ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

年齢???
出身地???
身長200cm(角除く)
体重???
種族???
性別


概要

CV.竹内良太
漫画魔法使いの嫁』の登場人物。
山羊イヌ科頭蓋骨の姿をした、人ならざる異形魔法使い。「影の茨(ソーン)」「裂き喰らう城(ピルム・ムーリアリス)」「骨頭」「影の棘」「茨の魔法使い」「半端者」など様々な呼ばれ方や異名を持つ。

現代では少なくなった本物の魔法の使いとしてかなりの実力を持ち、教会もその存在を恐れ監視されている。魔法の傾向としては破壊系統を得意とし、逆に浄化などは苦手。
上記の異形の姿がデフォルトだが、必要に応じて金髪の人間の姿になったり、四足の獣型に変化したり、肉体を組み替えて女性の姿になったりもできる。

基本的には紳士的で穏やかな性格。だが人としての常識が欠落した部分があり、時折子供っぽい反応や行動を見せるなど、精神的には未熟な部分も垣間見せる。
「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」のチセをオークションで強引に競り落とし、自らの弟子兼嫁として家に迎える。チセとの出会いと交流によって、彼自身にも変化を見せ、徐々に人間としての感覚・感情を知っていく。

遥か昔に彷徨っているところを魔法使い・リンデルと出会い、その師匠・ラハブから「エリアス」の名を与えられ、魔法使いへの道を進んだ。リンデルと出会う前の記憶がなく、ラハブもその正体はわからなかった。
その正体は未だ明らかになってはいないが「元は精霊だが人が混じっている」「影に属する存在」「肉の殻を持つ者(リャー・アナム)」などの情報が断片的に語られている。

引きこもりで人間嫌いの世捨て人だが、人との関わりを完全に断っている訳でもない模様。
妖精の女王に「私達の世界で暮らさないか」と誘われた時には「君達はいつも僕の事を憐れんだり嘲笑っているだろう」「僕を恐れるのは人間達だけど、受け入れたのもいつだって人間だった」として誘いを拒否している。

話が進むにつれてチセに相当の執着心を抱くようになり、彼女がどんどん交友関係を広げていくことに内心で苛立ちを覚えていた。
8巻で(相手はしぶしぶだったが)教わったアドバイスを基に、以前から嫉妬の対象だった知り合いのステラを誘拐し、チセにかかっていた死に至る呪いを移植しようとして遂にチセから拒絶されてしまう。
その後9巻ラストでお互いの気持ちを正面からぶつけ合い、最終的に出かける際にいくつかの約束事を復唱することで、なんとかチセを学院(カレッジ)に通わせるくらいの折り合いをつけた。

関連タグ

漫画 魔法使いの嫁 魔法使い 羽鳥智世

関連記事

親記事

魔法使いの嫁 まほうつかいのよめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エリアス・エインズワース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1143555

コメント