2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ウェウェゴンベル

うぇうぇごんべる

インドネシアのゴンベルの丘に現れ、子を攫ってしまう大きな乳房を持つという女怪。※メイン画像右
目次[非表示]

概要

オランダの植民地時代に多くの者が虐殺されたことが知られる、スマランのゴンベルの丘に出没するのでウェウェゴンベル(Wewe Gombel:お婆さんゴンベル)またはコロンウェウェ(Kolong wewe:取り囲むお婆さん)と呼ばれる。

元はこの丘の近くに住む女性であったが、子を成せなかったために男に浮気され、怒りで男を殺害した罪から村からも放逐され、最後には自殺した結果化けたものであるといわれる。

本来の伝承では長髪を振り乱した、垂れ下がった長い乳房を持つ牙の生えた老婆で、親に問題があり虐待されたり、放置されている子供や、言うことを聞かない悪い子供の前に現れてはどこかへ攫ってしまうが、傷を付けるなどの危害は加えない。

一般には見た目は恐ろしいが、本質はシュガーパーム(椰子の樹)の頂にある住処に攫われた子供たちを優しく養い、親が悔い改めれば返してくれるという慈愛の存在であるとされる。

なおWikipediaなどのメイン画像でウェウェゴンベルとされるものは、16世紀のイタリアの彫刻家ジョヴァンニ・バティスタ・デカバリエリによって描かれた怪物図が、イメージに合うために用いられたものである。

国境が接した隣国マレーシアには、ハンツ=テテクハントゥ・コペクと呼ばれる同様のお化けが伝わっている。

創作での扱い

インドネシアでは有名な妖怪なので、各種創作に登場しており、1988年の同名の映画を始め2015年の『Wewe』、2019年のアジアの監督たちによるオムニバスTVドラマ『フォークロア・シリーズ』の1エピソード「母の愛」などに登場している。
またGooglePlayで『Wewe Gombel-Horror Escape』という、館からの脱出系アプリゲームが配信されている。

関連タグ

インドネシアの妖怪 女幽霊 女妖怪 ブギーマン 

ハンツ=テテク テンジ サッパン・スックーン 乳の親
鬼婆 姑獲鳥 片輪車

関連記事

親記事

ハンツ=テテク はんつててく

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました