2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

逢坂剛が書いた、「百舌シリーズ」には一切出てこないドラマオリジナルキャラクターである。

人物

非喫煙者。
元公安警官で大手警備会社の役員と華麗な経歴を持っているが、その裏では殺人などの犯罪を請け負い実行する顔を持つ。

Season1の中盤までは、冷静かつ用意周到で頭脳明晰な悪役であったが終盤あたりから内に秘めていたより狂気に満ちた本性が前面に押し出され、人を喰ったような言動が目立つ。
 (この辺りから、「チャオ」や「オメラス」などといった発言をするようになる。)

Season2では、森原官房長官や池沢公安部長(佐野史郎)などが裏で画策している様々な陰謀に暗躍するが、目的は不明。

倉木や和彦に「イカれている」と評されても、当人はそれを「最高の褒め言葉」として返している。
 (役者によるアドリブが多い「mozu」だが、この台詞は台本にある台詞である。)

華奢な体躯ながら襲いかかってきた宏美を一瞬で返り討ちにし、明星を不意打ちするほどの実力の持ち主。
また、射撃能力と運転テクニックにも長けている。

season2 ~ 劇場版あたりからは、目的は不明だが倉木を事ある毎に自分と同じ道に誘おうとする。

プロフィール

演者長谷川博己
性別男性
誕生日1975年8月20日
年齢39歳(ドラマ放送"2014" 時の年齢)
卒業東京中央大学
経歴公安部捜査官
職業アテナセキュリティシニアアドバイザー 兼 犯罪エージェント
身長183cm(中の人の身長が183cmのため)
愛車5代目マセラティ・クアトロポルテ(黒)
愛銃コルト・ドラグーン(劇場版使用銃)


用語

ここでは、東和夫に関する用語を記載する。

オメラス

season1の第九話で、屋上に倉木を誘ったのち、語ったある小説に出てくる物語。
season2の第二話では、season1で語った話の続きを話しており、劇場版でもこの話題に出る。
  詳しくはオメラス ←リンクを参照。

チャオ

東の口癖である。 

season1第八話にて、東和夫新谷宏美からICチップを奪った後に、車に乗車して去る直前に新谷に放った一言。
実は、撮影本番に入る前に、
当然 監督から「東の狂気を見せてくれ」という無茶振りを振られた長谷川博己が、急に言われて戸惑った末に、乗っていた車がイタリア車だったことから「チャオ」というアドリブを出す。
 それ以外に、「さらばだ!」というセリフも言ったそうだが結果的に、チャオが採用される。

それ以来、なにかと言うと「チャオ」を使い、作品内では計7回も使っていた。
ファンからはチャオ東の愛称で呼ばれている。

能面

 season2の第二話で、倉木の部屋に不法侵入した際に身に付けていたもの。
それ以降、能面は東和夫をあらわすキーアイテムとなっている。
 劇場版では、倉木をある所から救う際にも身に付けており、一連のシーンはファンの間では未だに語り継がれている。

ヘリコプター

season2の第二話で、その場を去る手段としてヘリコプターを使用。
それ以降も、season2の最終話で潜水艦がぶっ壊れるシーンでヘリコプターに乗りながら高笑いをしていたり…
劇場版の終盤で、ダルマが乗り込もうとしていたヘリコプターの操縦者が東だったり…
 と何かと縁がある。

関連イラスト

MOZUまとめ2
ひがくらつめあわせ




関連タグ

mozu 長谷川博己 なかひが ひがくら

関連記事

親記事

MOZU もず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7191

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました