまくっている中神甚の片思いCP
 であり、17歳年下上司に弄ばれる年上部下の話でもある。

関連リンク

mozu 東和夫 中神甚 ひがくら

関連記事

親記事

専用タグがない腐向けCPタグ一覧 せんようたぐがないふむけかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

コメント