ピクシブ百科事典

アビーラ

あびーら

GBA専用ビデオゲームソフト『トマトアドベンチャー』(2002年)に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

年齢は不詳で、赤ん坊のような出で立ちの男の子だが、6人のスーパーキッズを取りまとめるリーダーであり、ケチャプー王国国王
彼が現れてから、ケチャプー王国は大きく生まれ変わって来たと言われている。
事実、彼はスーパーキッズたちと共にオトナを追放し、「コドモの、コドモによる、コドモのための国」を打ち建てた。

トマトが大好きで、全国民にもトマトを好む事を強制し、
トマトが嫌いなキッズは「ドロッパーズ」と称し、
辺境のコボレー村に強制的に住まわせている。

知能指数は5000を超えており、凄い力を持っているという。
実際、スーパーキッズのみならずゲーム全体でも抜きん出て強い。

その天才的な頭脳により、永久にキッズでいられるようにできる装置「スーパーキャラクッカー」を開発した。
その重大発表をテレビで放映したところから、トマトアドベンチャーの物語は始まる。









ネタバレ注意

実は、「スーパーキャラクッカー」が永久にキッズでいられるようにできる装置というのは嘘で、
実際にはケチャプー王国の全国民をオモチャに変える兵器だった。
そして、スーパーキャラクッカーの燃料となる「ココロエネルギー」をパサランから吸い取るために彼女をさらい、
直属の手下であるブリッキゴリッキにエネルギーを吸い取らせていた。
更にスーパーキャラクッカーによってパサランをオモチャに変え、彼女と結婚しようとする。

彼はギミックロボトイパーツ「頭」にあたり、一度倒しても、ギミックパレスに入るために集めた他の6つのトイパーツと合体して、真の姿「アビラス」となって復活する。

このギミックロボとは、かつてパサランがチチカバの森の中にあるオモチャのいせきに落とした彼女のオモチャであった。

余談

追放されたオトナたちは、モンスターに変えられてしまった、という話をコボレー村の住人から聞くことが出来る。
この話は、作中の黒い任天堂要素の一つとしてよく知られている。

関連項目

アビラス / ブリッキ ゴリッキ

pixivに投稿された作品 pixivで「アビーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1563

コメント