ピクシブ百科事典

キハーダ

きはーだ

キハーダとはラテン音楽で使用される体鳴楽器である。カーーッ!

概要

キハーダはラテン音楽で使用される羊や馬の顎の骨を打ち鳴らす打楽器である。流石にリアル骨は躊躇われるのでヴィブラスラップという木とバネ鋼で作られた楽器も存在するが、ヴィブラスラップは商品名なので楽器の呼称としてはキハーダが使われる。

羊の顎なんかどこで使うんだと思うかもしれないが、北島三郎の「与作」、荒井由実の「中央フリーウェイ」、水戸黄門の「あゝ人生に涙あり」の「カーーッ!」という効果音を出しているのがコレである。

関連記事

親記事

打楽器 だがっき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キハーダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント