ピクシブ百科事典

みさかのん

みさかのん

みさかのんとは、BanG Dream!(バンドリ!)に登場する奥沢美咲と松原花音のカップリングである。みさかのとも呼ばれている。
目次[非表示]
  • 1 概要
  • 1.1 バンドにおけるみさかのん
  • 1.1.1 ミッシェルの正体
  • 1.1.2 ハロハピの楽曲作り
  • 1.2 校内で目撃されるみさかのん
  • 1.3 放課後のみさかのん
  • 2 バンドストーリー第1章「世界を笑顔に!ハロハピ結成!」
  • 3 バンドストーリー第2章「キミがいなくちゃっ!」
  • 4 メインストーリーシーズン2
  • 5 イベントストーリー
  • 5.1 怪盗ハロハッピーと豪華客船(2017年4月13日~)
  • 5.2 うさぎ逃走中!(2017年5月23日~)
  • 5.3 ハロー、マイハッピーワールド(2017年9月12日~)
  • 5.4 いつか、届け、アタシの詩(2017年11月21日~)
  • 5.5 リトルスマイルステップ!(2017年12月20日~)
  • 5.6 ドタバタハッピーバレンタイン(2018年1月31日~)
  • 5.7 はじめての!?ウィンタースポーツ(2018年2月10日~)
  • 5.8 儚さ薫るホワイトデーミュージカル(2018年2月28日~)
  • 5.9 Backstage Pass(2018年3月10日~)
  • 5.10 新緑のラルゴ(2018年3月31日~)
  • 5.11 正々堂々!ふわキャラ選手権(2018年4月20日~)
  • 5.12 Beatin’ in the Rain(2018年5月31日~)
  • 5.13 ハロハピ大冒険!~笑顔の眠る宝島~(2018年7月10日~)
  • 5.14 夢に続くプロムナード(2018年9月20日~)
  • 5.15 ジブン、アイディアル(2019年1月11日~)
  • 5.16 儚き夜の夢(2019年1月21日~)
  • 5.17 チョコレートは誰のため?(2019年1月31日~)
  • 5.18 The Whitest Day(2019年2月28日~)
  • 5.19 Backstage Pass2(2019年3月16日~)
  • 5.20 降るFULL BLOOMING!(2019年3月31日~)
  • 5.21 花咲く学び舎、その片隅で(2019年4月20日~)
  • 5.22 出勤!笑顔パトロール隊!!(2019年5月21日~)
  • 6 その他のカードエピソード
  • 7 ラウンジ会話
  • 8 エリア会話
  • 9 期間限定のエリア会話
  • 9.1 ハロウィン(2017)
  • 9.2 クリスマス(2017)
  • 9.3 エイプリルフール(2018)
  • 9.4 ハロウィン(2018)
  • 9.5 ハロウィン(2018)
  • 9.6 クリスマス(2018)
  • 9.7 お正月(2019)
  • 10 期間限定演出など
  • 10.1 花音バースデー(2018)
  • 10.2 美咲バースデー(2018)
  • 10.3 花音バースデー(2019)
  • 10.4 第2回ガールズバンド総選挙「学生バイト応援ソングを作ろう」
  • 10.5 自己紹介(シーズン2)
  • 10.6 ガルパAR「No22 美咲×花音」(2018年1月)
  • 10.7 ガルパAR「ハロハピ①」「ハロハピ②」(2019年6月)
  • 11 その他
  • 11.1 「ちょこっと!ガルパライフ」
  • 11.2 「もっと!ガルパライフ」
  • 11.3 「ガルパ ピコ」
  • 12 関連タグ
  • 概要

    スマホアプリ『BanG Dream!(バンドリ)ガールズバンドパーティ!』に登場する、奥沢美咲松原花音のカップリング。

    バンドストーリー序盤から続く下記の関係や、初期のイベント「怪盗ハロハッピーと豪華客船」 での出来事により長い歴史を持ち、公式からの安定した供給がある。

    みさかのん


    真面目で優しく一見しっかり者だが内面に子供っぽさが残る年下の美咲と、内気でマイペースでちょっとドジだが実はとても芯が強い年上の花音の組み合わせ。
    また、口ではなまけたがるものの決して相手を否定せず面倒見もいい美咲と、実は甘えん坊な花音という組み合わせでもある。
    ささいなきっかけで知り合い、同じものに憧れ、同じ秘密を持ち、同じ時間を過ごし、同じ趣味を楽しみながら互いを意識しあっていく展開はまさに王道。「助けたい存在(1年目)」から「支え合う存在(2年目)」に、そして「ともに歩む存在(3年目)」へと、それぞれの精神的成熟と並行してめまぐるしく進展していく点が、多くのユーザーを惹きつけている魅力。

    ともに「ハロー、ハッピーワールド(以下ハロハピ)」のメンバー。
    美咲、花音それぞれにスポットをあてたイベントストーリーが複数公開され、ハロハピ加入当初からの成長がしっかりと描かれてきた。美咲の心境の変化がよく話題にあがるが、花音もこころの影響を強く受け、誰かを笑顔にする勇気を発揮できるようになってきている。それぞれの成長についてはプロフィールと自己紹介を参照されたい。

    その経緯によりハンド加入当初から距離が近かった二人だが、イベント「リトルマイステップ!」の前後から急激に関係が進展していることは、後述のイベントストーリーとエピソードや、供給量の増加から明らかである。その後も、バンドストーリー、イベントストーリーにおける成長や周囲の変化のなかで様々なことにチャレンジしながら、目に見えて親密さが進展していることがわかりやすいところも、このカップリングの魅力であるといえる。

    バンドにおけるみさかのん

    二人とも、弦巻こころの思いつきに巻き込まれバンドに加入した。自分に自信が持てなかった花音と、目立つことを嫌いほどほどに暮らしたい美咲は、ともにこころの姿に惹きつけられ、こころに手を引かれる形で新しい世界と出会い成長、ハロハピをかけがえのない存在としていく。
    美咲と花音はともにハロハピと仲間たちを大切な存在としており、ハロハピで過ごす時間と仲間との絆はそれぞれにとって他に代えがたいものとなっている。
    ハロハピを大好きな二人の気持ちと互いへの想いとは別次元の感情として両立し、違和感なく描かれている点も尊いポイントといえるだろう。

    自称常識人美咲にとって、ハロハピで常識的な話が通じる相手は花音だけであり、花音にとっても美咲はもっとも話が通じる相手である。
    二人はトラブルメーカーの三人に対して一歩後ろから軌道修正(ツッコミ)を入れることが多い。つねに突っ走り楽しく騒がしい三人に、「やれやれ…」「あ、あはは…」とついていく美咲と花音はまるで、子供を見守る夫婦のよう。

    バンドにおいて二人は、ともに背中を押しあう関係。
    こころに憧れる二人ではあるが、その一見無軌道な行動に驚き、迷い、困惑することも多いが、なかなか踏み出せない、難しいという気持ちを理解し、応援し、寄り添い合うことができる存在。そして、互いの成長を喜び、それを本人に素直に伝えるほどの信頼関係で結ばれている。また、ともに「かなわない」とこころと自分たちの大きな違いを感じることも多いが、自分たちのやり方で誰かを笑顔にできるようになってきており、その事実を伝えあい、喜びあえる関係。

    美咲は花音がいなければバンドを続けていなかったと度々言及しており、花音も一人では3人に対応できていないことが多く、互いにどちらが欠けても今の自分とハロハピはありえないという大きな存在であり、相互の依存度も高め。
    また、美咲は花音がときおり見せる危なっかしさを心配し、花音は美咲が悩みや問題を抱え込んで頑張りすぎるのを心配して、常に互いのことをよく見ている。本当によく見ている。

    ミッシェルの正体

    ʕ•ᴥ•ʔ(:]ミ


    二人の関係でもっとも重要なのは、ミッシェル=美咲であることをハロハピで花音しか知らないという点。つまり、二人は秘密を共有する関係である。ちなみに、伝わらないだけで隠しているわけではない(無用な混乱を避けるために隠れることは多い)。

