ピクシブ百科事典

グランブルーファンタジーに登場する星晶獣のウォフ・マナフについてはこちらで。

概要

ヴォフ・マノとも表記される善神アムシャ・スプンタの一柱。
その名は“アヴェスター語”で「善い思考」を意味するとされており、“パフラヴィー語”ではワフマン。“現代ペルシア語”ではバフマンと呼ばれ、善悪の分別を司るとされる。

悪神アカ・マナフと敵対しており、アムシャ・スプンタではスプンタ・マンユに次ぐ地位(あるいは最高位)にあるとされており、自身の霊をアフラ・マズダーに移して自らの霊的な進化を果たしたといわれている。

伝承によれば、最初にザラスシュトラの前に現れ、彼をアフラ・マズダーの元へと連れて行ったであり、人間の善行と悪行を記録し、裁きを下す役割を持ち、死後の世界で人間たちを最初に出迎えるのもウォフ・マナフであるとされている。

また、中世以降では家畜を守護する神とされていたという。

関連項目

アムシャ・スプンタ ゾロアスター教

関連記事

親記事

アムシャ・スプンタ あむしゃすぷんた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォフ・マナフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 662

コメント