ピクシブ百科事典

ガスティドッグ

がすてぃどっぐ

「ガスティドッグ」とはタカラ(現タカラトミー)がSFC用ソフトとして販売した「装甲騎兵ボトムズ ザ・バトリングロード」に登場する主人公(終盤)の搭乗機である。 また、PSソフト「装甲騎兵ボトムズ ライトニングスラッシュ」でも「ホワイトバイザー」と言うリングネームで登場している。
目次[非表示]

スペック

ATH-11-SA
クラス H級
全高 4299㎜
乾燥重量 7925㎏
基本待機重量 8263㎏
装甲厚 15〜5㎜
GH限界走行速度 82.9㎞/h
GH巡航走行速度 45㎞/h
GH最大出力 320hp

機体解説

ギルガメス軍の試作H級ATブラッドサッカーに似た形状でSA(スペースアサルト)に相応しくストライクドッグのように宇宙空間での戦闘が可能。
固定武装はH級のトータス系ATと同様の11㎜機銃とダブルパイルバンカーである。

ゲーム中では

「ザ・バトリングロード」では主人公「ファミン・エルム」がヨーグルから貰い受けるATとして登場する
戦艦テルタインの艦内でアナヒサの操るスカラップスと交戦した。
塗装はストライクドッグと同様青をメインの塗装だが、カメラ基部 パイルバンカー ターンピックはグレー
「ライトニングスラッシュ」ではザ・コザでバイザーのみを白で塗装された「ホワイトバイザー」のリングネームで登場しブラッククラブ(後のデンジャーメロン)の正体を確かめようとした矢先に主人公たちの前に現れ戦うがパイロットは....、

余談

ザ・バトリングロード
登場が終盤のためあまり使用する機会が少ない(対戦モードでも、使用出来ない)ゲームシステムの為か11㎜機銃では無くミサイルを発射する(15発)
ライトニングスラッシュ
H級ドッグやエクルビスと同様クリア後に使用出来るが周回プレイは出来ないのでちょっと残念。
だが、対戦モードではクリアデータをロードすることで使用また、カスタマイズ可能。
こちらはゲームシステム上11㎜機銃が使用できない。
開発経緯(非公式設定を交えた想像)
94年1月号の月刊ホビージャパンにおいて1/48フルスクラッチビルドを作成した大輪正和氏は「一見すると過去のATのラインとは、かけ離れている存在の印象を受けてしまいます。ですが、明らかにこのATはブラッドサッカーの正統な後継機であると考えてる」と述べている。
さらに本人は「ボトムズ・オデッセイ」に記載されているグラントリードッグの設定に基づき、
強奪されなかったグラントリードッグを特殊任務用に再設計し少数生産されたのがガスティドッグと解釈している。

関連記事

親記事

装甲騎兵ボトムズ そうこうきへいぼとむず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガスティドッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 515

コメント