ピクシブ百科事典

伊吹(アズールレーン)

いぶきあずーるれーん

『アズールレーン』に『World of Warships』とのコラボレーションとして登場する計画艦。
目次[非表示]

永き夢から私を目覚めさせたのはあなたでしょうか? 不肖伊吹、まだ修行中の身ですが、この私でよろしければ、何卒お使いください

CV:福圓美里 イラスト:玛雅G

主殿、ご命令がなければ、概要に…少し席を外してもよろしいでしょうか

アズールレーン』で2018年4月に発表された『World of Warships』とのコラボレーションにより登場した計画艦(架空存在)の1隻。

重桜所属の重巡洋艦第二次世界大戦の戦況悪化で空母へ艦種を変更して建造が続けられたが竣工に至らないまま終戦を迎えており、WoWsおよびアズールレーンでは「もし当初の計画通りに重巡洋艦として完成していたら」と言うif設定で計画艦として登場している。完全にペーパープランだった出雲に対し、こちらはある程度までは建造されていたためか、実戦に参加出来ることが嬉しい模様

なお、計画艦組の中では夕張がいるかどうかで大きく建造難易度が変わる。いる場合は全計画艦の中で最も簡単になるがいない場合は中々厄介となる。ただし特別計画艦二期目の吾妻 (艦種は「超巡」) は伊吹の戦術データ収集Ⅰ/Ⅱ (「巡洋艦」) の対象外となっている点に注意。

ボイスにヨモギが出てくるが、これは艦名の元となった伊吹山は古来より薬草が多いことで知られ、良質なヨモギが採れることからだと考えられる。
同じく日本書紀や古事記の時代から伝承や歌が残る地であり、百人一首でも詠まれている。
 『かくとだに えやは伊吹の さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを』 藤原実方朝臣
ラブのセリフは、この歌を彼女なりにアレンジしたものと思われる。

容姿ですね…伊吹も一緒に見ましょうか?

センシティブな作品


重巡から空母に艦種変更されたカンレキを持つためか、左目が赤、右目が青のオッドアイとなっている割とボディラインのはっきり出る、白を基調としたボディコンっぽい服に白い振り袖めいたジャケットと和洋折衷な服装。青いストレートのロングヘア。十分に重巡を名乗る資格のある立派な胸部装甲に、背中への繋がりが気になるから腰への肌の出た部分、服から透けて見える鍛え込まれた腹筋とおヘソ……純粋にナイスバディな上にフェチ度も素晴らしい出で立ちである。

元旦贺图


2018年12月27日のアップデートで、正月用着せ替え衣装「冬籠の夢」が実装された。
深い藍色の振り袖が素敵だが、なぜか脇はしっかり露出している。注目はLive2D表示のレベルの高さ。特に秘書艦に据えてのログイン画面のアニメーション演出は必見である。例によって次回メンテの日の日付変更時、つまり2019年1月16日23時59分59秒までの発売なので注意。買い逃したら多分1年待つことになるにゃ。だから欲しい人はお年玉つぎ込んででもお買い上げをおすすめするにゃ。

これは…性格…感謝です!

生真面目でちょっと人見知りっぽいところがある。指揮官のことは「主殿」と呼んで従ってくれる。高雄のような武士(もののふ)タイプではないが、元ネタが滋賀県最高峰の伊吹山であることもあってか野山を駆けまわる自然児であり、剣の修業と精神の修養を欠かさない求道者である。

親密度を上げると、照れ屋な面を見せつつも次第に感情を表す喜びに目覚めていく様子が見られる。楽しさや恋を知らずとも興味があるあたりは、とても年頃の少女らしい。

因みに、おさわりをされると懸命に煩悩を払おうと念を唱えてくる。いや、タッチした指揮官の煩悩こそ払われるべきなのだけど。

主殿、伊吹の性能はどうですか? まだまだありますよ?

魚雷戦術に定評のある重桜陣営らしい、雷撃に特化した計画重巡洋艦。最大185%と神通改(軽巡である)、古鷹改等の改造キャラを僅かに超える優れた雷装補正値と、高雄型サフォーク改と言った攻撃型の雷装重巡達をも大きく上回る重巡最強の雷装値を併せ持つ。
更に強化を繰り返していくと開幕魚雷装填数が+2という独自性を手に入れ、戦闘開始時点で魚雷が2回撃てるようになる。
総合的に見て、雷撃という点に於いてこの伊吹の右に出る重巡は居ない。

  • 心舷合一
ドーセットシャーの持つ「旅の終焉」のクリティカルダメージを更に強力にしたもの。クリティカル率は最大40%増加、クリティカルダメージは最大215%(基本クリティカルダメージ150%+65%)まで上昇する。
例えば素のクリティカル率が10%の時に比較した場合、伊吹の魚雷ダメージの期待値は他艦の約1.5倍程になるという非常に強力なスキル。
竜骨編纂すると、自身の魚雷攻撃時、6秒間自身の回避が4.5%(最大12.0%)アップする効果が付与される。

  • 雷刃一閃
魚雷発射時15%(最大レベルで30%)で特殊魚雷弾幕を発動する。8本の魚雷を発射、目の前で一度停滞してから一気に加速、4本を前方に、残り4本が2本ずつ上下に拡散する。
戦闘開始後10秒程経過するまで発動出来ず、オート操作で戦闘開始した場合の開始時魚雷では発動しない。
Lvにより本数は変わらず、威力と発動確率が上昇していく。

