ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ヴォフ・マノとも表記される善神アムシャ・スプンタの一柱。

その名は“アヴェスター語”で「善い思考」を意味するとされており、“パフラヴィー語”ではワフマン。“現代ペルシア語”ではバフマンと呼ばれ、善悪の分別を司るとされる。


悪神アカ・マナフと敵対しており、アムシャ・スプンタではスプンタ・マンユに次ぐ地位(あるいは最高位)にあるとされており、自身の霊をアフラ・マズダーに移して自らの霊的な進化を果たしたといわれている。


伝承によれば、最初にザラスシュトラの前に現れ、彼をアフラ・マズダーの元へと連れて行ったであり、人間の善行と悪行を記録し、裁きを下す役割を持ち、死後の世界で人間たちを最初に出迎えるのもウォフ・マナフであるとされている。


また、中世以降では家畜を守護する神とされていたという。


女神転生シリーズでは

女神異聞録ペルソナ』にて登場。アルカナは「JUDGEMENT」(審判)。TCGでは種族「大天使」/アライアメント「LIGHT-LAW」の悪魔として扱われていた。

他のアムシャ・スプンタ同様にクリーチャー然としており、捻れた手足にトンボの翅を持ち、光輪で体を縛った奇妙な姿(公式絵/タロット共に同じデザイン)。


業魔に大ダメージを与える「ヒエロスグリュペイン」という物理スキルを習得できる上位ペルソナとして登場しており、TCGでも使用可能。


ペルソナ5ザ・ロイヤル』では顧問官のコープMAX特典としてまさかの復活

また、同作ではビヤーキーハスターといった『ペルソナ』シリーズ産の悪魔が原作と同じデザインで登場しており、これは『ペルソナ3』以降の作品では非常に珍しいケースである(奇しくも、この3体は『真・女神転生トレーディングカードゲーム』で公式絵が公開されているという共通点を持つ)。

「顧問官」(男性の相談者)のアルカナが示すのは「理想」(正位置)と「知恵」(逆位置)とされ、ウォフマナフが選出されたのは「善の思考」を表す神だからではないかと思われる。


デビルチルドレン』では種族「テンシ」の悪魔として登場した。そちらではツノを生やした姿をしており、従来のデザインとは全く異なる。


関連項目

アムシャ・スプンタ ゾロアスター教

超星神グランセイザー:宇宙の秩序を守る連合軍の統括者たる大いなる意思として登場。連合軍の名前も「宇宙連合ウオフ・マナフ」とそのものズバリ。

関連記事

親記事

アムシャ・スプンタ あむしゃすぷんた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33142

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました