ピクシブ百科事典

クァドラン・レア

くぁどらんれあ

クァドラン・レアとは、TVアニメ「マクロスF」等に登場するバトルスーツである。
目次[非表示]

諸元

分類バトルスーツ
種別クァドランシリーズ
所属新統合軍/S.M.S
設計新統合軍/ゼネラル・ギャラクシー
開発新統合軍/ゼネラル・ギャラクシー
製造キメリコラ・レア工廠
全高16.85m
全備重量35.5t
推進機関キリコメラ/ゼネラル・ギャラクシー熱核コンバータFC-2055μ×2


概要

第一次星間大戦後、稼働数が減少しつつあったゼントラーディの女性兵士向けパワードスーツ「クァドラン・ロー」を新統合軍とゼネラル・ギャラクシー社が改良・再生産を行った後継機。
2035年頃より再設計・改良計画が開始され、2040年に惑星エデンの衛星軌道のキメリコラ・レア工廠にて生産が開始。2050年以降はゼントラーディ系部隊の主力兵器として広く普及していった。
主に第一次星間大戦後地球に帰化したゼントラーディ人によって運用され、女性兵士向けの機体をベースとしていながらも内装部の改良によって男性兵士による運用も可能。
民間軍事プロバイダー「S.M.S」ではクラン・クラン大尉率いるピクシー小隊の運用する機体としても知られる。

アクティブステルスやエネルギー転換装甲の追加といったパイロットの生存性を上げる為の改良が施されており、搭乗方式もベース機となったクァドラン・ローの着用・精神接続方式から乗り込み方式に変更された。
生産時期によって細かいマイナーチェンジが加えられており、レア/56型はISCを採用したVF-25にも劣らない機動性を発揮する。
また、腕部レーザーパルスガンの高出力化など、火力面のアップデートも行われており、肩部ハードポイントにはヌージャデル・ガーやグラージと同型のビフォーズAA76/QD対艦用インパクト・カノンが標準装備されている。

関連項目

マクロス
マクロスF ゼントラーディ
クラン・クラン

pixivに投稿された作品 pixivで「クァドラン・レア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5744

コメント