ピクシブ百科事典

荒井由実

あらいゆみ

荒井由実とは、日本のシンガーソングライターである松任谷由実の旧姓での活動名。
目次[非表示]

概要

松任谷由実シンガーソングライターとしてデビュー(当時18歳)から、1976年結婚までの間に使用してきた名義。

略歴

デビュー以前

14歳の頃からプロスタジオピアノ演奏し、スタジオミュージシャンとして活躍して。15歳作詞家17歳作曲家としてデビューを果たす。
既にこの頃には後に語り継がれる事になるひこうき雲そのままなど、複数の楽曲を作り上げていた。

デビュー~アルバム『ひこうき雲』


1972年、アルファレコードよりシングル『返事はいらない』で、シンガーソングライターとしてデビューする。
本人は作曲家志望だったが、シンガーソングライターの方が話題になるからというプロデューサーの意向によりシンガーソングライターとしてデビューする事に。尚、同曲は300枚しか売れなかった。

1973年19歳アルバムひこうき雲」をリリース。発売と同時にラジオ話題となり、暗鬱で庶民的なフォークソングとは一線を画した都会的な歌詞と明るいメロディ(後のニューミュージックと呼ばれるジャンルの楽曲)が支持される。

アルバム『MISSLIM』~アルバム『COBALT HOUR』

1974年20歳の時にアルバム『MISSLIM』をリリース。後に魔女の宅急便の主題歌として脚光を浴びる『やさしさに包まれたなら』も収録されている。収録曲『海を見ていた午後』の洗練された歌詞が話題を呼び、ヒットを記録。

1975年21歳「の時にアルバム『COBALT HOUR』をリリース。魔女の宅急便の挿入歌『ルージュの伝言』、卒業ソングの定番『卒業写真』など、語り継がれる楽曲が複数収録されている。その後、フォークグループバンバンに提供した楽曲、『「いちご白書」を、もう一度』が週間ランキングで初の1位を獲得し、大ヒットを記録。
作詞、作曲を手掛けた彼女の知名度が広まり、同年にリリースしたシングル『あの日にかえりたい』は合計で4週1位を獲得する大ヒットを記録。

結婚~アルバム『14番目の月』

その年、彼女のプロデューサーを勤めていた松任谷正隆との婚約を発表。翌1976年、シングル『翳りゆく部屋』は荒井由実名義でのラストシングルとなる(後に椎名林檎がカバーした)。

同年、22歳の頃、アルバム『14番目の月』がリリース。大ヒットしたシングル『あの日にかえりたい』や『翳りゆく部屋』は収録されず、完全新作、及び荒井由実の引退作品と銘打たれた。
収録曲の『中央フリーウェイ』は今でもドライブの定番曲。
アルバム発表後、松任谷正隆と結婚し、翌年松任谷由実として再デビューを果たす。

実績

荒井由実として活動していた時期は18歳のデビューから22歳で結婚するまでの僅か四年程しかなく、これは彼女の40年以上のキャリアの10分の1でしかないが、この時代に与えた音楽界への影響は計り知れない。

  • 当時のフォーク界は庶民的で暗い楽曲が主に支持されていた。しかし、彼女は当時のフォークソングを「貧乏臭い」と四畳半フォークと呼んで蔑み、都会的でハイソなサウンドにチャレンジして成功を収めた。彼女が始めたこのサウンドはニューミュージックと名付けられ、このジャンルは現在も音楽シーンのメインに根付いている。

  • バブルの時代に爆発的に売れた時代と比べると、セールス面での成功は少ないが、『卒業写真』や『やさしさに包まれたなら』、『ルージュの伝言』など、時を経て再評価される作品が多いのが特徴で、最近では『風立ちぬ』に起用された『ひこうき雲』が発売から40年を経てiTunesで1位を獲得するという歴史的なリバイバルヒットを記録しており、不意にこの時代の名曲が再評価される機会が訪れる可能性は高い。

関連項目

松任谷由実
ニューミュージック

pixivに投稿された作品 pixivで「荒井由実」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2451

コメント