ピクシブ百科事典

アヴァリ

あゔぁり

海外絵師RyuujinZERO氏による創作種族。小型羽毛恐竜と齧歯類が合わさったようなチビケモ宇宙人である。
目次[非表示]

概要

英語表記は「Avali」または「Avali race(アヴァリ族)」
元は海外絵師RyuujinZERO氏がスポアスターバウンド等のPCゲーム用のオリジナル種族MODとして提供していたものであるが、
特にスターバウンド版のアヴァリ族MODがデザインの多種多様さに富み、親しみやすく愛らしい外見であったために、海外ケモナーなどの特定層から一定の人気を得た。

小型の羽毛恐竜鳥類などの小動物が合わさったような外見をしており、
四つの長い耳と大きな目が特徴で、グレイ型宇宙人を彷彿とさせる風貌をしている。
概ねモフモフしており小さくて可愛らしい。…が、住んでいる惑星と生態的構造の関係で非常にアンモニア臭いという。(後述)

アヴァリはいわゆるOpen Species(作者に許可を取らずとも自由に二次創作を行える創作種族・架空生物)に該当する創作種族であり、
日本ではまだマイナーだが海外ケモノ界ではスターバウンドのプレイヤーを始めとして徐々に知名度と人気が伸びており、FurAffinityなどの海外イラストSNSではアヴァリのファンアートなども見られる。

スターバウンドにおけるアヴァリ族MODのドット一例
イラスト化された際のアヴァリ
イラスト化された際のアヴァリ(詳細なデザインと簡略化された際のデザイン)
アヴァリ達の衣装

最近ではセカンドライフ上にもアヴァリのアバターが存在する。
セカンドライフにおけるアヴァリのアバター

生態

アヴァロン星という氷の惑星に住む。
外見上はドロマエオサウルス科の恐竜にいくつか類似した特徴があるが、
体の仕組みは地球上の生物とは全く異なっており、水分の代わりに液体アンモニアをベースとした血液を持つ。
なお液体アンモニアの沸点は-33.35℃であるため、アヴァリ達が住むアヴァロン星は常温が-40℃~-50℃という超極寒の惑星である。
当然アヴァリ達も非常に冷たい体を持ち、体を覆うモフモフの羽毛はアヴァロン星に吹き荒れる霰などから身を守るためにあるという。
(極寒の惑星アヴァロンでは雪が土、氷が岩、吹雪や霰は砂嵐に該当するため)
アヴァロン星は地球よりも重力が軽くて気圧が高く、空気中には主にメタンや窒素や水素が含まれている。
そのためアヴァリなどのアヴァロン星の生物は特殊な構造の肺を持ち、その肺は水素の補給によってアンモニアベースの血液を安定させるため、
地球のような常温の惑星に裸体で訪れても定期的に水素を補給することで長時間生き延びることが出来る。
アヴァロン星のコンセプトアート

4つの耳は非常に聴力に優れ、複数の音がそれぞれどの方向から聞こえたのかを的確に聞き当てることが出来る。
しかし耳の内部に特殊な器官があり、それが一定以上の音量を和らげるため、大音量の音を聞いても鼓膜に傷がつかない。
アヴァロン星では光があまり無いため、大きな目は少しでも多くの光を拾うためにある。
暗闇では赤外線カメラと同じくらいの度合いで色を識別することが出来る。
だが目のほうは耳と違って強すぎる光を調節することは出来ないため、眩し過ぎる場所では裸眼だとほとんど何も見えない。
アヴァリの頭蓋骨

オスとメスの外見上の違いはほとんどなく、更にオスには哺乳類のようなペニス無い
オスメス共に性器は現代鳥類と同じ総排出腔の性器を持ち、生殖行為もそういった鳥類と同じ仕組みで行われる。

模様については個人差もあるがオスメス別で若干の傾向があり、
オスは比較的彩度の高い色の個体が多く、ラメのような仕組みで玉虫色に輝くライン模様が体色の境目部分や羽の先端に必ずある。
メスはオスに比べるとやや彩度の低い色合いの個体が多く、ツートーンカラーであったり、輝くライン模様もオスよりも少なく、まだら模様~短い縞模様があることが多い。
男性アヴァリの例
女性アヴァリの例

とても高度な文明と技術を持ち、特殊な装甲や武器などを用いる。
文化にも優れ、特に音楽や芸術方面の文化に秀でている。
非常に多種多様で様々な個性があり、そのため地球上のどの人種にもあてはめて例えることは難しい。
惑星間の移動の際には特殊なスーツのおかげで大体どの惑星にも訪れることが出来る。

基本肉食だが植物などは調味料くらいの量で用いる。しかし多種多様な個性がある種族であるため、菜食主義者のアヴァリも好くなからずいる。

パックと呼ばれる4~6匹ほどの群れで生活し、このパックはアヴァリ族には欠かせないものである。
パックの絆は血縁関係と同じくらい強く、パックのアヴァリはそれぞれの関係をよく把握している。
何らかのきっかけでパックを失ってしまったりすることはアヴァリにとっては致命的なことで、人間で言う障害を持つことに等しい。
これはアヴァリがみんな小さな種族で、アヴァリ達が獲物としている生物はアヴァリの何倍もの大きさがあるのが普通だからである。

スターバウンド用に用意された設定では、スターバウンド内の公式種族であるAvianから分化した種族であり、分類的には鳥系の種族であるという。

歴史

アヴァリの初出はスポア用に発表されたオリジナル種族MODであり、
その頃に発表されたアヴァリは現在の公式なデフォルトとなっているスターバウンド版アヴァリと比べると、大体の造形などは共通してるが頭部の形状などに違いがある。
スポア版アヴァリは全体的に大柄で、マズルも長くがっしりしており形状はサーガルに若干似ている。
スポア版アヴァリの実際のMOD
スポア版アヴァリの公式イラスト
スポア版のアヴァリを元にしたファンアート

しかしこのスポア版アヴァリはあまり人気が出なかったのか、アヴァリ族のデザインはしばらくの期間を経て練り直されることになる。
そうしてスターバウンド用のMODとして発表されたアヴァリは現在のような可愛らしいデザインとなっており、スポア版のものとは比べ物にならないほどの人気を博した。

当初はスターバウンドの交流サイト内などでのみ盛り上がっていたアヴァリ人気であるが、
現在はFAなどの海外ケモナー向けイラストサイトを経由してスターバウンドプレイヤー以外の層にもアヴァリという種族の存在は徐々に広がっているようだ。

関連イラスト

3D Avali
Avali merc


Zephyr
Ruu doodles!



外部リンク

アヴァリ族公式wiki(英語)
スターバウンド公式フォーラムのアヴァリスレッド
スターバウンド用のアヴァリMODはここで配布されている。

関連タグ

ケモノ チビケモ 人外 羽毛恐竜 ラプトル 恐竜人 宇宙人
海外オリケモ種族 架空動物種 海外絵師 スターバウンド

pixivに投稿された作品 pixivで「アヴァリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3609

コメント