ピクシブ百科事典

ひろしの日記

ひろしのにっき

うごメモ職人「ドルン」氏による一次創作漫画。
目次[非表示]

概要

うごメモ職人「ドルン」氏による一次創作漫画。

小学生向けに作られたシリーズ。渡辺ひろし達の日常を描いている。作者曰く「日常生活を書きたかった。」 第100話で完結させる予定であったが、ワールドうごメモギャラリーのサービス終了に伴い第97話で事実上終了。
しかしドルン氏は活動の場をYouTubeに移動。一部の過去回と共に、当シリーズの世界線と連動した独自の単発作品や「ひろ日記ラジオ」と銘打ったレギュラーメンバーによる雑談・コメント返しの動画を投稿している。なお、98話の内容(後述)が決まっているなどシリーズを続行する旨が示唆されているが、詳細は不明。

登場人物

メインキャラクター

渡辺ひろし

ひろしの日記主人公。9歳。誕生日は1月26日。一人称は基本的には、「僕」だが怒って赤くなると「俺」に変わる。弱しによると「機嫌がいい時は僕」名前の由来は「広い心を持った人になってほしいから。」
ひろしの日記初期では、物事を力で解決したり、怒るとすぐ殴る乱暴な性格だった。
また、まだ9歳でありながら酒を飲んだりするなど、警察に見つかったら逮捕されるであろう行動をしている。
色は白だが怒ると赤くなり、戦闘力が高くなる。
ひろしの日記後半になると「殺傷拳」という技を京助相手に出し、他にも「こんにち波」「ダブル殺傷拳」「連続殺傷拳」という技がある。
泳ぐのが苦手で、海へ行った時はとおるが泳いでる時に砂遊びをしていた。料理が得意らしく、ひろ日記ラジオにてカルボナーラを作り、腕前を披露した。店長曰く「上手い」。また、絵が苦手であるがこれについては描写はない。
イロレンジャーが好きで、コンビーニで働いていた時に「イロレンジャーが始まってしまう」という理由で店長(万引き小僧)を一発で倒した。
ドルン氏がYouTubeに移ってからは明らかに9歳らしからぬ言動しかしていない(今に始まった事ではないが)。全体的に成長しており、ボケよりもツッコミに回る事が多くなった。
実は養子であり、店長と同一人物である事がドルン氏によって示唆されている。

渡辺とおる

ひろしの父親。年齢は35歳で誕生日は12月15日。一人称は「私」。
メガネをかけていて、付け髭を付けている。(付け髭が判明したのは相当後の話だが)
優しい性格であるが、その宿命かひろしにカツアゲされたり、高確率でひろし達にボコられまくったり不良に狙われたり、子供が腰に激突し腰を痛むなど不憫な目に会いやすい。
夢の中ではひろしのパワースーツを着用し、ひろしを倒した。しかし現実では、パワースーツを着たが、あっさりボコられてしまった。着れば強くなるのは確かで、神さんよりは強い。(ただし神さんがキレた場合、話は別)
デッケ山編でエロ本が好きだという事が発覚(もっともひろし達はそれ以前から知っていた様子)。以降「エロオヤジ」とたまに呼ばれている。 前田○子というグラビアアイドルがお気に入りの様子。
お化けが嫌い。

西藤弱し

ツッコミ役。初登場はひろしの日記7話。顔が青い。
何でも勝負したがる性格。メタ発言をすることが多い。カレー類は大好物。
砂遊びが得意で、ひろしと対決した時は画面からはみ出る位高い砂を作った。
また、何故か国語辞典で引く程笑う。
喧嘩はひろしや店長と比べると明らかに弱いが、デッケ山にて一度だけ激怒したことがあり二人を圧倒してみせた。家族が登場する回数も多く、兄である強しや母なども度々登場している。
実は不登校(自業自得なのだが)で、過去に暑しという友人とひたすら砂遊びをしまくっていた。しかしある日不良にボコボコにされた際にサメに襲撃され、暑しは弱しを庇って命を落としてしまった…(この事件について、実は京助も絡んでいる)

