ピクシブ百科事典

アレックス・オコーネル

あれっくすおこーねる

映画『ハムナプトラ』シリーズの登場人物。

演:フレディ・ボース(2)ルーク・フォード(3)
吹き替え:常盤祐貴<ソフト版>/大谷育江<テレ朝版>/半場友恵<フジテレビ版> (2)
     上地雄輔<ソフト版>/加瀬康之<フジテレビ版>(3)

概要

リックとエヴリンの間に生まれた息子。母親譲りの好奇心と父親譲りの行動力を持ち、リックによると年中博物館に通っているらしい。
エジプトから帰国した際に持ち帰ったアヌビスの腕輪を装着してしまい、そのせいでハフェズ一派に追われる羽目になってしまうが、幼いころから両親と共に冒険していたこともあって度胸があり、砂絵で居場所を教えたり死者の書を解読するためにジョナサンに時間稼ぎを頼むなど機転も聞く。
また、古代エジプト文字を読む事もできるため死者の書を解読し途中ジョナサンの助けを借りながら母、エヴリンを蘇生させることに成功した。

続く『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』では戦禍から逃れさせるために両親によってアメリカのハーバード大学に留学させられていたがいつのまにか中退し中国でハン皇帝の皇帝陵の発掘調査を行っていた。その上2000年前の皇帝陵を発掘するという、大偉業を成し遂げていた。父、リックとは長らくあっていなかったこともあって初めは会話もぎこちない状態で衝突ばかりしていたが、終盤でリックが重傷を負うもツイ・ユアンによって救われるとようやく和解しハン皇帝との決戦では父と協力して見事に工程を倒した。
また、ハン皇帝の皇帝陵を守護していた少女、リンと初めは衝突していたものの次第に惹かれていき、最終的には恋人同士になった。

関連タグ

ハムナプトラ
リック・オコーネル
エヴリン・カナハン
ジョナサン・カナハン

コメント