    花音だけはミッシェルに向かって「美咲ちゃん」と呼ぶことも多く、水分補給などミッシェルのサポートをしている。美咲は裏方とミッシェルの一人二役の苦労を花音に漏らし、花音に助けを求めることもある。
    ライブの申込みなどを手伝おうと美咲に花音がついてくることもあり、必然的に2人きりになる時間はとても多い。
    最近では、ミッシェルは用事があってハロハピの集まりに参加できないという連絡を花音からすることも増えている(花音がどうやってミッシェルと連絡を取っているのかについては誰も疑問を持っていない)。
    美咲としては、花音に自分の仕事を一緒にする能力を求めているわけではなく、自分が大変な時も側にいてくれるから安心する「癒し」枠として花音を位置付けているようだ。
    なお、花音はミッシェルをマスコットキャラとしても大好き。

    ハロハピの楽曲作り

    当初、美咲が作曲、花音が作詞を分担していたが、その後こころの言葉から詞を起こす作業の難解さに花音が音を上げた場面もあり、現在はサポートしあって二人で作詞を行なっている。
    その方法は、こころの口から出たフレーズを書き取り、作曲はピアノで音にし、作詞はこころのイメージを二人で言語化するといったもの。突然こころがそれっぽいことを思いつく場面がほとんどであり、慌ててペンを取り出して対応する二人の姿がラウンジ等で描かれている。
    また、ハロハピの楽曲作りの様子がわかるイベントでは、こころが最終的に美咲にすべてまかせるという作業風景が描かれている。この際花音は不在だったが、普段は二人で頭を抱えつつ、こころのイメージを想像して微笑みつつ曲の形に落とし込んでいく作業をしている姿が容易に想像できる。

    上記のような困難な作業を二人が続けることができているのは、やはり楽しいからだろう。ハロハピでいろいろなことを体験してこころの世界観のイメージはすこしずつ掴めているだろうし、二人がハロハピを大切に想っていることや、バンドのみんながハロハピを大好きな気持ちを尊重していることが数々の名曲を生み出す原動力のひとつになっていることは間違いない。

    ハロハピの楽曲には劇中で作詞・作曲されるものもあるが、なかにはイベントにライブ等が直接登場せず、イベントのイメージソングとして位置づけられているものもある。こうした楽曲について一般的に考えれば、イベントでの思い出をその後に曲にしたと考えるのが自然だろう。だとすると、思い出を語り合いながら詞のイメージを築いていく二人のほほえましい作業風景が目に浮かぶ。

    校内で目撃されるみさかのん

    花咲川女子学園では1年違いの先輩後輩。
    自分のことは名前で呼んでいいという花音に対し、美咲は年上への礼儀として「さん」づけで呼んでいるが、日常会話は半分以上ためぐちである。他の先輩へは敬語で話す(薫以外)ので、花音との距離の近さがうかがえる。

    学年違いだが、学校でも一緒に昼食を取ったり、一緒に下校したりしている。学校のみならず、ハロハピの作戦会議でも帰ろうとする美咲に花音がついていって二人で帰る描写は多い。進級後は、早朝に二人で中庭のひまわりを育成している。

    花音は体育の授業の前に憂鬱になっていたり、課題が終わらなかったりと、勉強も運動もあまり好きではないようなニュアンスの発言がある。一方で、美咲はご存知のように器用でなんでも卒なくこなすが、年下なので勉強を十分に教えられるわけではない。無限の可能性がある設定だ。

    いわゆる平凡な学生生活を送る2人は、花咲川女子学園の日常を描くイベントにセットで登場することが多い。ハロハピでの予測不能な活動とは対照的な平穏な学校生活の中で仲良く過ごしている姿には抜群の安定感があり、学年の異なるキャラクターたちをつなぐ橋渡しのひとつになっている。

    放課後のみさかのん

    プライベートでも非常に仲が良く、頻繁に二人で出かけたり一緒に遊んでいると思われる描写が多い。一方で、二人だけ登場しない場面も多く、そういうことである(意味深)。実際に、こころから美咲は花音ととても仲がいいと言われている。SNSかメールかは不明だが、頻繁に連絡を取り合っている様子を思わせる描写も多い。
    美咲の趣味である羊毛フェルトを花音が始めたり、花音が大好きなカフェについて美咲が興味を持ったりと、趣味も共通してきている。そのため、羊毛フェルトの買い物に誘ったり、気になるカフェに誘ったり、デートの誘い方は様々。

    花音は同学年の千聖や彩、燐子、紗夜に加えて行きつけの羽沢珈琲店のつぐみ、イヴたちと、美咲はこころやはぐみ、有咲たちとというように、それぞれ仲の良い友達と一緒にいることも多いが、だからこそ友達とは違った二人の仲の良さが際立つ。

    身長は花音のほうが 1cm 低い。
    長らく花音は一人っ子だと考えられていたが、実は弟がいることが判明し、二人ともお姉ちゃんであるという共通点が増えた。妹を最優先にする美咲のシスコンぶりも花音には理解できる気持ちなのだろう。

    バンドストーリー第1章「世界を笑顔に!ハロハピ結成!」

    こころのバンドに加入させられた美咲(ミッシェル)と花音。
    アルバイトを辞退した美咲は、こころにバンドも続けないことを伝えようとしてバンド一行が集まる弦巻家まで一行についていく。そこで黒服から美咲=ミッシェルの中の人であることが一行に明かされるが、ミッシェル=クマと認識しているこころ達三人には話が通じない。しかしそこに、
    「……!いた!1人だけ、話が通じそうな子!!」。
    美咲と花音の出会いである。

    バンドの作戦会議で、3人のはちゃめちゃぶりを目の当たりにした美咲は、改めてバンドを抜ける決意をする。花音も巻き込まれて参加している経緯を確認した美咲は、「この子も助ける」と花音を連れてバンドを抜けることを考えるが、すでにこころとの活動に楽しさと自身の変化を感じ、こころたちをもっと見てみたいという花音は、一緒に帰ろうという美咲に想定外の返事をした。
    「私たちと一緒に、バンドをやってもらえないんですか?」
    「うっ」
    「え……?」
    (この子に言われると、見捨てていくみたいで、すっごい断りづらい…)
    こうして美咲もバンドに居続けることになった。

    初めてライブハウスを訪れた際、美咲と花音は二人で待ち合わせをしている。
    はやくも花音の迷子を美咲が心配しており、「また迷った?」「いつも待ち合わせを」というやりとりからすでに何度か会っていることが推測される。
    また、ようやく美咲は花音が上級生であることを認識し、常識人として先輩に接したいという美咲により「花音さん」「美咲ちゃん」と呼び合うようになった。
    美咲は、花音がいなければバンドに入ることはなかった(花音がいたからバンドに残った)、話が通じるのは花音だけなので助かっている、二人で助け合って乗り切ろうと言っており、この段階で美咲がバンドにいる理由はすべて花音がいるからであった。

    初めてのセッションでは、みんなの様子をよく見ていた美咲はその出来におどろいている。特に花音がドラムを叩けていることになにより感心しており、当初からの自信がなくおどおどしていた花音のイメージに変化が起きたようだ。
    演奏後、「わ、私ちゃんと叩けてた?」という花音が不安そうに問いかけると、美咲は、演奏で「みんなをしっかり支えていた」「ドラム辞めなくて、良かったんじゃない」と花音に伝えた。それを聞いた花音が一瞬見せる涙目と、喜びにあふれる返事からは、こころに手を引かれて前に進み始めようとしたものの、進む道も進み方もがわからないという不安や、やめることにしたものの本当はドラムが大好きな気持ちが溢れているようで、美咲のこの言葉が花音の背中を押した。

    初ライブでは、美咲も花音も、こころの言うように自分たちも誰か笑顔にできることを実感し、ライブを終えたらバンドを抜けようと考えていた美咲は、結局継続することになる。
    花音はすっかりハロハピの掛け声を気に入ったようで、千聖に披露して引かれたりしている。この際、花音は千聖に、ミッシェル=美咲であることをわかってもらえない美咲のことと、それをみるとつい笑ってしまうことを楽しそうに語っている。

    あかりを勇気づけるために病院に突撃するとこころたちが言いだした場面では、気苦労のたえない美咲を目にした花音が「なにが出来るかわからないけど、頑張って、手伝うからっ」と言いはじめる。
    美咲も「二人でならちょっと、いける気がしてきた…」と答え、花音がいてくれることで、一人では手に負えないことにも挑戦できる安心感を覚えている。その後もやるせない声を上げる美咲に対し、花音は水を差しだす(ミッシェルのまま飲めるようにストローもさしてくれる)などこのあたりから、美咲を献身的に支えたい花音と、花音がいると安心する美咲の構図がはじまっていく。
    一方美咲は、こころの気持ちを歌詞にできたか不安な花音に「あたしはあれ、いいと思う」と伝え、大事なのは気持ちだと、ここでも内気で自信がないながらも頑張る花音の背中を押している。
    演奏や歌詞作りなどそれまでの自分の殻を破り始めた花音にとって、背中を押してくれた美咲は、1コマ漫画で描かれているように正体を隠した秘密のヒーローであり、それを支えたいと思うようになったようだ。

