ピクシブ百科事典

セレモ

せれも

GBA専用ビデオゲームソフト『トマトアドベンチャー』(2002年)に登場するキャラクターの一人。
目次[非表示]

概要

デミル親友、男の子、8歳。
デミルやパサランと同じくトマトが嫌いで、ドロッパーズとしてコボレー村に住んでいる。
コボレー村では一番下の地面に掘られた地下住居に住んでいる。
ハンゾ兄弟を真似て「さいきんウワサの」ギミックを作っている。
熔接などを行なうためか、おでこサンバイザー保護面orゴーグル)を装着している。
冒険の途中でギミカバトルが行なわれるようになるとギミカにも嵌り出す。
物語の前半では、何度も唐突に現れてアドバイスを残して帰っていくように、
お節介なぐらい面倒見が良い。
……というより、凝りやすく、自分の発明のことになると周りが見えなくなる、という
工学オタクの面があるのだろう。

エピソード(ネタバレ含む)

ダイナマイトテレビなどという物騒なものを作ったことがある。
これは、物語の冒頭で、トマト記念日を祝って臨時ニュースとして放映されたアビーラ王から国民への重大発表を
デミルがテレビで見ていたところ、重要な部分に差し掛かったところでテレビが切れてしまった。
故障かと思って思いっきりAボタン連打して(後のれんだ系ギミックの練習を兼ねる)、
叩いて直そうとしたところ、大爆発してしまったのである。
このテレビはセレモに作ってもらったものだったため、
デミルはセレモの家に飛んでいき、異常事態を報告するが、
物騒な発明であるのにもかかわらず、
ダイナマイトテレビの いりょくはグッ‥‥‥‥と きた?
と暢気に感想を聞いて悦に入る始末、
デミルは実は実験台にされたと言うことであった。
まさに工学オタクの面目躍如たる部分かもしれない。

けれども、実験台にされたデミルにしても、
セレモのことを迷惑なヤツだと思っているわけではなく、
無二の親友のようである。

発明したギミック

ギミック名装備対象者ギミック系統備考
はぐるまヨーヨーデミルタイミング系最初にもらえるギミック。最も素朴なタイミング系ギミック。歯車は作品上でギミックを象徴するマークとして使われている。
マグネハンドデミルれんだ系2番目にもらえるギミック。最も素朴なれんだ系ギミック。

※詳しくはトマトアドベンチャーのギミック一覧を参照。

関連タグ

デミル パサラン ドロッパーズ ハンゾ兄弟 カイゾー

pixivに投稿された作品 pixivで「セレモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3254

コメント