ピクシブ百科事典

ガスコーニュ(アズールレーン)

がすこーにゅ

ガスコーニュとは、ゲーム「アズールレーン」に登場する特別計画艦の一人である。
目次[非表示]

ガスコーニュ、起動完了。指示確認:主(メートル)に自由と勝利を――ガスコーニュ、これより奉仕行動を開始する

概要

CV:小松未可子 Illust:Liduke 

World of Warshipsのコラボ企画兼ハイエンドコンテンツである「特別計画艦」第二期の1隻。
レアリティは特別計画艦専用の「PR(PRIORITY、特別計画)」となり、建造・強化・限界突破は開発ドックにて行う。開発開始自体はユニオン鉄血の各陣営技術Ptを稼ぐことで可能となるが、戦術データ収集の対象が鉄血主力orアイリス/ヴィシアの主力となっている。
その為、現状ではフリードリヒ・デア・グローセと同様に期間限定建造のキャラクター所持が必要となっている。
他の計画艦を開発しつつイベントの復刻を待とう。

リシュリュー級戦艦四番艦として建造が予定されていた特別計画艦で、指揮官を「主(メートル 主人・マスターのフランス語)」と呼ぶ、儚げな雰囲気の少女。


容姿


紹介ツイートでその大きな艤装の全体図が公開されている。基本的にトリミングされるものなのでこの扱いは異例ともいえる。
凝ったデザインの多いアイリス・ヴィシアの仲間たちに比べてるとシンプルであり、サン・ルイと同様の白と青を基調にしたオフショルダーのワンピース。特徴的な浮遊状態の一対のケープ以外、見た目の奇抜な点は無い。
モノトーンカラーで落ち着きのあり、清涼な雰囲気を感じることのできる透明感……どころではなく、
ライトや照明に照らされるだけでインナーの様子を伺える程の、本当に透け透けのようだ。
びそくぜんしんっ!ではレオタードやバニースーツ的なインナーを着用してる模様。
手に持っている槍状のものは、サン・ルイのものと比べると鋭利ではないため、十字架かと思われる。

ちなみに、母港帰還時に勧めてくる「アルマニャック」とはフランス名産のブランデー(お酒)であり、ガスコーニュ地方のアルマニャック地域で生産され、かつ法定基準を満たした物のみがこのブランドを名乗れる。
連続式蒸留で生産され、度数は最低でも40度となるため母港に戻って勧められるままガバガバ飲んでいると指揮官の肝臓は死ぬし、高い物だと5万近いため最悪財布も死ぬ。強いお酒ではあるが最高等級のものは味わい深くフルーティで個人差はあれど美味である。
たまにはガスコーニュと一緒にグラスを傾けるのも一興だろう。


性格


機械的な振る舞いが特徴的なKAN-SEN。彼女曰く「本来KAN-SENにあるべき『カンジョウ』が無い」との事。その言動はどこまでも冷徹で、感情表現を非効率的で不要なものであると切り捨てている。建造後、心優しいけど若干スケベな主(メートル)と感情豊かなKAN-SEN達に囲まれ、非効率的な感情表現行為に疑問を抱き続けている。
敗北時は自身の廃棄を提言したりと、自分を大切にしない様な振る舞いが中心。


性能

優秀な基本ステータスでまとめられた戦艦。ナンバーワンを誇るようなステータスは持っていないが、基本的なスペックで戦艦の上位に入る能力を誇っており、計画艦の名は伊達ではないことを教えてくれる。唯一、対空は上位を占めるユニオン戦艦に及ばないが、数値自体は、控えめな補正値に目を瞑ればまずまず。
準姉妹艦であるジャン・バールが攻撃能力に特化したKAN-SENならガスコーニュは万能に方向性を求めたKAN-SENと言える。
最大の特徴として、限界突破によって主砲砲座が一切増えない代わりに、主砲装填ゲージを二つ持っている。最大で180%にも達する主砲補正と後述のスキルにより手動時には驚異的な火力を発揮する。また、オート時にもカットインでの砲撃はネームドを優先的に狙う性質があるため、他の艦船よりも重要目標への打撃力が高いといえるだろう。

  • 感情抑制モジュール
自身の耐久が50%を下回ったときに発動。回避を最大30%上げた上で耐久を2秒毎に2%ずつ、合計8%回復する。最大2回まで発動でき、1回目の回復が終わった時点で自身の耐久が50%を切っていた場合、次の被弾ですぐに2回目が発動する。
回避を上げながら回復できるため、数値以上に粘り強く戦える。

  • 精密射撃プロトコル
3つの効果の複合スキル。
主砲の装填可能数を2にする。
手動砲撃時の威力補正を最大40%に上書きする。
戦闘開始20秒毎に弾幕を発動。最大強化時は必ず発動する。

1に関しては、主砲砲座数1の戦艦2隻であるかのようになる。2は、手動で撃てば主砲ダメージが1.4倍になると考えていい。全砲座に手動照準を適用できる本艦とは非常に相性が良いといえるが、オート砲撃では効果が発揮されない点に注意が必要。3はル・トリオンファンの全弾発射のような、トリコロールカラーの弾を9発×3列で投射する。海域では自陣と敵陣の境界線あたりにしか届かないが、演習では相手の主力艦隊まで届くようになる。
その性質上、奥に引きこもるタイプのボスに対してはほぼ弾幕が届かない事は留意したい。敵の装甲をほぼ無視出来る、サンディエゴ改の特殊弾幕と同様確率に左右されないという点で、他の弾幕勢とは一線を画す性能である。


関連イラスト

Gasko WIP
暗闇は苦手ぞ...


無題
ガスコーニュとラフィーとキズナさん漫画



関連タグ

アズールレーン KAN-SEN ヴィシア
架空存在









照合完了――お帰りなさい、主(メートル)


以下の項目はガスコーニュの好感度に関するネタバレあります。閲覧には注意してください


























































戦艦ガスコーニュ - アズールレーン


この艦隊で学んだ多くの「感情」、「悩み」、そして「楽しみ」……主がガスコーニュに望むこと、今ようやく理解した。主、本当に、ありがとう……

好感度「愛」まで至る時、彼女の封印されていた感情機能が起動。溢れ出る指揮官への思いと共に、今まで出さなかった感情の籠もった声で愛を伝える。
以後、セリフが全体的に変化。声が感情豊かになり、楽しげなトーンで指揮官の帰還を喜んだり、サボりに対して「よくない」等、活き活きとした性格へ変化する。
テキストにおいても、カタカナ表現であったカッコ内の言葉(「ショウドウ/衝動」「ヨロコビ/喜び」「アンシン/安心」など)が全て漢字表記に変化しており、彼女が感情と愛情に目覚めた事を示してくれる。

関連記事

親記事

ヴィシア ゔぃしあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガスコーニュ(アズールレーン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 393000

コメント