ピクシブ百科事典

へんき~んタマイダー

へんきーんたまいだー

「へんちんポコイダー」に続く下ネタ系正義の味方を描いた永井豪の漫画及び作中に登場する主人公のヒーロー。※←の画像で奥側にいるほうがタマイダー。手前はポコイダー。

概要

伝説の下ネタヒーロー「へんちんポコイダー」に続き、1978年から1979年にかけて小学館の「マンガくん」に手連載された漫画。全16話。

ポコイダーが”おちんちんを回転させる”事でへんちんするのに対して、タマイダーはその名の通りきんたまをアメリカンクラッカーの様に動かしへんきんする。

外観は、赤と黒を基調にし、額にはどうみてもおちんちんな突起がついている。またポコイダーと異なり、タマイダーは瞳が描かれている。

タマイダーにへんきんするのは、万町小学校に通う弱虫小学生「変金太(へん きんた)」で、インキンの教師や、悶部省から派遣される悶もん教師たちと戦う。

なお、美人教師の素園マリ先生、ミス万町小の美少女の伊東よがり、金太の友達の中尾メーコは、永井豪作品の例にもれず毎回脱がされてひどい目にあう。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「へんき~んタマイダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7277

コメント