ピクシブ百科事典

アナクスナムン

あなくすなむん

映画『ハムナプトラ』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

ハムナプトラ 失われた黄金の都』で初登場。

本項ではミラについても記載。

人物像

長い黒髪と金粉のボディペイントが塗られた褐色肌、非常に露出度が高い衣装が特徴のエキゾチックな美女。
演者はパトリシア・ヴェラスケス。

経歴

古代エジプトの国王の愛人であったが、大神官のイムホテップと密かに恋に落ちており、やがてその関係が国王にバレた際にはイムホテップと共に国王を殺害。
直後に兵士達が駆けつけ、「生き延びて私を蘇らせて」という言葉を残してイムホテップを逃がし、兵士達の前で自ら命を絶った。
死後、遺言通りにイムホテップが死者蘇生の儀式でアナクスナムンを蘇らせようとしたが、あと一歩のところで兵士達に阻止されてしまい、捕えられたイムホテップは「ホムダイ」の刑で受けて地下深くへと封印された。

なお、それらの顛末は国王の娘ネフェルティティが原因である事が後述の続編で明かされた。

ミラ

続編の『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』で登場したアナクスナムンと瓜二つの女性。
こちらも演者がパトリシア・ヴェラスケス。

ハフェズ一派に属しているが、実はアナクスナムンの生まれ変わりであり、自分達の野望のためにイムホテップを蘇らせた。
その後、イムホテップの手によってアナクスナムンの魂を憑依させられて前世の記憶を取り戻す。
中盤ではネフェルティティの生まれ変わりであるエヴリン・カナハンを一度殺害したが、のちに彼女の兄と息子が死者の書でエヴリンを生き返らせてしまい、死者蘇生の儀式の影響で前世の記憶を取り戻したエヴリンと数千年ぶりに対決する事となる。

終盤でイムホテップとリック・オコーネルの2人がピラミッド内の亀裂に落ちそうになった場面では、エヴリンがリックを助けたのに対し、自身はイムホテップを見捨ててその場から逃げ出してしまった。その姿を目の当たりにしたイムホテップは絶望のあまり、死者の世界へと通じる亀裂へと自ら落ちていった。
そして、逃げる途中でバランスを崩して運悪くスカラベの巣へと飛び込んでしまい、最期はスカラベの大群に全身を貪り食われ、イムホテップが待つ地獄へと堕ちていくのだった。

関連タグ

ハムナプトラ イムホテップ エヴリン・カナハン
映画 エジプト 褐色肌 前髪ぱっつん

エレクトラ(MARVEL)

pixivに投稿された作品 pixivで「アナクスナムン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 709

コメント