    バンドストーリー第2章「キミがいなくちゃっ!」

    遊園地を笑顔にする準備において、美咲は裏方作業とミッシェルに求められるパフォーマンスの増大に限界を感じ、ついに自分がミッシェルであることを宣言したがこころたちには伝わらなかった。美咲が大変そうだということは理解した四人は、美咲が担っていたバンドの仕事を分担して美咲の負担を減らそうとするが、それとミッシェルの人気が引き金となり、自分がいなくてもハロハピは問題ないのではと、美咲は自分の存在理由に疑問を持つようになっていく。

    美咲と花音は会議のあと二人で帰ることが多いようで、二人で話すなかで花音は美咲の異変にいち早く気づいた。
    美咲がハロハピに自分の居場所を見失って出て行ってしまったあと、花音は美咲がなにかに悩んでいたことを三人に伝えた。
    このとき花音は、なにかあれば相談すると言っていた美咲が何も話さないということは、自分でなんとか答えを見つけようとあがいているからだと考えている。悩みを打ち明けさせみんなで解決しようというはぐみやこころに、今美咲にとって必要なのはそうではないと諭した。
    かつて後ろ向きだった自分がこころからたくさんの勇気をもらって前に進めたという経験をもつ花音は、自分の時と同じように、常に笑顔で前向きな「お日様」であるこころから勇気をもらうことで、美咲も前にすすむことができると考えた。そのために、美咲の悩みがわからずもやもやを抱えるこころには「わかろうとしなくていい」と告げ、笑顔は笑顔から広がっていくことをこころに思い出させ、これがきっかけで美咲はハロハピに復帰した。

    上記の、花音が行なった「自分にできること」については、星3「みんなの力を合わせて 松原花音」エピソード「背中を押してあげる」で補完されている。花音は悩むことや苦手なことがどんなことかをよく知っているからみんなの背中を押すことができることが間接的に描かれている。こころを笑顔にし、美咲に勇気を与えることは花音だからできることだった。「もやっとした空気」を笑顔で解決し「みんな誰かのヒーロー」になれるということを、花音のやり方で実現したのである。成長した花音の強さに衝撃をうけたプレイヤーも多い。
    こころがこれまでも美咲は誰かを笑顔にしてきたことを伝えたことによって、美咲は前を向くことができたのであるが、当然ハロハピのメンバーは皆美咲のことを見てきており、花音はミッシェルの正体を知っている分特にその点についての理解は深く、日頃からそれを伝えてきていた。一方で、自分がこころの笑顔に照らされ、前を向いた経験もある花音だからこそ、美咲の悩みを克服するためになにができるのかを探し、ハロハピを救うことができた。ハロハピと美咲への愛の深さに感動を覚える。

    イベントの当日、目玉のパレードの時間になると、ハロハピにはもうひとりメンバーがいることを知って欲しいというみんなの願いで作られた衣装を美咲は着せられた。
    花音からは「美咲ちゃんとしてステージに立つのもいいと思う」「一緒にステージに立ちたい」と、ずっとミッシェル=美咲であることを知って欲しいと願っていた花音の本心が吐露されたが、美咲は、美咲が大好きなハロハピにとってミッシェルは欠かせないメンバーであり、ステージに立つのはミッシェルの役目で、ミッシェルと自分の気持ちは同じだと言って、ミッシェルがパレードに立った。
     
    美咲が見つけた答えは、パレード前後の美咲と花音の会話と星3「自分は自分 瀬田薫」エピソード「ステージにかける想い」で述べられている。美咲は、美咲自身もちゃんと誰かを笑顔にできている、また、ミッシェルも自分であり、ミッシェルとして最高のパフォーマンスをして誰かを笑顔にすることができればそれは自分として胸を張れる、という答えにたどり着いた。
    そして、ミッシェルがハロハピのみんなを含めた多くの人たちを笑顔にできているのなら、それを続けることが自分にとって大切なことだと語っている。
    美咲のことをみんなにわかってほしい花音の気持ちに美咲はお礼と謝罪をするが、花音は美咲が出した答えを受け入れた。美咲の大好きなハロハピには、ミッシェルがいるとともに、ずっと美咲を側で支えていた花音も当然含まれているのであり、今までの在り方を選んだことは花音にも伝わっている。
    花音が控室で眠るミッシェルにかけた「お疲れ様」という言葉には、葛藤を乗り越えた美咲への愛情がこもっているよう。

    メインストーリーシーズン2

    進級後が描かれているシーズン2においても、二人の関係は変わらない。
    花音、千聖、彩のお昼ご飯にこころ達が乱入して騒がしくなった際には、二人で千聖と彩に謝罪しているなど、いつもの光景が観測されている。

    イベントストーリー

    シーズン1

    怪盗ハロハッピーと豪華客船(2017年4月13日~)

    みさかのん


    豪華客船に乗りこんだ場面で、船から見える夜景を目にして「ねえ、美咲ちゃんも見て!」と美咲を誘い、「こんな素敵な船から夜景を見られるなんて…えへへ♪」という花音。ディナーについても「ドキドキしちゃうね、美咲ちゃん」と花音は嬉しそうに美咲に声をかける。後述するように、豪華客船の船内や夜景は相当思い出に残ったようだ。

    拐われた花音を賭けた怪盗ハロハッピーとの勝負では事件が起こる。それは、勝負の内容が美咲から花音に愛の告白をする演技を解答が気に入れば、囚われの花音を解放するというものだったからだ。動揺する美咲に、花音は落ち着いて「頑張って」と言い、花音からも期待されたことで美咲は恥ずかしさに耐えて告白することにしたと回想している。

    「あなたを常に想ってます・・・・。とにかく、好きです」

    いきなり告白と言われてもわからない美咲の告白は棒読みだったが、花音の心には十分響いたらしい。星3「愛の告白 奥沢美咲」メモリアルエピソード「とんだハプニング」で美咲は船での出来事を振り返っているが、美咲的には最後の告白はいい感じだったという。また、これまで告白した経験はないというので、演技とはいえ花音が初めての相手ということになる。流れで連れていかれ、流れで巻き込まれた誘拐ごっこで花音を助けるために美咲がここまでしたことに、特別な気持ちを感じずにはいられない。

    一方、星2「囚われのお姫様 松原花音」エピソード「豪華客船気分をもう一度」では、花音はすっかり豪華客船に夢中になっている様子が描かれている(星2「かわいい探偵さん 北沢はぐみ」エピソードにも豪華客船に夢中な花音が登場)。夜景が良かったことを嬉しそうに話し、花音から告白のことを話題にあげている。恥ずかしいけど自分を取り戻すために言ってくれた気持ちが嬉しかったと、頬を赤らめていう花音に、美咲も赤面するというやりとりがあり、必見。
    そして、豪華客船の本を教室で2人で楽しく読んだ。ラブラブです。

    また、星4「船上の名探偵 弦巻こころ」エピソード「探偵さんをスカウトよ!」においては、豪華客船から数日後に私服で二人仲良くお出かけしているところでこころに遭遇している。

    うさぎ逃走中!(2017年5月23日~)

    たえ、有咲、千聖がうさぎを探してテニスコートを訪れた際、花音がなぜかテニスコートにいた。
    どうしてテニスコートにいるのという千聖の問いに、テニス部が片付け忘れたボールを拾っていたという。後のイベント「新緑のラルゴ」で花音は校内の弓道場に行く際に道に迷っているので、迷っている様子のないテニスコートには頻繁に来ているのではないかと推測される。
    ちなみに、美咲はテニス部員。
    あとは説明するまでもないだろう。

    ハロー、マイハッピーワールド(2017年9月12日~)

    ハロハピのために行動を起こした美咲が自分の行動の変化に戸惑う様子を、花音は誰よりも理解している。その変化は美咲にとって「いい変化」であり、美咲を支えてあげたいと花音ははぐみに話している。
    美咲に対しては花音から何かを問うことはせず、はぐみが美咲はハロハピのことを好きなのか気にしていたと美咲に伝えるなどハロハピと美咲のサポートに徹している。