  • 対セイレーン特化改修
計画艦固有スキル。きっちり強化しきれば、イベント海域などで姿を現すセイレーンのエリート艦隊に絶大な威力を発揮することであろう。

またすべてのスキルが攻撃系スキルに分類されるため、ただでさえ足りなくなる赤本(攻撃系スキル強化素材)が足りなくなる。

これしきの史実、褒められるほどでは御座いません

太平洋戦争に突入することがほぼ決まりかけていた1941年末に立てられた予算案に、当然出るであろう重巡の消耗に対応するための新しい艦の建造予算が計上されていた。その時点での最新型重巡は利根型だったが、こちらは急造する必要があったため、その前級である改最上型=鈴谷型をベースとした設計が行われた。このため、この型は「改鈴谷型」と呼ばれている。なお、最上型のように軍縮条約逃れのために主砲を15cm砲にしておく、という必要も無かった(当時既に条約から抜けていた)ため、当初から20cm主砲を備えた"重巡洋艦"である。
この改鈴谷型重巡は2隻の建造が予定され、それぞれ艦名も日本の重巡の命名基準である山の名前から取って1番艦「伊吹」2番艦「鞍馬」と決まっていた(2番艦の方は諸説ある)。

しかし、戦局の変化、特にミッドウェーで一航戦・二航戦を一気に失ったことが日本海軍を大きく狼狽させた。起工直前だった2番艦は建造中止(代わりに2番艦を建造する予定だった三菱長崎造船所では雲龍型空母〈天城〉を建造することになった)、そして、呉海軍工廠で既にそこそこまで出来ていた1番艦も「とりあえず進水させて場所を空けろ」というわけで1943年5月に進水し、〈伊吹〉と命名された。なお、進水する前に"一等巡洋艦"として登録されていたので、重巡洋艦と呼ぶのは間違いではない。
と言っても、進水した後は工事を中止することは既に決まってしまっていたため、この後この〈伊吹〉をどうするかについては、高速給油艦プラン、高速輸送艦プラン、水上機母艦プランなど議論百出するもなかなかまとまらなかった。
その行く末がようやく決まったのは、アメリカの動向が影響した。というのも、航空兵力の有効さに気付いたアメリカが本格的に空母建造に力を入れ始め、隔月刊正規空母ことエセックス級空母や週刊空母ことカサブランカ級護衛空母と共に、週刊改造空母ことインディペンデンス級空母を送り出してきたからだ。このインディペンデンス級というのは、例によって大量生産していた兄貴姉貴ことクリーブランド級軽巡洋艦の艦体を流用した改装空母で、これらに対抗するため、放置されていた〈伊吹〉の空母への改装が決まった。

といっても、改装が決まったのは1943年8月であり、実際に〈伊吹〉を佐世保に回航してから工事に取りかかったのは11月になってからである。それまでの間に〈伊吹〉にはそこそこ重巡としての艤装もされていたため、改装工事はまず主砲塔の撤去から始めなければならない始末であった。おまけに佐世保工廠は他の艦の建造もしていた(当時は阿賀野型の〈矢矧〉〈酒匂〉を建造中)うえに、太平洋戦線で傷ついた艦艇がひっきりなしに修理にやってくる状態で、とてもじゃないが空母改造なんてやっている余裕はなかった。

そうこうしているうちに、さらに戦局は進み、マリアナ沖航空戦、レイテ沖海戦を経て日本の航空戦力は壊滅してしまった。残っている雲龍型空母も〈雲龍〉が、陸軍の兵隊さんや特攻兵器「桜花」を運ぶ事実上の輸送艦として使われた挙げ句撃沈され、〈天城〉と〈葛城〉はもはや積む飛行機すらなく呉でお飾り(そして米爆撃機のいい標的)というような状況になっていた。いまさら新しい空母造ってもなぁ、という悲しい状況に、改装工事は1945年3月に中止され、〈伊吹〉はその後岸壁に係留されたまま終戦を迎える。

1946年11月から解体開始、翌1947年8月に解体完了し、〈伊吹〉は相手に砲を撃つことも航空機を発艦させることもなく、言うなれば艦として産まれることなく、その生涯を終えた。
第一次世界大戦当時の大日本帝国海軍で就役していた同名の鞍馬型巡洋戦艦の2番艦ではない。

関連イラストを見せてほしい、ですか?す、すみません、人前ではちょっと……

伊吹ちゃん
happy valentines


俺のオフニャが怒りだす
伊吹


新年衣装「冬籠の夢」

アズールレーン 伊吹
あけましておめでとうございます、主殿



空母になってたら仲間入りしてたのだろうか……

センシティブな作品



主殿、関連タグって……これですか?はい、とにかく無事完了しました

アズールレーン KAN-SEN 架空存在
レッドアクシズ 重桜
冬籠の夢……新年衣装。風に揺れる振袖と見事な胸部装甲がフェチズムを刺激する。
出雲(アズールレーン)……同時に登場した重桜所属の戦艦。実在した同名の装甲巡洋艦ではない。同時に新年衣装も貰った。
ニコラス(アズールレーン)Z36(アズールレーン)……アズレンの残りのオッドアイ(ニコラスは右目が赤、Z36が左目が金・右目が赤、左目が青で伊吹と逆)。

関連記事

親記事

重桜 じゅうおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伊吹(アズールレーン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1073390

コメント