ピクシブ百科事典

イムホテップ

いむほてっぷ

映画『ハムナプトラ』シリーズの登場人物。

演:アーノルド・ヴォスルー
(吹き替え:飯塚昭三<ソフト版>/大友龍三郎<フジテレビ版>/玄田哲章<テレ朝版>)

概要


ハムナプトラ 失われた黄金の都』で初登場した3000年前の大神官。 古代エジプトの死者の国を管理する祭司であったが、国王セティ一世の愛人であったアナクスナムンと恋に落ち、それがばれてしまったためセティ一世を殺害し逃亡、その後自分の目の前で自害したアナクスナムンの遺体を盗み黒の書を盗掘し部下たちと共に死者蘇生の儀式でアナクスナムンを蘇らせようとしたが、あと一歩のところで兵士達に発見、阻止されてしまい、部下たちと共に捕えられ部下たちは生きながらミイラにされ、イムホテップは「ホムダイ」の刑を受けて地下深くへと封印された。
そして3000年後の1923年、エヴリンが黒の書を読んだことでミイラ状態で復活、人間たちを襲撃し舌と眼球を得た後は生気と水分を奪って完全体となり体を砂にする能力やマインドコントロールで人々を洗脳しリックたちを襲撃、エヴリンをアナクスナムン復活のための生贄にしようとしたが駆けつけたオコーネルたちにエヴリンを救出され、アナクスナムンをミイラ兵士に殺害され逆上、オコーネルを殺害しようとしたが金の書で能力を失いオコーネルに倒され再び封印された。

続編の『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』ではハフェズ一派によって復活させられ、ミラを器にしてアナクスナムンを復活させる。こちらではなぜか英語を話せるようになっており、アヌビスの軍隊を手に入れるためにハフェズ一派と共に暗躍する。
最終的にはアヌビスによって力を失うもピラミッドでオコーネルとの殴り合いの末にスコーピオンキングが復活、二人がかりで襲い掛かるがスコーピオンキングが倒されるとピラミッド内に発生した亀裂に落ちそうになるとアナクスナムンに助けを求めるが、エヴリンがオコーネルを助けたのに対しアナクスナムンはイムホテップを見捨ててその場から逃げ出してしまった。その姿を目の当たりにして絶望、自ら地獄へと落ちていった。

関連タグ

ハムナプトラ
アナクスナムン
リック・オコーネル
哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「イムホテップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 759

コメント