    美咲と花音のカードエピソードでは、後日談として互いの心の内を伝えあっている。
    星4「あたしの大事なもの 奥沢美咲」エピソード「美咲a.k.a.・・・?」では、美咲は花音にだけは、ライブを頑張った動機を正直に打ち明けた。花音は美咲がハロハピの一員になったと自覚していることをとても喜んでいる。
    かけっこする3人にゆっくり後ろからついていく2人はやはり夫婦。

    星3「お手伝いしたくて 松原花音」エピソード「花音≠ミッシェル」では、花音が、美咲はライブを経ていい方向に変わったと直接伝えている。
    そして、そんな美咲の力になりたい花音は、突然「私、美咲ちゃんの代わりにミッシェルになる・・・!」と言いだした。
    ミッシェルを着た花音は、すごく蒸すミッシェルの中を実体験して美咲の大変さを理解している。
    ところで、ミッシェルの中は普段から頑張る美咲の体液が染み込んでいるわけで…。

    メモリアルエピソード「衣装の手直し」では、花音がハロハピを大切に思うようになった美咲の変化を夢中でしゃべり続け、ミッシェルに入ったことで美咲の大変さもよくわかったので、自分も自分にできることを頑張りたいという決意を伝えている。ここからの花音のめまぐるしい成長が二章へと繋がっていくことになる。

    また、ライブ後に美咲がハロハピに気持ちを伝えた際に、笑顔でそれを迎えたり、星2「ハッピー革命! 弦巻こころ」エピソード「こころの作詞メソッド」で、クラスメイトに気持ちを伝えたいといつもより張り切る美咲が、周りが見えなくなるほど頑張ってこころの歌詞を形にしたときには嬉しそうな笑みを浮かべるなど、がんばる美咲の姿に喜ぶ花音の描写は非常に多い。
    同カードのメモリアルエピソード「仲がいいみたい」では、他人をよく見ているこころの口から美咲は花音ととくに仲がいいことが述べられ、二人は端から見ても仲良しだということが示されている。

    いつか、届け、アタシの詩(2017年11月21日~)

    作詞に挑戦するリサが、各バンドの作詞方法を参考にするために香澄、有咲とともに弦巻邸を訪れる。このとき花音は不在で、美咲とこころがハロハピの独特の作詞風景を説明することになる。前述のとおり、また同イベントで登場した星2「ポッピン&アフター 弦巻こころ」メモリアルエピソード「作詞で気付いたこと!」でこころが話しているとおり、基本的にハロハピの作詞・作曲作業は三人で行なわれている。
    本イベントでおもしろいのは、美咲が花音について言及しない点。美咲のめんどくさい性格を考えると、意中の先輩のことを同学年でしかもかしましい香澄や有咲に隠しておこうとするのは、実に恋する思春期らしく微笑ましい。とはいえ、このときの美咲の行動とは正反対に、これ以降のイベントでは二人の仲良し度合いは周りにもわかりやすいほどにエスカレートしていくのだが。

    上記は筆者の妄想の域を出ないと指摘されればその通りだが、ゲームをプレイしているユーザーなら運営が登場人物の細かな気持ちの動きも丁寧に、かつ長いスパンで描いていることは自明のことと思われる。各バンドで重要な位置を占める作詞のプロセスにおいて、上記のような描写がなされた理由が他に思いつかないが・・・

    リトルスマイルステップ!(2017年12月20日~)

    冒頭、花音が羊毛フェルトを始めている。美咲に教わってやり始めたという。以降羊毛フェルトは二人の共通の趣味になっていく。

    水族館までは、花音と美咲は二人で行くことになり、無事、水族館にペンギンを返すことに成功した。
    みんなに迷惑をかけてしまったと相変わらず自信なさげに花音は謝罪するが、一同は花音が珍しく自分から頑張ったことを喜んだ。美咲は、そんな花音に対して、星2「ペンギン?クマ? 奥沢美咲」メモリアルエピソード「たまにはいいのかな」では、花音のがんばる姿を見たら自分も手伝わないとと思ったと語っている。

    ペンギンを水族館に返したあとの様子は 星4「決意の一歩 松原花音」エピソード「クラゲからペンギンへ」で描かれている。
    水族館をどんどん進む3人に、あんまりはしゃがないようにといつものおしどり夫婦芸。
    あたしたちも行きましょうかといいつつ、寄り道してタツノオトシゴを見たり、美咲からクラゲのところに行ってみようと誘ったりとすっかりデートになっている。
    頑張った花音を、美咲はもう流されてばかりのクラゲじゃないと比喩で褒め、花音は勇気をもって先頭にたつファーストペンギンを目指したいという新しい目標を立てた。「困った時はまず花音さんに相談しようかな」「ホント頼りにしてます」というのは美咲の本心だろう。
    花音の弾んだ返事とBGMに注目。

    ドタバタハッピーバレンタイン(2018年1月31日~)

    花音がミッシェル型のチョコレートを作り、つぐみと試食会をしている様子が確認できる(星3「楽しい試食会 羽沢つぐみ」エピソードも合わせて参照)。
    花音がハロハピのみんなにチョコを渡したことは間違いないと思われ、後日、美咲から花音にチョコのお返しをする姿が描かれる。

    はじめての!?ウィンタースポーツ(2018年2月10日~)

    それぞれバラバラのバンドに所属するスキーメンバーで、お互いのバンドのことをよく知らないねという話題になると、美咲はハロハピについて、「あたしと花音さんがよく振り回されてるよ」というイメージを示した。
    星2「笑顔のマジック 奥沢美咲」エピソード「ミッシェル、空中浮遊?」で美咲は「騒がしくてにぎやかな3人と、それと、花音さんとあたし」が美咲の好きなハロハピだと述べているので、素直にそう思っているのだろう。

    儚さ薫るホワイトデーミュージカル(2018年2月28日~)

    星4「汗のしずくも儚い 奥沢美咲」エピソード「ミッシェルのお返し」で、ホワイトデーミュージカルの終了後、ミッシェルがこころとはぐみに手作りのクッキーを渡す様子が描かれる。
    二人が去ったあと、その様子を見ていた花音が背後から現れ、ミッシェルは花音にもチョコのお返しのクッキーをプレゼントする。
    美咲はミッシェルの気持ちになってクッキーを全員分作ったというが、それは大好きなハロハピのみんなにという美咲自身の気持ちだと花音に諭されている。
    それはそれとして、ミッシェルの状態でクッキーを渡そうとしていたのはこころとはぐみだけなので、花音にはミッシェルを脱いで美咲から渡すつもりだったのだろう。

    なお余談だが、星4「主役登場! 瀬田薫」の特訓前のイラストには、くまとペンギンのぬいぐるみが並んで置かれている。なんで?
     

    Backstage Pass(2018年3月10日~)

    ライブの受付でスタッフを混乱させてしまう一同。ミッシェルの姿では埒が明かないと判断した美咲は、自分は休みと伝えていたにも関わらず大慌てで着替えて登場する。受付は自分がしておくので楽屋に行ってとみんなに伝えると、今度はミッシェルはどこ?という話に。閉口する美咲に、受付は私が済ませておくから着替えてきてと、花音が優しく声をかけるというハロハピの日常が描かれている。
    ライブ後の打ち上げを描いた星3「みんな、行くわよー!」弦巻こころエピソード「豪華な打上げ?」では、高級ホテルのフランス語のメニューに困惑する2人の様子が映る。大盛り上がりの3人に対して、渋い顔でメニューを眺める2人がかわいい。なお、革張りのメニューが1つのようなので、並んで1つのメニューを2人で見ている。かわいい。結局花音が「一番上の」を注文し、美咲も同じものを選んだ。ここぞという際の花音の決断力の一端が垣間見えると同時に、一緒のものを頼むところがとてもかわいいエピソードである。

    新緑のラルゴ(2018年3月31日~)

    茶道部を訪問し、次は運動部をという紗夜に対して花音は、美咲がいるからとテニス部を提案する。
    星2「見事なお点前 松原花音」エピソード「応援しようよ」では、部活終了後に自然に合流する二人が描かれている。いつもやっているのだろう。

    正々堂々!ふわキャラ選手権(2018年4月20日~)

    冒頭、一緒に私服でおでかけしている。花音は引き続き羊毛フェルトに取り組んでおり、美咲も何度か花音に作り方を教えている様子がうかがえる。ハロハピの会議からも一緒に帰っており、これもいつもやっていることのようにみえる。

