ピクシブ百科事典

オブラートに包む

おぶらーとにつつむ

「オブラートに包む」とは、言葉の一つ。
目次[非表示]

概要


色々な意味が含まれているのだが、現在では【物申す時に、相手方の怒りに触れないようにするための方法】として知られている。

「オブラート」って何ぞや? と思った人はこちらを参照されたし

例えば


【相手の服装が奇抜すぎることを物申す場合】



『独特だね。 でも・・・・こっちの服も似合うと思うよ?』というと『そう? じゃあ、試しに着てみようかな』と喧嘩にならなくて済む。


が・・・


『なんだよ、その格好 くそダサ! 』というと『はぁ? 何着ようがいいでしょ?』とダイレクトに言ってしまうと喧嘩になってしまう


【食べた料理が合わなかったことを物申す場合】




『うーん、この料理は美味しいですが・・・もうひと手間加えるともっとよくなりますよ!』と良い所を付け加えて言うと 相手方の気は落ちますが、精神的なダメージは少なく、次のステップへ踏み出そうという気持ちにも繋がる


が・・・


『この料理、まっず!!』と言ってしまうと相手方のダメージが大きくなってしまい、次のステップへ踏み出したくないという気持ちに繋がる。


【相手の性格に対して物申す場合】


『あなたのはっきりと物申すところは好きです。 が、相手の気持ちをもう少し考えた言い方をした方が良いと思います』

と言うと「発言する前にワンクッションおく」ということを相手が覚え 放つべき言葉であるか否かを考え、『これを言ったら 相手が傷ついてしまうかも・・・』と言葉を選んでから発言するようになる。


が・・・


『あなたのそういう性格は嫌いです』と言うと、『あ?んだと、こら』となってしまう。口論に発展してしまうことになったり最悪の場合、暴力沙汰になってしまうことがある。



間違った使い方


言う側が【相手を怒らせるような事を物申していた】にも関わらず『オブラートに包んで言ってあげたのに・・・』と言っても、説得力は生まれない。

逆に相手から『オブラートに包んでないだろw』と馬鹿にされたり『あれが、オブラートに包んであるの? 大丈夫?』と心配されたり、『どうしようもないな・・・』と冷たい眼で見られるはめになるので注意されたし。


関連タグ


言葉 表現
婉曲 曖昧 遠まわし/遠回し

コメント