ピクシブ百科事典

ガフ提督/Commodore Guff

がふていとく

ガフ提督とはWtoC社のカードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」の背景ストーリー及びゲーム内に登場するプレインズウォーカーである。
目次[非表示]

人物像

機械の父ヨーグモスとファイレクシアを倒すべく結集した九人のプレインズウォーカー、
「ナイン・タイタンズ」の一人。

様々な次元の知識が書かれた無限の書物と図書館を所有し、全てを読破したとされる。
賢者にして狂人。類稀なる空想作家。

知識をつきつめたせいか挙動に落ち着きがなく、有体に言えば狂っている。

卵が先か鶏が先かはわからないが、予見の能力も持っていたりもする。

本来は蓄えた知識を深めることで悟りに至り更なる高みへもいけるのだが、
万能による人生の破綻や精神の崩壊に耐え切れない未来を恐れ(狂人なのはこのため)、
力を正しいことにしか使わないと、自らを厳しく律している。
狂っているが結果的に良識人という、なんともバランスの危ない御方。
その信条の徹底ぶりは、ナイン・タイタンズのメンバーの死期を悟りつつ、
あくまで本人には黙っていることからも推し量れる。

最期

「歴史書」と呼ばれる因果律的な何がしか(影響力不明)を書き換えることによる、
世界の終焉の改竄を、己の闘い場所に選ぶ。
そして己の命を犠牲にして自分の「歴史書」から終焉を消去した直後、
ヨーグモスの巨大な暗黒雲に飲み込まれ消滅した。

リンク

カードゲーム MTG プレインズウォーカー ファイレクシア

コメント