    選手権当日の風船配りの種目では、ミッシェルを応援するために花音は恥ずかしさに耐えてソロでマーチングスネアの演奏を行なった。

    星3「巻き込まれ舞踏会 松原花音」エピソード「キグルミの名前」では、マリーでキグルミという概念を知ったはぐみに、花音はミッシェルの中の人が美咲であることを伝えようとしている。このチャンスを逃すまいと、花音は「美咲ちゃん、ミッシェルなんだよ!」とド直球を投げるが、結局理解してもらえなかった。
    ここで明らかになったのは、ミッシェルの正体についてみんなに知ってもらいたいと美咲以上に思っていたということである。ミッシェルと裏方を両立し、誰よりも頑張っている姿を知っているからこそ垣間見える花音の願いは、二章でも現れてくる。一方美咲は、かなり諦めてしまっている様子。なお、公式生放送において中の人たちは、この出来事以降美咲はミッシェルであることを明かすのを断念した旨の解釈を示している。

    Beatin’ in the Rain(2018年5月31日~)

    星4「雨でも晴ればれ」弦巻こころエピソード「みんな一緒に」では、ハロハピの練習に和太鼓が導入された様子が描かれている。この日も美咲は遅れて到着、すでに混沌としている現状がわからず花音に説明を求めたり、2人で困った顔を見合わせるいつものやりとり。

    ハロハピ大冒険!~笑顔の眠る宝島~(2018年7月10日~)

    洞窟でコウモリに遭遇したあと、美咲は脅える花音に「何かあったら、あたしがなんとかしますから、花音さんは離れないようにしてください」、「美咲ちゃん・・・ありがとう。やっぱり美咲ちゃんって頼りになるね・・・」というお決まりのやりとりをする。
    しかし、お化けを恐れる薫を勇気づけたり、一行の空気を良くしたり、疲労で後ろ向きな美咲に対して水やお菓子を渡したり、花音は実は冷静に状況に対応しており美咲は感心している。

    星4「勇気を出して 松原花音」エピソード「迷子の魅力」では、洞窟内の分岐でどちらにいくかを多数決で決めようということになった際、右:左が2:2になり、最後の投票権を持つ花音は右(美咲、薫)を選んだ。邪推しても仕方ないだろう。
    結局道は行き止まりだったが、回り道するのも楽しいことに気づいたことで、花音は迷子をポジティブに捉えられるようになる。
    なお、迷子で歩きなれているということで、花音は運動部の美咲に負けない体力の持ち主であることが明らかになった。

    星4「なんでこうなるかな 奥沢美咲」エピソード「素敵なお土産」では、二人で南の島のお土産屋さんを訪れている。
    妹へのお土産に悩む美咲に、「一緒に選びたいな」という花音は、自分のお土産そっちのけで超積極的に美咲の妹へのお土産を選んでいる。そして、美咲が自分のお土産を買っていないことを知ると、
    「えっと、それでね。お礼っていうか、その・・・よかったらこれを受け取ってほしいんだ」
    と、お土産選びのなかで美咲が気に入っていた石のペンダントを美咲にプレゼント。いつも助けてくれるお礼と、島の思い出にしようという花音。美咲のことが好きすぎる。

    夢に続くプロムナード(2018年9月20日~)

    放課後、花音がスタジオに忘れたハンカチを美咲が教室まで届けに来る場面から始まる。そのクラゲ柄のハンカチからカフェのことに話が及ぶと、美咲は花音に新しくできたカフェの事を話している。花音の好きそうなカフェを調べてるの?

    千聖がいれば花音も大丈夫だろうと思った美咲だったが、週末、ハンドメイド雑貨のイベントに向かっているところで、駅の人混みに流される花音を目にする。
    不安になり「やっぱり、あたしも一緒についてこうかな。」と思う美咲だが、偶然出会った薫に2人のおでかけに水の差すのは忍びないので後ろから見守ることを提案され、自分のイベントより花音のほうが気になるので、薫と、途中で出会った彩とともに尾行を始めた。

    星3「木漏れ日の中で 奥沢美咲」エピソード「安心する存在」には尾行中の美咲の一幕が描かれている。おっちょこちょいを直したいという彩に、しっかりした人はほっとけない感じの人が隣にいると肩の力が抜けるから、それも彩の魅力になると美咲は返した。
    美咲は、千聖にとっては花音がそういう存在であるとイメージしており、花音のことを「ほっとけない感じ」側と認識しているのだが、彩から美咲にはそういう人がいるのか問われたときには3バカをイメージしている。はやく自覚していただきたい。

    後日談である星4「秋空の下でピクニック 松原花音」エピソード「花音のおみあげ」では、花音がハロハピのみんなにお土産を渡したあと、次はハロハピみんなをカフェに道案内すると得意げに言う。それは不安なので自分がしますというツッコミを入れる美咲に対して「え?なんで?私がするよー、美咲ちゃん」というかわいいやりとりを見ることができる。

    ジブン、アイディアル(2019年1月11日~)

    星3「模範的アイドル 白鷺千聖」エピソード「うわのそら」において、アイドルについて悩む麻弥を心配する千聖に、悩んでいる人の力になりたいと真剣に考えることは優しさだと花音は伝えている。きっかけはいろいろだが、それ以降の選択は自分が考えて決めたことで、その楽しさは演奏から感じられる、だからそれを信じてあげることが大事だと言って千聖を安心させた。それ全部あなたたちの事ですよ!
    また、花音も誰かさんについての悩みなどをいつも千聖に相談していることがほのめかされている。

    儚き夜の夢(2019年1月21日~)

    ファミレスでのバンドの反省会、家からの電話に対応する美咲の様子がおかしいことにはぐみは気づくが、花音は練習のときから元気がないと感じていたようでさすがだ。その後は解散まで心配モードに。また、美咲の代わりに花音が3バカのトークをコントロールしようとしてうまくいかず美咲に助けを求めている姿から、成長しつつもまだまだ二人三脚の様子を見ることができてほほえましい。

    夕刻、花音から美咲に家に帰ったか心配して連絡が来ているが、案の定美咲は帰っておらず薫の家に泊まることになっていた。気を遣われるのが苦手なくせに心配ばかりかけてまったく…。
    余談だが、美咲が花音のメールを読み上げ自分で「美咲ちゃん」という場面からは、美咲の花音イメージの一旦をうかがうことができておもしろい。
    なお花音の親は、友達の家に泊まりにいく娘にスーツケースを持たせるほど過保護なようだ。

    薫との不思議(?)な会話と、遊びにきたバンドメンバーと遊んで美咲が元気を取り戻すと、花音は「美咲ちゃんが元気だと、やっぱり会話が弾むね」「いつものハロハピが戻ってきた感じがするよ」と嬉しそうに話した。これに対し美咲は返答できておらず、おそらく赤くなっていたのだろう。翌朝、家に電話をかける美咲の一挙一動にもいちいちリアクションをとり、本当によく見ている。

    星3「来たよー!! 北沢はぐみ」メモリアルエピソード「ローテーション」においては、この出来事以降ハロハピメンバーみんなの家で順番にお泊り回をすることが決まっている様子が描かれており、美咲と花音がお互いの部屋に泊まることがわかる。ちなみにこのイベント当時、背景で自室の様子が描かれていないのは美咲と花音とほか数名のみだった。意味深(?)。
    また、星2「小旅行? 松原花音」エピソード「お部屋の個性」では、花音は美咲より寝るのがはやいという重要な情報が提供されている。

    星4「夜語り 奥沢美咲」エピソード「羊毛フェルトの贈り物」では美咲がメンバーに感謝の気持ちを込めて羊毛フェルトを送っており、花音にはクラゲをプレゼントしている。イルカはおそらく一緒に作成しているし、誕生日にはペンギンを、ハロウィンには黒猫などをプレゼントしており、順調にたまってきている様子。花音はどこに飾ろうか悩んでいるが、部屋の一角にコーナーがあるのは間違いない。
    メモリアルエピソード「放っておいてくれる人」においては、今回の一件で薫が放っておいてくれたことに感謝している美咲が描かれている。美咲のいう「一番ためになること」をバンドストーリー二章でしてくれた存在にもちゃんと向き合っていただきたいのですが。

    チョコレートは誰のため?(2019年1月31日~)