店長

万引きとTの勇姿の主人公。
DSi版の時から登場していた。
今はコンビーニの店長だが、昔万引きをしまくっていた事から万引き小僧と呼ばれていた。
Tと書いてある帽子(マリオの帽子っぽい)を被っており、何故Tなのかは不明。イグラムがEなので恐らく店長のTだろうが、DSi時代からTなので結局不明。(事故死した父親の形見の可能性がある)
初期の頃は、自分の気に入らないことがあるとすぐに暴力を振るっていたが、仲間と過ごしていくうちに仲間思いな所が見られるようになった。
ひろしと仲が良く一緒に京助をボコったりしている。
コンビーニで戦ったとき、最初は余裕こいてたが、パワーアップしたひろしにあっさりやられてしまった。
ナルシストであり、ひろしの日記93話で「俺のイケメンの顔を見て一旦落ち着くんだ!」と発言。95話では京助に「ナルシ君」と呼ばれた。(勿論その後ボコられた) 最近は大便を漏らしたことからちょくちょく「う●こマン」呼ばわりされている。
イグラムとは幼なじみらしい。
万引き最終回でのイザコザからイグラムの事は快く思っていなかったようだが、関係は修復された様子。
ひろしの日記最終回(後に復帰したので終わる終わる詐欺である…)ではひろしと同一人物であることが示唆されている。

西村京助

ひろしの日記の中で一番ボコられてるキャラ。ドM。
黄色い角二本と緑色のヘアバンドが特徴。どちらも3DS版になってから追加された色。
ウザイ性格をしており、そのせいでひろし達を怒らせボコられることが多い。
手先が器用で、壊れたタイムマシンを直したり、髪の毛一本(髭でも可)で何でも作れる機械を作る等、その実力はひろしも認める程である。 弱しによると本棚を作ろうとして人工衛星を作った事もある。頭いいとかいう次元ではなく「なんだアイツ」の次元であるという。
喧嘩はとおるに負ける程弱いが身体能力は高く、ひろしがデッケ山の一周目を登ってた時にウサギ飛びで2周目を登っていた。それ以外にも逆立ちで走ったり、デッケ山から落ちた時に空中でジャンプして戻って来るといったことをしていた。凄すぎる。さらに、傷が直ぐ治るほどの回復力を持ち、94話でドMだったという事が発覚。もはや恐怖である。
基本何でも食べる。たんこぶや井戸やほうき、おばけや女の子を食べたことがあるらしい。一億円はまだ食べたことがない。「好き嫌いはいかんよ」との事だがコイツの場合はそういう次元ではない。
2次創作で「闇京助」という角とヘアバンドが黒くなり白目が黒く瞳は赤になっているキャラがよく描かれるがいつ発祥されたのかは不明。
「京介」とよく誤記されている。正しくは「京助」である。
過去にその発明の才能を買われ一気に金持ちとなるが、その発明が破壊活動に活用された為に心を閉ざしかけていた。
そんなある日、練さんという人物と出会うが、その破壊活動を起こした男・ニロと共に心中してしまう。
ヘアバンドは練さんの形見。彼の「いつか大切な友達が出来る、どんな事があっても笑い続けろ」という遺言が京助を常にヘラヘラとしたウザい性格にした。
なお、ニロの破壊活動によって本来その場所では有り得ない動物が各地に現れるようになり、互いに気付いていないが弱しの親友の死のきっかけである。
また、父親によって後に渡辺家が建つ場所にタイムマシンが埋められており、これがひろし達との出会いのきっかけでもある。
ちなみに、大好物はうまい棒の袋の裏の粉と松屋のカルビ焼肉定食。

サブキャラ

神さん

顔に大きく「神」と書かれたキャラ。万引きで初登場。
話し方はカタコト。ただ、ひろしの日記番外(3)後編等でぶちギレた時は普通に話しておりこの時はひろし達も恐るほど強い。
万引きではスーパー伊藤で働いていた。(AKBの歌を歌おうとしたら捕まったことがある。)
実はひろしの日記9話で一瞬だけだが登場した。

イグラム

店長(万引き小僧)の幼なじみ。店長(万引き小僧)と似たような格好をしている。「E」と書いてある帽子を被っており、帽子の色は店長に比べるとやや薄い。厳密な初登場は万引き58話。万引き最終回編では町を爆破する計画を進めていた(最終的に万引き小僧達に阻止された)。ひろしの日記ではラーメン屋として登場。
最終回編は3DS版で復刻版が挙げられ、ひろ日記登場も復刻版完結後なので問題なく楽しめる。
なんだかんだで店長との関係は修復された様子。

