ピクシブ百科事典

ガーベラストレート

がーべらすとれーと

レッドフレームの所有する実体剣。 振る方向に対してきちんと角度が合っていれば(武道の業界用語では「刃筋を通す」などと言う)機体やミサイル、果てはビームさえ切ることができる。 名前の由来は「菊一文字」であり、兄弟刀としてタイガーピアス(虎徹)がある。
目次[非表示]

ガーベラストレート

作中に登場する、MSサイズの日本刀レッドフレームの主力武器
ジャンク屋であるロウはレッドフレームを基本的には作業用のMSとして扱っているため、自衛武器としてはビームサーベルは高威力・高出力過ぎた。
またロウ自身、コンピューター「8」のサポートを受けて操縦するほぼ素人の非コーディネイターであることも加わって、レッドフレームは何度も戦闘中にエネルギー切れを起こしそうになった。このためそれなりの破壊力と持続性、低出力などを念頭にした武器を検討し続けていた。そんな中、打ち捨てられたコロニーでたまたま見つけたのがこの「ガーベラストレート」である。
そのコロニーはもともと、古い技術を持った人々が世捨て人のように暮らしていたコロニーでガーベラストレートはそこで暮らすMSパイロットであり凄腕の剣豪である老人蘊・奥(ウン・ノウ)が所有していたもの。

ロウは折れていたガーベラストレートの修復と、これを扱うための技術の習得、継承(鍛造と剣術)を条件に譲ってもらった。なおこう書くと蘊・奥が剣の作り方も知っているようだが、彼が知っていたのはあくまでも日本刀の扱い方で、実際に作った人物は既に没している。墓標として残された技術の記録をロウが閲覧して習得し、習熟にあたって「切れ味は知っている」蘊・奥に監修してもらった。
作中では初使用時でいきなりジンが放ったバズーカの弾頭ごと敵機を真っ二つにしている。
これほどの芸当を可能にするために、レッドフレームには特殊なモーションをいくつも導入しており、他のMSが使用しても、やたら丈夫で切れ味のいい剣でしかないどころか、逆に関節部等にダメージを負うほどの負荷がかかる。
ちなみに1/100などの大型キットの茎部分には実在する名刀「菊一文字」の銘が彫られており、「ガーベラストレート」とはまさしくその直訳である。

ガンダムビルドファイターズにレッドフレームのガンプラをベースにニルス・ニールセンの作成した戦国アストレイ頑駄無が登場するが、それが使用する日本刀の名前もズバリ「菊一文字」と「虎徹」である。

バリエーションや類似品

150ガーベラストレート

とある経緯で入手した大量のレアメタルを全部つぎ込んで作った武器。
名前の通り、150メートルの超巨大なガーベラストレート
その大きさは戦艦一隻分に相当し、製作に携わった蘊・奥をして「大馬鹿天井知らズ」と言わしめた逸品。
当然普通のMSでは使えないため、専用装備の「パワーローダー」と呼ばれる大型作業機械を用いて運用する。後にレッドフレームを、腕部にパワーシリンダーを搭載した「パワードレッド」へと改修し、レッドフレーム単体で運用することが可能になった。
普段はロウ達の母艦、「リ・ホーム」に外付けで搭載されている。

150ガーベラストーレート パワー

刀身が折れて無くなった150ガーベラの柄をローエングリン砲に改造したもの。まさに大馬鹿天井知らズ。
柄頭が外れて砲口が現れる。また柄頭(砲口の蓋)は盾に、鍔は格闘武器にそれぞれ変形する。

元々はバンダイアクションフィギュアシリーズMETAL_BUILD用としてデザイナー阿久津潤一氏に設定された新ギミック。後にコラボとしてゲームEXVS、漫画天空の皇女にも登場予定とアナウンスされた。
……改造に至るまでの設定を考えると、漫画組はちょっとしたネタバレである。

タイガーピアス

かつてウン・ノウ専用ジンに搭載されていたMSサイズの「虎徹」。
二刀の内の片割れであり、見た目も性能もガーベラ・ストレートと互角。
蘊・奥の死後はグレイブヤードに遺されている。
カーボンヒューマンとして復活した蘊・奥が駆るレプリカレッドフレームにも装備されているが、こちらはライブラリアンの手で鋳造されたものとされる。同機の武器だったが、後にロウの手により回収され、ガーベラストレートと合わせて二刀流となった。

斬機刀

ジンハイマニューバ2型の近接戦用武器。
日本刀を思わせる外観で、ガーベラストレート同様刀身にレアメタルを用いているとされる。

ニーズヘグ

フォビドゥンガンダムの近接戦用武器。
鎌を思わせる外観で、やはり刀身にレアメタルが用いられているとされる。

他の作品では

ASTRAY」という作品を象徴するとも言える、レッドフレームの目玉武装ということもあって、ゲームなどでもいろいろ優遇されている。

EXVSシリーズでは格闘に使用する他、投擲して相手を攻撃することも。
投げるたびに「串刺しだぜ!」や「ガーベラストレートォ!」とロウが叫ぶのでよく耳に残る。
しかも下方向への誘導性能がとてつもなく高い。
レッドフレームの覚醒必殺技では150ガーベラストレートが登場。
「逆転だぜ!」の台詞と共にいきなり取り出して正面に振り下ろす。
上手く命中させられれば、大きなダメージはじき出す、台詞通りの必殺技である。
作品やアップデートを重ねるごとにできることが増えており、今では発動時にレバー横入力で横にも振ったり、覚醒中格闘チャージショットで一回だけ投擲したりできるようになり、果てはレバー後ろ入力でローエングリンランチャーまで撃てる
コスト2000でありながらこれだけの種類の覚醒技(と覚醒限定武装)が使える機体はほとんど居ない。
まさに公式が大馬鹿天井知らズ。

ガンダムSEED ASTRAYが参戦しているスーパーロボット大戦Wではレッドフレームの武装として使える。フライトユニット装備とパワードレッドで演出が異なる上、専用のカットインまで用意されており、演出面において優遇されている。
この作品ではビームサーベルと使い分けができるが、設定どおりこちらのほうが使い勝手が良いという調整になっている。更にブルーフレームとの合体攻撃も存在する。

GジェネレーションシリーズではガンダムSEED ASTRAYが参戦している作品にレッドフレームの武装として登場する。作品によってはビームサーベルと使い分けができたり、ビームサーベルがない代わりとしてコレが使える作品もある。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY レッドフレーム 日本刀

関連記事

親記事

レッドフレーム れっどふれーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガーベラストレート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18712

コメント