    バレンタインデー、ハロハピに感謝の気持ちを込めたチョコを渡したい花音は昨年同様つぐみや、同じくチョコで悩むひまりたちと気持ちのこもったチョコを考えている。
    イベントはひまりのバレンタインが中心になっているが、花音のバレンタインについては星4「笑顔映えのひとくち 松原花音」エピソード「おかしなたからばこ」で描かれている。用意した宝箱のチョコレートが3バカに見つかってしまった花音は3バカの勢いを止められず、宝箱には罠が仕掛けられていることになってしまう。遅れてきた美咲はその様子をみて状況を察して花音を外に連れ出す。楽しそうな3人をがっかりさせずにチョコをプレゼントしたいという花音の「どうしよう、美咲ちゃん~!」を聞いた美咲は、罠を解除する演技で無事宝箱を開けた。ハロハピを大事にしつつこっそり二人の秘密もあるというこの二人にしかできない最高のバレンタインだ。
    なお、思い出が詰まっていてみんなが喜ぶチョコに選んだのは、あの宝島である。

    The Whitest Day(2019年2月28日~)

    星3「笑顔のワンコイン 弦巻こころ」エピソード「白いブロックを踏んで」では、こころが用意した遊園地のホワイトデーを楽しむ五人が描かれている。楽しく笑顔溢れる五人の姿には、ハロハピのいいところが凝縮されていて必見。いつものようにはしゃぐ3バカを後ろから見守り、口の周りにホットミルクをつけたはぐみにハンカチを渡したり、一緒にはしゃぎ始めた花音を見て美咲も参加する姿には、えっ夫婦…と感じざるを得ないだろう。
    また、このイベントが二章後の時間軸であることや、こころがお返しをしていることから前年のバレンタイン、ホワイトデーとは異なるものであることが想定され、花音は二度美咲にチョコを渡していることになる。

    シーズン2

    Backstage Pass2(2019年3月16日~)

    「よ、幼稚園のみんな~っ。こ~んに~ちは~っ!」
    「…………」
    「あ、あれ……美咲ちゃん、どうしたの?元気よく、花音先生とご挨拶しよう?」
    「ど、どうしちゃったの、美咲ちゃん。何か嫌なことがあったなら、先生に……」
    「花音さん……ひょっとして、結構楽しんでます?」
    「え、あっ、うん。実はちょっとだけ…先生って呼ばれるの、嬉しくなっちゃって…えへへ」
    ※何を言っているかわからないと思うが、現実です。

    商店街でのイベントでの振り付けをみんなで考える場面では、ホワイトボードに書き込んでいくという演出が実装された。会議でこころが「キミがいなくちゃ!」を選曲すると、花音がイラストを描いている。注目すべきは、花音のイラストのうち、他のメンバーに比べて美咲だけ描きこみが細かい点。邪推せざるを得ない。なお、別のエピソードで自分の絵心を「へたくそ」と言っているが、なかなかにかわいい絵を描いている。また、美咲はさすがの器用さでバッドベアとキッズベア(?)をコミカルに表現した。
    また、楽器の都合で踊れない花音は、こういうのはミッシェルにまかせてという美咲に「よろしくねっ」と言っている場面がとてもかわいい。

    ライブ当日を描いた星3「とびきりショータイム 瀬田薫」エピソード「アンコールはみんなで」では、こどもたちの要望に応え無尽蔵の笑顔を振りまくこころたちにつられ、ダンスで疲れたものの、アンコールをし、ステージを確保したり、こどもたちを引率する2人の姿が描かれる。花音の「疲れたなんて言ってられないね」というセリフに見られるように、すっかりハロハピの一員として活躍し、手を取り合ってみんなを笑顔にし、自分たちも楽しくて仕方がない姿には感動を禁じ得ない。まさに、シーズン2の最初というメモリアルなイベントにふさわしいエピソードである。

    降るFULL BLOOMING!(2019年3月31日~)

    お花見をすることにした彩たちだが、みんなで準備をする時間がなかなかとれないという問題が発生する。そこで花音は、中心になって仕事を割り振る幹事を決めるのがいいと提案した。花音は普段そういう人を目の前で見ているからというのはあまりにもわかりやすい。
    幹事になった彩をサポートする役に花音が手をあげたのも、とてもわかりやすい。

    花咲く学び舎、その片隅で(2019年4月20日~)

    生徒会役員になったものの、なかなかうまく話ができない燐子を心配した花音は、比較的話しやすい有咲となら慣れやすいということで、美咲を通して燐子と有咲のお昼ご飯をセッティングする。新緑のラルゴでも見た。
    これは、燐子たちがうまくいくようにと花音なりにできることをしたもので、ここでも自分のできることに尽くす花音を見ることができる。後述のカードエピソードでも、燐子が心配でたまらない様子が描かれている。

    星3「ほんの少しのお手伝い 松原花音」エピソード「普段の燐子ちゃん?」では、ハロハピの練習中も燐子が気になって仕方ない花音が描かれている。一方美咲はそんな花音を心配している。その後2人は休憩終わりだよとはぐみに呼ばれているが、バンド練習の休憩中はいつもこのように隅で2人一緒におしゃべりしているのだろう。2人声をそろえて返事をする姿があまりにもかわいらしい。
    また、美咲は有咲について、メッセージを考えすぎるあまり返信に時間がかかるタイプと分析しているが、似たところのある美咲もそうなのだろうということが示唆されている。

    さらに後日談を描いた星3「きまじめ風紀委員 氷川紗夜」エピソード「偶然です!」は、花音が紗夜に「―それでね、美咲ちゃんが…」と話している場面からはじまる。何を話していたんですか?いつも美咲ちゃんの話をしているんですか?
    燐子と有咲の様子も昨日美咲から聞いたというので、会っているか電話をしているか、いずれにせよ相変わらずいつも一緒にお話ししている様子がよくわかる。また、ずっと2人を心配していたことについて「美咲ちゃんからも、よく落ち着いてって言われてたよ~」と惚気全開。本当に、クラスメイトはいつもこんな話を聞いているのだろうか。

    余談だが、前述の星3「ほんの少しのお手伝い 松原花音」の特訓後のイラストでは、魔法学校生のような装いの花音が読んでいる魔導書?に、マンドラゴラのような植物とともにミッシェルが載っている。周辺には、付箋だらけの書物も散らばり、もしや愛しのミッシェルを錬成したり召喚したりしようと奮闘しているのだろうか。

    出勤!笑顔パトロール隊!!(2019年5月21日~)

    笑顔パトロール隊の活動の一環として集めたビー玉で遊ぶ場面、おそらく相手のビー玉を落とすゲームで美咲がこころに執拗に狙われた際には、「花音さんの狙いなよ!線ギリギリなんだから!」「ふえぇ、美咲ちゃんひどいよ~、ふふふ」というやりとりがある。眼福。

    その後、人々を笑顔にしながらわらしべ長者的に「笑顔のもと」を交換してライブを行なうことに成功し、さらに一緒に遊んだ子供を笑顔にするこころたちの姿をみて、ふたりは「笑顔の力」を再確認するというまさにハロハピ!というストーリーとなっている。

    後日談を描いた星3「驚きの中身 奥沢美咲」エピソード「喜びを運ぶ種」では、笑顔パトロール隊の活動を通して、自分も何か笑顔を広げることをしたいと感じた美咲が、とはいえ照れくさいのであまり人のいない早朝の学校で花壇に水やりをしようとする姿が描かれている。ところが、そこに花音が現れ、美咲は少し困ったような、安心したような声を出すところに注目。
    美咲は花音に、ハロハピの影響を受けた素直な気持ちを話し、花音も共感して美咲のことを「とっても素敵だと思うな」と称えた。花音も、自分も最初は恥ずかしかったけど、楽しくなって変われたということを返している。花音の気持ちについては、星3「色とりどりの輝き 松原花音」メモリアルエピソード「始まりの場所」参照のこと。
    美咲はこれまでもハロハピへの気持ちや、笑顔を広げる喜びを漏らすことがあったが、今回はそれを正直に花音に伝え、また美咲のそういった言動を祝福してきた花音がしっかりとその想いを言葉で伝えた点で、二人の関係が一歩前進したと解釈できるだろう。

    その後、たまたま通りかかった先生にひまわりの種を渡され、夏ごろに咲けばみんな喜ぶから蒔いておくようにと頼まれてしまう。美咲と花音は驚いたものの、二人で種を蒔き、ひまわりが開花し、みんなが笑顔になる夏を楽しみにするようになった。

