ピクシブ百科事典

イフリータ

いふりーた

イフリータとは、精霊の名前。女性の名前。
目次[非表示]

もしかして

イフリート

曖昧さ回避

神秘の世界エルハザードのイフリータ

CV天野由梨
エルハザード世界の古代文明、『先エルハザード文明』が製造した戦闘用アンドロイド『鬼神』の内の一体。
ゼンマイ仕掛けであり、背中に大きなゼンマイ差して回すことで起動する。ゼンマイを回した相手を『主』と認識する、絶対服従回路が組み込まれている。ゼンマイはそのままイフリータが手にする杖のような武器になる。
OVA版とテレビ版では容姿や性格などが異なる。
神の目に対抗する能力を持ち、クラスの打撃力を有するのは同様。
小説版では3名登場し、下記の2人のキャラ造形及びもう1人別バージョンが登場した。

OVA版

イフリータ


こちらは外見も言動もクールで冷酷な女性で、奇襲攻撃で一瞬にして都市を蒸発させている。
主人公の水原誠達を異世界であるエルハザードに転移させた張本人。
最初はエルハザードにて敵として立ちふさがるが、先エルハザード文明の遺産(機械類)にアクセス出来る誠によって絶対服従回路が解除され、凍り付いていた心が溶けて誠を愛するようになる。
終盤、先エルハザード文明が遺した巨大最終兵器『神の目』の暴走を止めるため、自らの命と引き換える覚悟で神の目の中心部に飛び込んで行く。暴走を止めることに成功するが、神の目の膨大なエネルギーによってイフリータ自身は1万年前の地球へと飛ばされてしまう。
残ったエネルギーの少ない彼女は、1万年先の未来(誠達にとっての現代)で再び誠に出会える事を夢見て、誠から貰った『楽しい記憶』を胸に1万年の眠りにつくのだった。
数え切れぬ夜の狭間で、ただおまえの夢だけを見ていたよ
あの、懐かしい世界についたら私によろしく伝えてくれ

テレビ版

イフリータ


コメディ色の強いTVアニメ版では、冷徹だったOVA版から打って変わって天然ボケキャラと化す。
可愛いドジっ娘キャラで、陣内の乱命に当人のドジも相まってあれこれドタバタしている。ルーン・ヴェーナスらを威嚇する目的で山一つを一撃で消滅(直前にルーンにおそらく無人であることを確認した上で)させた。

キャリー・ストーリーのイフリータ


イフ子



2011年5月のイベントにて初登場。

圧倒的な成長速度の早さ、当時のそれまでのキャラ以上の強さ、そしてゲーム内初めてのツンデレキャラが話題を呼び、今でもキャリストでも1、2を争う人気キャラ。


2011年11月の1周年記念イベントでは探訪者の肩書きを付けて再登場。また、同イベント内では妹のマテリアが登場した。

pixivに投稿された作品 pixivで「イフリータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64058

コメント