ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

追放メギドの一柱。通常召喚(ガチャ)から加入する。声優は青木瑠璃子

プロフィール

年齢/転生日(ヴィータ体)14歳2月5日
身長(ヴィータ体)132cm
全高/体重(メギド体)198cm694kg


ユニコーンの姿をした追放メギド。しかし彼女は記憶喪失のメギドでもある。
メギドラルを忘れ、追放の理由もまるで憶えていない。
かろうじて、自分の正体がヴィータに転生したメギドであることだけを自覚している。
記憶は失われたままだが、彼女は己の能力を善きことに使うことを決意した。
ヴァイガルドを守るため戦いに身を投じることを…
(ゲーム内プロフィールより)

人物像

メギドとしての記憶を取り戻す『再統合』が終わった後も、メギドであったこと以外、自分がどういうメギドであったのかなどを思い出すことができず、どうやら転生とは無関係に記憶喪失であるらしい。このため、ソロモンに召喚されるまで、実際は思春期特有の妄想なのではないかと苦悩していた。転生体であるヴィータの少女ソーラは、王都にすむ裕福な家庭の少女であり、残った断片の記憶を周囲に話した為に妄想癖のある少女と心配されたり、からかわれていた。
召喚時のキャッチコピーでは「想像力が障壁を生み闇に囲う 感性豊かな中二病スナイパー」と書かれているが、本編中の描写にはそういう要素は外見くらいしかない(同年代の子供や精神科医に中二病だと思われていた)。また、箱入りお嬢様(記憶の断片に自ら引きこもったのだが)であったためか、しとやかである。召喚後はアムドゥスキアスを一貫して名乗っているようだが、家と一切を決別したわけではなく、度々帰省していることが明らかになっている。資金難の時は頼ってくださいと提案してきたり、外に出たので母は喜んでいるでしょうと話してくれる(実際喜んでいる)。
母親に自分がソロモン王に召喚されたとは話しておらず、外で普通の仕事をしていることにしている。しかし、母親は事実に半ば気づきながら黙って見守っている。

メギド体は紫がかったメタリックのユニコーンの姿。転生体は青と赤のオッドアイ、濃紫の長髪に黒の布地に白のフリルのドレス、そして日傘が共通の姿であり、レア度が上昇すると共に赤いリボンが全身にあしらわれるなど豪華になっていき、片翼が生えてきたり、ついにはおでこから角が生えてくる。

ゲーム内での性能

高い素早さを持ち、2回攻撃を無効化するバフを撒けることから、壁役を補助する支援型のスナイパー。ストーリーで加入するガープは"かばう"を持っているが、ダメージ無効化スキルを持たない為、それだけで非常に有効。
回復に特化した他のメギドよりは力にかけるが、奥義は全体回復、強化後のスキルは前述の2回攻撃無効化に加えて、2ターンの持続回復が可能になる。

ただ、どんな強力なボスの一撃も無効化する一方で、連続攻撃持ちの幻獣やメギドには弱い。また、回復とバリア両方を担うことはそう簡単ではないため、編成には十分注意することが大事である。

関連記事

親記事

追放メギド ついほうめぎど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アムドゥスキアス(メギド72)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 371807

コメント