    上記だけでは、種を蒔いただけのように受け取ってしまうが、同カードのメモリアルエピソード「今できること」ではさらに、美咲はひまわりを育てることになったので本を買いにきており、しっかり咲くまでも育成もしていることがわかる。間違いなく二人でしている。
    美咲はこころの影響を受けて自分が変わっていること、自分も誰かに影響を与えることがもしできているのなら嬉しいということを語っている。
    美咲ががんばる姿を見て花音も、花音ががんばる姿を見て美咲もがんばろうと感じてここまできたことは、これまでのイベントストーリー中に何度も描かれており、お互いにかなり影響しあっているのだが・・

    花音が抱く印象では、こころはみんなを照らす太陽であり、その太陽に向かって、みんなの笑顔のためにひまわりという小さな太陽を美咲と花音が育てるという構図は、まさにハロハピの影響を受け、自分たちも笑顔のためにできることを頑張り始めた二人の姿を象徴的に表したものであるといえる。必見のエピソードだろう。

    また、本イベント最大のポイントは、美咲と花音がこころに対する憧れや尊敬の気持ちを共有している点である。これまでも二人はともに、新人スタッフに対し「こころ(ちゃん)はすごい」という趣旨の思いを漏らすことがあったが、二人がこのことについて一緒に話す機会はほとんどなく、一部のファンからは温度差を指摘されることもあった。しかし、上記のひまわりに関するエピソードと併せ、同じ位置から同じものに向かって歩き始めたととらえることができ、総じて大きく前進した3年目のみさかのんの位置づけを確認できる神イベントであったといえるだろう。

    その他のカードエピソード

    星3「踏み出した一歩 松原花音」エピソード「そのままの花音で」
    花音と千聖がお茶をしているところに突然美咲が暴走する3バカを止められず助けを求めてやってくる。花音の好きなカフェの話を一瞬美咲が持ち出すのがポイント。

    星2「白組応援団? 奥沢美咲」メモリアルエピソード「ミッシェル効果」
    ハロハピに加入してからリズム感などいろいろなことができるようになったことについて、自分がしっかりしないと全負担が花音にいってしまうからという当初の動機が確認できる。

    星2「笑顔のマジック 松原花音」メモリアルエピソード「見つけなきゃ・・」
    花音が美咲の代わりにスタジオの予約をしている。

    星2「笑顔のマジック 奥沢美咲」エピソード「ミッシェル、空中浮遊?」
    こころや薫の突拍子のない行動のストッパーとなれる美咲に対して、自分もそうできればいいんだけどと申し訳なさげに語る花音。美咲はそういうのは自分の役目なので「花音さんはなんていうか、そのままでいてください」、美咲がいっぱいいっぱいになったときに助けてほしいと言った。
    わかったという花音に美咲は「はー、やっぱり花音さんのそういう言葉安心するー。」と漏らし、花音が見守っているから自分は頑張れるという美咲の気持ちをみることができる。
    美咲にとってハロハピは「騒がしくてにぎやかな3人と、それと、花音さんとあたし」なのだ。

    星2「エールソング 松原花音」エピソード「スペシャルオーダー」
    花音のバイト先に、美咲とはぐみがやってくる。はぐみの口ぶりから、明らかに花音に会いに来たようだが。
    余談だが、美咲がファーストフード店において一人でするエリア会話「キャラが濃いよね」では、美咲がバンドメンバーのキャラの濃さについてコメントしているが、もしかしたらレジで完璧なオーダー捌きをする普段とギャップのある花音の姿を見て言っているのかもしれない

    星4「買い物も一生懸命 松原花音」エピソード「花音の買い物」
    オリジナルパンを作成することになったりみ、沙綾、花音。花音はミッシェルパンを提案し、細部のつくりまで驚きのこだわりを見せる。なお、その後星4「Circleパン祭り 山吹沙綾」のエピソードにおいて、花音が考案したミッシェルパンは実際に販売された。

    ラウンジ会話

    メンバーの何気ないラウンジでの会話をみることができる機能であり、日ごろからのみさかのんの距離の近さをうかがうことができる神コンテンツ。
    ・「羊毛フェルト」
    美咲が花音を羊毛フェルトの買い物デートに誘っている。え、直球すぎる…
    美咲は時間が空いているか尋ねただけなのに対し、「どこか行くの?」と花音が返すあたり、二人のおでかけは日常の御様子。
     花音もちょうど欲しかったタイミングであり、相変わらず羊毛フェルトを続けていてほほえましい。帰ってきて一緒に作ること間違いなしの名場面。

    ・「花音の待受け」
    花音が美咲に待受け画面を変えたことを報告している。なにこれかわいい。しかも、美咲は前の待受けのこともよく知っている。いつもやっているようだ。なお、花音のスマートフォンケースは水色でくらげのシルエットがあり(「ガルパピコ」第8話)、待受け画面は水族館で撮ったくらげの写真であることが確定した。

    ・「抜け駆け」
    こころ、はぐみ、薫が美咲と花音を探している。美咲と花音がいない。とても重要なことである。「抜け駆けか…」とコメントする薫がおもしろい。

    ・「アイディアは突然に」
    突然こころが新曲をおもいつき、一緒にいた美咲と花音が大慌て。花音は急いで紙とペンを借りに行く。これもいつもやってますね。

    ・「ミッシェルは人気者」
    こころと花音がミッシェルに触れ、もふもふを楽しんでいる。花音も「気持ちいい……」とご満悦の様子。しかも、こころが手で触れているのに対して花音は頭ですりすり。普段からミッシェルに抱きつくスキンシップをするこころとはぐみに対して、花音はあまりそういった素振りを見せていなかったが、もっと抱きついてもいいんですよ。
    なお、この会話は最初、ミッシェルが花音に対して「ミッシェルがきたよー」と言っているところにこころが飛び込んでくる。本来二人で何をするつもりだったのだろうか。

    ・「間一髪」
    美咲がラウンジに入るのを見たというこころが入ってくるが、そこには花音とミッシェルしかおらず、こころの気のせいだったということになる。ミッシェルに着替えるときやっぱり一緒にいるんじゃん!と全ユーザーが思ったことだろう。上記「ミッシェルは人気者」と同様、最初は二人で楽しそうに談笑している。

    ・「こころの挑戦」
    美咲が羊毛フェルトでなにを作ろうか悩んでいると、こころが自分も作ってみようかしらと言いだし、驚く。花音は横で嬉しそうにその姿を見ており、みんなで好きなことを一緒にできるのは花音にとって幸せなことだということがよくわかる一場面である。ところで、花音とこころと三人でいるのに羊毛フェルトのことを考えていたのか美咲…

    ・「つらい時は」
     夏シーズンに追加された会話。暑そうなミッシェルに対し、花音は「つらくなったらいつでも言ってね」と心配そうに言っている。こ、恋人~~。つらくなったらどうしてくれるのだろうか・・・・。

    ・「花音のお誘い」
     花音がハロハピの面々を水族館に誘っている。花音からの誘いは珍しいという美咲の反応をもとに、他の会話やエピソードを見直すとたしかに美咲から誘う場面が多い。

    ・「大忙し」
     三度、二人でいる場面からスタート。本当にこればかりである。

    エリア会話

    ・「一緒にお昼とかどう?」
     学校で、しかも外のベンチや木陰でお弁当を食べる様子が描かれている。
     なお、花音はクラスの友達と約束をしている描写がされたこともあるため、学年も部活も違う美咲と二人でというのはすごいことではないだろうか。

    ・「喫茶店でも寄る?」
     一緒に下校している。寄り道も頻繁にしているようだ。

    ・「このカフェお気に入りなの」、「海の生き物っていいよね」、「紅茶って色々あるよね」
     花音が好きなものについて美咲に嬉しそうに語っている。はしゃぐ姿がとてもかわいい。

    ・「欲しい物とかある?」、「これ可愛いかも」、「ふんふーん♪」
     デートの様子を垣間見ることができる。

    ・「ふえぇ、迷っちゃった・・・」
     花音を助ける美咲と美咲に安心する花音を見ることができる。
     
    ・「いつもお疲れ様」
     居残り練習をする美咲とそれに付き合う花音という日常風景をみることができる。

    期間限定のエリア会話

    ハロウィン(2017)

     ハロウィンについて雑談。花音は家で母親のカボチャ料理を食べているという。

    クリスマス(2017)

     「花音さん、今年のクリスマスの予定は?」

    エイプリルフール(2018)

     美咲以外がミッシェルになってしまい孤独を感じるため、ミッシェルに着替えようとする美咲に花音は「それはもったいない」と言う。美咲が美咲のままいられることを花音は望んでいるということか(ただしこれは夢)。

    ハロウィン(2018)

     美咲はジャックオランタンや黒猫の羊毛フェルトを「調子に乗ってたくさん作りすぎ」たので、花音にもらってほしいという。は???