バスター

イグラムが作ったロボット。基本命令されたことはなんでも出来る。
今はデッケ山のイグラムの基地で暮らしている。

イロレンジャー

ひろしが大好きな戦隊ヒーロー
スーパー伊東でのショーでゲルドン団員一人と戦い苦戦するが、レッドがウソをついて余所見をさせ集団リンチをし、勝利する。ヒーローのやっていいやり方じゃない。
その後セリフのみで登場したり、写真を隕石に焼き払われたりと意外と扱いは悪い。

スーパー伊東 店長

スーパー伊東の店長。
ヒーローショー系のものを見るとイライラするらしく、イロレンジャーのショーをみてマジレスしていた。イロレンジャーを面白がっていたひろしに驚いてた。

スーパー伊東 店員

スーパー伊東の店員。イロレンジャーに苛立っていた店長を説得した。

ゲルドン団員

悪の組織「ゲルドン団」の戦闘員。
イロレンジャーショーでイロレンジャーを圧倒するが、イロレッドのウソにだまされ集団リンチで倒される。
ゲルダム団が名前の由来なのかは不明。かなりマイナーなのでそれはないと思われる。

不良

金髪のモヒカンに赤いサングラスをかけタバコを吸っていて頬の辺りに傷があるボス、黒いリーゼントをした部下の二人組。
スーパー伊東でとおるを絡んでいたが、弱しの「UFOキャッチャーで、俺が勝ったらとおるを返してもらう、お前勝ったらとおるを好きなようにしていい」という勝負の申し込みを部下が勝手に受けた。
1個も取れない弱しに対し、ボスは187個も取り圧勝。しかしその後ひろしにボコボコにされた。
なお、ボスはコンビーニと弱しの過去で再登場した。弱しの過去編では逮捕された筈だが、リーダーではなかったので釈放されたのだろうか。

西藤強し

弱しの兄。顔が赤く、弱しと性格が似ている部分もある。 ひろしによれば「僕の唾液より赤い」
釣りが得意で、ひろし達と対決した時はバケツからはみ出る程大きい魚を釣った。
単発シリーズでは5年ぶりに再登場してちょっとキャラがブレた。

弱しの母

ラーメンコンテストの受付係として登場。顔が青いのは弱しと同じだが黒いリボンをつけているのが特徴。
弱しよりは強い。
トランプ作りや京助のクレーンゲーム作りの為にヌード写真を撮る行動派。
登録者50万人越えのYouTuberだがBANされている。

弱しの父

こちらは赤い。便宜上こちらに記載するが、単発シリーズが初出。
弱しの母自作のトランプで初登場。

よんこ

弱しの家のペット。便宜上(ry
こちらもトランプで初登場。

暑し

弱しの過去編に登場。故人。
強しよりも真っ赤な棒人間で、くじらの描かれた帽子を被っている。
砂遊びは彼の直伝。

西村玉子

京助の母親。彼の過去編にのみ登場。ツノの下に白いリボンをつけている。
友人関係で悩んでいた京助の理解者。

西村次太郎

京助の父親。ツノが3本ある。
京助の物作りにはあまり良い感情を抱いていないが…?

高塚練磨

京助の過去編に登場。故人。通称練さん。
京助のヘアバンドは彼の形見。寝癖が凄い為ヘアバンドには穴が空いており、偶然にも京助にはピッタリだった。
凄い鍛えている為水中ではかなり息が持ったりする。

木下二郎

京助の過去編に登場した、練磨の幼馴染み。故人。通称ニロ。
ノーベル賞受賞の発明家を自称して京助の発明を買い、故郷の村を滅ぼした。
金色の首輪をしているが、これはりさという彼に想いを寄せていた女の子の形見。二郎は長い髪が原因のイジメを受けていた。

その他モブ

まさる

2話に登場した子供。トゲみたいなのが生えている。
頭がすべってとおるに衝突した。とおるはそのせいでギックリ腰になった。2話以降もちらほら登場している。

医者

4話のみ登場。眼鏡をかけておりヒゲが生えている。
とおるがギックリ腰になったときに手術を行った。(とおるに「顔近くね?w」と心の中で言われる。)

