ピクシブ百科事典

エヴリン・カナハン

えぶりんかなはん

映画『ハムナプトラ』シリーズの登場人物(画像右側)。

演::レイチェル・ワイズ(1・2)マリア・ベロ(3)
吹き替え:石塚理恵<ソフト版>/田中敦子<テレ朝版>/玉川紗己子<フジテレビ版>

概要

本作のヒロインで、カイロ博物館に勤務するイギリス人女性。好奇心旺盛で兄、ジョナサン・カナハンが持ってきたハムナプトラへの地図を見たのを機にハムナプトラに向かおうとする。
しかし、遺跡を守る兵士たちの子孫であるメジャイの関係者であった館長によって地図を焼かれてしまい、兄が地図をもらったという死刑寸前の男、リック・オコーネルを救出しハムナプトラに向かうが、そこで発掘した死者の書を読んでしまい、イムホテップを蘇らせてしまう。そしてイムホテップにアナクスナムンを生き返らせるための生贄にされそうになるがオコーネルによって救出され、遺跡から帰還後に彼と結婚した。

続編の『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』ではリックと結婚したためオコーネル姓となり、息子のアレックスと豪邸で3人で暮らしている。
結婚後はリックと共に探検家として活動しており好奇心や探究心は相変わらずで毎晩夢で見るようになったと伝説の「アム・シェアーの聖なるオアシス」へ行くことを望んでいる。また、前作の後に腕っぷしも強くなり、ハフェズ一派と互角に叩けるほどの剣術や銃の腕も身に付けていた。
中盤でアナクスナムン(ミラ)によって殺害されてしまうが、アレックスとジョナサンの活躍で蘇生した。
そしてその際に前世であるアナクスナムンのライバルでセティ一世の娘であったネフェルティティとしての記憶を取り戻し、因縁の対決に挑む。ちなみに前世でも現代でもお互いサイを武器にしていた。

『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』では2度にわたるイムホテップとの戦いを基にした小説を書きベストセラー作家となるが、ネタ切れによりスランプ状態となっていた。そんな中、イギリス政府からブルーダイヤ・<シャングリラの眼>を上海に輸送するという依頼を受けて中国に向かうが、そこで呪われた皇帝とミイラ軍団との戦いに巻き込まれる。戦闘能力は相変わらずで、ヤン将軍との決戦ではリンとの連携で互角の戦いを繰り広げた。

関連タグ

ハムナプトラ
リック・オコーネル
アレックス・オコーネル
ジョナサン・カナハン
イムホテップ

pixivに投稿された作品 pixivで「エヴリン・カナハン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65

コメント