    ハロウィン(2018)

     ミッシェルのハロウィン衣装について楽しそうに話す二人。
     なお、美咲の衣装は花音がハロウィンにいつも食べているカボチャである(意味深)。

    クリスマス(2018)

     ※花音と薫の会話 
     なぜか花音は慌てて美咲を探している。無限の可能性のある一コマ。

    お正月(2019)

     おみくじで「待ち人、来ず」を引き、待ち合わせに合流できないと焦る花音に、美咲は「待ち人」はそういう意味じゃないと伝えるが。まぁもう目の前にいるので・・。

    期間限定演出など

    花音バースデー(2018)

     ハロハピのメンバーから花音へのプレゼントはそれぞれが作った羊毛フェルト。
     メンバーには美咲が教え、美咲はペンギンのフェルトを作った。
     花音もペンギンを作っているので、花音の部屋ではおそろいで並んでいるのだろう。

    美咲バースデー(2018)

     みんなの前で花音が美咲にプレゼントしたのはなんと扇風機。
     扇風機の意味が解らない面々の前で、美咲は「大切に使わせていただきます!」と心中でお礼を述べている。
     成長した花音が積極的になっていることがよくわかる一幕である。

    花音バースデー(2019)

     メッセージカードが追加されたこの年の誕生日、美咲が花音に書き贈った言葉は「今後も一緒に色々乗り越えましょう」というもの。
    さらに、メッセージカードに使われている花音の写真は、花音がミッシェルに入ろうとしたときのものと、ペンちゃんを抱えて水族館を目指したときのもの。これはどちらも美咲しか目にしていない場面である。普段の様子から、メッセージカード自体の準備は美咲が主導的に担当したと考えるのが自然であり、二人にしかわからない要素がふんだんに盛り込まれたカードである。
    また、美咲のキャラクターボイス「花音さん、誕生日おめでと。いつもすごーーく感謝してます」となっている。2年前は「花音さん、誕生日おめでとうございますー。唯一の常識人の花音さんがいてくれてよかったです」、1年前は「今日は花音さんの誕生日ですね。いつもありがとうございます」であったため、「おめでと」という砕けた言葉遣いと感謝の度合いの変化から、年を追うごとに親密さと存在の大きさが増していることがよくわかる。

    第2回ガールズバンド総選挙「学生バイト応援ソングを作ろう」

     頑張っている人に気持ちを伝えるのは難しいので、それを歌にすることになったリサ、彩、モカ、つぐみ、花音。
     頑張っている人が元気を出せるようにとみんなで歌詞を作ったわけだが、花音が日常的に接しているものすごく頑張っている人は当然美咲であり、自覚の有無はともかくとして、花音の頑張っている人へのメッセージには美咲への気持ちが含まれているのは疑いの余地がない。

    自己紹介(シーズン2)

     美咲には美咲自身とミッシェルの2通りが用意されている。ミッシェルの自己紹介では、いつものように自由な3バカに対し、ハロハピが大好きと素直に伝えるミッシェルを見た花音は微笑んでいる。バンドストーリー2章の美咲の葛藤を知る花音が今の美咲の姿を喜ぶ様子に、胸が熱くならざるを得ない。
     他のメンバーの自己紹介は、会話から美咲が撮影していることが推測されるが、美咲自身の自己紹介は花音が撮影している。しかも、ミッシェルのことについて触れており、他のメンバーはいないことがわかる。おそらく「美咲ちゃんも撮ろう」と花音が誘い、二人きりで居残り撮影しのだと考えられ、ハロハピが楽しいのでこのままいるという美咲の気持ちを聞いて花音がどんなに嬉しかっただろうと想像すると涙が止まらないのは、バンドストーリー一章から読んできたユーザーなら当然だろう。

    ガルパAR「No22 美咲×花音」(2018年1月)

     衣装のデザインをまとめ完成させた美咲と花音。わりとよくできたと美咲が正直に花音に行ったり、ミッシェルの衣装も美咲の大事な衣装だよと花音が返したり、美咲とミッシェル、花音、ハロハピの関係が短いやりとりに込められた会話。

    ガルパAR「ハロハピ①」「ハロハピ②」(2019年6月)

     イベントの出し物の企画でいつものように3バカからハチャメチャな意見が飛び出し、美咲は花音の協力を得つつ、どうにか現実的な形にまとめようとする。明後日の方向に改造されていく出し物のピンボールを見て慌てる花音との美咲のやりとりは「そのほうがあたし達らしいのになると思うし」「ふふっ、それもそうだね」というもので、二人の大好きなハロハピの在り方がよく表れた一幕となっている。
    花音も手伝ってピンボールは完成し、客引きに出て行く3バカを見守りながら店番をする(美咲は抜けてミッシェルとして客引きに参加)美咲と花音の姿もまさに「あたし達らしい」在り方であり、ハロハピのなかの仲良しみさかのんを自然に描いている。

    その他

    「ちょこっと!ガルパライフ」

    ・ハロハピ②「どうしてこうなった・・」
     花音は正体を隠して活躍するヒーローに美咲を重ねている。

    「もっと!ガルパライフ」

    ・20話「はぐみと永遠の秘密」
     二人の秘密が1つ増えた。

    ・38話「美咲と主役の一日」
     美咲が照れながら花音のオフショルダーを引いている。
     
    ・56話「冬支度」
     花音はミッシェルを見て中の美咲の機嫌がいいことがわかるらしい。
     いつも見てるから当然だろう。
     
    ・57話「趣味の領分」
     花音が羊毛フェルトを始めた理由が描かれている。
     やはり美咲は花音と同じ趣味を持てることが嬉しいようだ。年末にみさかのんが2話続いた期間。

    ・67話「信頼と誤算」
     スキーに参加することになった美咲が、不足している常識人枠に花音を呼ばなかったのは、雪山で遭難する可能性を考慮してだったことが明かされる。
     
    ・93話「止まらないふたり」
     たえと雑談しながら迷子になった花音は「このあと(美咲に)電話して迎えに来てもらった」。
     というのも、迷子になったときに美咲と連絡を取っている描写が多いので当然だろう。

    ・118話「でんしゃでおでかけ」
     電車ではしゃぐ3人を見守る美咲と花音。
     描写から、3人とは対面の席に二人で座っていると考えられる。

    ・140話「美咲査定」
     美咲の微妙な元気のなさがわかる花音と、みんなの微妙なテンションの低さがわかる美咲。美咲と花音のハロハピに対する認識のかすかなずれは以前から方々で話題となっているが、今後なにか展開があるのか期待される。

    「ガルパ ピコ」

    ・6話「ミッシェルランドへようこそ!」
     ミッシェルランドでアトラクションに乗っている際、花音は常にミッシェル(美咲?)を見つめている。夕方、園を出たときの「びっくりしたけど、楽しかったね。美咲ちゃん」は必見。

    ・8話「ドラマーっていつも何かしらリズム刻んでるよね」
     ドラマー組のスネアケース談義、花音が提示したのはミッシェルのスネアケース。
     それは市販品なのだろうか・・・

    ・13話「キラキラ愉快な商店街狂乱のブシドーパーティ」
     リハーサル前日から徹夜でライブの準備をしたまりな、りみ、紗夜、麻弥、つぐみ、美咲。
     疲労の限界で机に伏しているところに各バンドのメンバーがやってくるが、花音は美咲の横で心配そうな顔をしていていつも通り。

    ・26話「再建しちゃった!」
     温泉の噴出で一同は吹き飛ばされてしまうが、ミッシェルは花音のいる方向へ目を向けている。

    関連タグ

    バンドリ
    BanG Dream!
    奥沢美咲
    松原花音
    ハロー、ハッピーワールド!
    百合

    関連記事

    親記事

    BanG_Dream!のカップリングタグ一覧 ばんどりのかっぷりんぐたぐいちらん

    兄弟記事

    pixivに投稿された作品 pixivで「みさかのん」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4734104

    コメント