伝説の焼きそば屋&幻のたこ焼き屋

焼きそば屋は8話でたこ焼き屋は9話で登場。
どちらもプラカードを持っており、焼きそば屋は「伝説」、たこ焼き屋は「幻」と書いてある。

登山客

デッケ山の登山客。
ひろし・弱し・店長にボコボコにされ、とおるにトドメを刺されかけるも外れ、とおるだけに反撃した。

弱しのクラスメイトの少女

白髪(?)が特徴の弱しのクラスメイト。弱しが起こした事故のせいで全身が焼けてしまった。
恐らく死亡したと思われる。

ニシキ

弱しの元友人。「弱しといると皆から嫌われる」と言う理由で弱しから離れていった。


エピソード一覧

いくつかの回で一つのエピソードを作っているが、何回で終わるかはマチマチ。

始まり編(1〜6)

ひろしととおるがどの様な人物かを描いた作品。
口臭電話。

海編(7〜11、番外その1)

弱し初登場。96話を見た後だと笑えないエピソード。
連動した番外編ではとおるとひろしが盗まれた伝説の焼きそばと幻のたこ焼きの行方を追う。
その犯人は…

スーパー伊藤編(12〜18)

スーパー伊藤へ買い出しに行く話。
とおるが不良に絡まれ、弱しとひろしはクレーンゲーム対決に挑む。
イロレンジャー初登場。

ところで、買い出しは?

コンビーニ編(19〜31)

万引き小僧が店長として復活。赤ひろし初登場。
ブレイクダンスの宣伝もある。
弱しの出番はない。

過去へタイムスリップ編(32〜46)

京助初登場、神さん復活。
京助の父が過去に埋めたタイムマシンを掘り出したひろしのせいでメインメンバーが過去に飛ばされて…
これに登場したタイムマシンは海編の番外に出た物と同一のものなのかは不明。
そもそも海編の番外自体時系列が不明。
ひろしのセリフから番外ではタイムマシンを知っていたが、このエピソードでは知らなかったことと、「まだ気になってたんだ」というセリフから察するに海編→上2本→これ→海編番外、といったところだろうか。(投稿順は海編→番外→上2本→これ)

釣り編(47〜56)

強し初登場。
ひろしのバカっぷりが発揮される。

山登り編(57〜90、番外その2)

イグラム、バスター(イグラムの作ったロボット)復活、弱し母初登場。
デッケ山へ向かう事にした一行だが…?
本編と連動して万引き最終回編が3DS復刻版で投稿されている。
76話で作者の都合で一旦最終回を挟んで打ち切られている。
連動した番外では本編で見られなかったイグラムの秘密基地の2階を見に行くのだが…?

とおるの嫌いな物編(91〜93)

とおるの嫌いな物。それはお化けだった。
というわけでビビらせる為にひろし達はあるアイテムを使う。

京助の本性編(94・95)

97話を見た後だと笑えないエピソード。
京助はドMだった!
その本性が分かり簡単に殴れなくなったひろしであったが…?

弱しの過去編(96)

学校で起こした事件のせいで敬遠されるようになり、心を閉ざした弱し。
ある日立ち寄った海岸で出会った「暑し」という赤い棒人間と出会い、その心の穴は埋まっていくが…?

雪合戦編(番外三編)

雪合戦をすることになったひろし達。
しかしひろしが不正を働き…

京助の過去編(97)

ある日科学者を名乗る男に発明品を買ってもらった京助。
しかし、その目的は破壊活動だった。
それ以来自身の作品が危険であることを承知の上で発明を続けていた京助だったが、練さんという男と出会い…
タイムスリップ編、及び弱しの過去編の秘密も隠されている。



なお、98話はひろし・とおるの過去編であることがひろ日記ラジオにて店長の口から明かされている。

関連作品

万引き

ドルン氏がDSi時代に投稿していたシリーズ。
前述の紹介文にあるように一部キャラクターが引き続き登場していることなどから本シリーズの源流ともいわれている。

笑い続けろ24時

ドルン氏がYouTubeにて投稿しているシリーズ。登場キャラクターが共通している。

以上2作のストーリーについてはドルン(うごメモ)の記事を参照。

ボウ原さん家

アルタイル20氏が3DS時代末期及びYouTubeにて投稿しているシリーズ。
登場キャラクターの役回り・関係、内容の構成などを踏襲しており、本シリーズをリスペクトしたような造りとなっている。

関連記事

親記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ひろしの日記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122745

コメント