ピクシブ百科事典

アトラク=ナクア(魔物娘図鑑)

あとらくなくあ

健康クロス氏のコンテンツ『魔物娘図鑑』のオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

概要

「深淵に属する魔物」の一種。光の届かない地下や洞窟の奥深くに住む魔物。アラクネ属に分類されるが、原種と異なり、素の状態では「蜘蛛の腹部」に相当する部位を持たない(メイン画像参照)。
おおむね人間の女性のような姿で、その背中から四本の蜘蛛の脚が生え出ている。
人間部分は鋭い印象ながらも幼げな少女のような姿をしていることが多いが、巨乳でセクシーな大人の女性の姿をした個体も存在する。

この姿でも糸を出すことができ、住処から出ることもなく巣を作り続ける。
そうしているうちに、人間の男性が何かに誘われるように地下に入り込むことがある。
やがてアトラク=ナクアの巣に辿り着いた男性が、彼女達に欲望を抱くと、それに反応し魔物娘らしからぬ罵詈雑言を言い放ち、噛みついて毒を注入しようとする。
毒を受けた男性はさらに欲情し、目の前の存在を屈服させ蹂躙したいという願望に取り憑かれる。
そうして彼女と交わるうちに自分の内側に熱を感じ、焼き付くような感覚と共にいつのまにかその姿は巨大な蜘蛛の形態に変容してしまう。
頭部の下に「生殖嚢」という触手まみれの口のような器官を備え、アトラク=ナクアをそこに納め、人間の姿の時とはまた異なる濃密な交接を行う。
変容した男性は毒を備えた牙も持ち、噛みつくことで精の混じった毒を彼女に注入する。
こうすると、罵詈雑言が収まっていき、それを謝る言葉や睦み言を漏らすようになる。
それまでの荒々しい態度は、彼女の体内に流れる毒の効果であり、男性側の毒が血液に溶かし込まれる事で中和されるのである。
精神に作用する毒の効用から解放された彼女達は魔物娘らしい気持ちを取り戻し、交わる男性に真正面からの好意をぶつけることになる。
しかし体内から男性の精が抜けてしまうと毒の効果がぶり返し、以前のような情動が再発し、噛みつきながら性交渉を催促するようになるという。

夫を得たアトラク=ナクアは、大蜘蛛化した夫の生殖嚢から全く出なくなり、ひたすら巣作りに没頭するようになる。
巣作りに横槍が入らない限り、外部に関心すら持つ事が無い。伝承によるとアトラク=ナクアの夫婦が巣作りを完成させた時、世界が終わってしまうと言う。
アトラク=ナクアの巣は巨大な魔法陣であり、完成時にその上の地表を魔界に変える効果がある、とする説もある。
その時にはそこにいた人間の女性達は彼女の眷属へと転化する、とも。

関連タグ

魔物娘図鑑 アトラク=ナクア
アラクネ(魔物娘図鑑)

外部リンク

魔物娘図鑑-アトラク=ナクア

pixivに投稿された作品 pixivで「アトラク=ナクア(魔物娘図鑑)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16770

コメント