ピクシブ百科事典

まよいヘル

まよいへる

まよいヘルとは、西尾維新の小説「終物語」のサブタイトルである。
目次[非表示]

概要

まよいヘル」とは、西尾維新小説、『終物語』の下巻のサブタイトルである。話数表記は第五話。

あらすじ

大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦

そこで彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と最終決戦の号砲だった―――

臥煙伊豆湖に殺されたはずの暦が気が付くと、そこにはなぜか八九寺真宵がいた。

なぜ八九寺が?と疑問に思う暦に真宵は衝撃の事実を告げる。なんとそこは―――”地獄”だったのだ。

登場人物

阿良々木暦
八九寺真宵
手折正弦

コメント