ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

誰でも一度は描いたことはあるであろう、

「頭が」で「体が棒線()」で出来た非常にシンプルなキャラクター。

いわば創造の原点。


主な住みかはテスト用紙の裏メモ帳の片隅など。誰とでも仲良くなれる気さくなナイスガイである。結構アクティブ(『小小作品』など)。


小小作品(系列三/シリーズNo.3)


海外でも、『小小系列』(『小小作品』)や『RHG』、『Dick Figures』と言った作品があるように、少なからぬファンがいて、

英語ではstickman中国語では火柴人(フオチャイレン)と呼ばれている。


オリジナルキャラクターとしての棒人間

非常にシンプルに描ける棒人間にあえて手を込めて、かっこよく描く絵師も居る。

オリ棒リアル棒人間も参照。

無題まとめ7

無題シェル&フィル自動販売機


人体像への応用

棒人間をベースにして人物を描くという手法も存在する。

比較的簡単な手法である為に素人でも取っ掛かり易く、この手法を用いると、少なくとも身体のバランスが極端におかしくなったりU字管関節になったりすることが改善される。


関連タグ

落書き  リアル棒人間

非常口 トイレマーク

一頭身かびるんるんのように、手足だけが棒のことがある。



棒人間キャラクター


棒人間がメインキャラクターのアニメ

  • Dick Figures』 - 棒人間のレッドとブルーたちによって展開されるギャグアニメで、『Happy Tree Friends』で有名なMondo Media(モンドメディア)制作のフラッシュアニメ
  • 小小系列』(『小小作品』とも言う) - 極端に簡略化された棒人間同士でカンフーアクションを繰り広げる中国で製作されたフラッシュアニメの作品群(「系列」は中国語で「シリーズ」の意味)。棒人間同士を戦わせる海外のFlashである下記の『RHG』に似ている。
  • RHG』 - 各人がオリジナル設定の棒人間(オリボウ)を作って公式サイトに投稿し、他の製作者が作った棒人間と戦わせるFlashが制作される。
  • ひろしの日記』 - ドルン(うごメモ)氏制作のうごくメモ帳にて投稿されていたギャグ漫画。現在はYouTubeで投稿されている。
  • ボウ原さん家』 - アルタイル20氏制作のうごくメモ帳にて投稿されていたギャグ漫画。現在はYouTubeで投稿されている。
  • リアルゲーム』 - ソル氏制作のうごくメモ帳にて投稿されていたギャグ漫画。現在はYouTubeで投稿されている。
  • HenryStickmin』 - PuffBallsUnited氏によるフリーゲーム。
  • Animator vs. Animation』 - Alan Becker氏によるショートアニメーションシリーズ。現在はYouTubeで投稿されている。

関連記事

親記事

ぼう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6021484

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました