ピクシブ百科事典

クライド・ブラックストーム

くらいどぶらっくすとーむ

スクウェア/スクウェア·エニックスのコンピュータRPG『アンリミテッド:サガ』の登場人物。

概要

CV一条和矢

若き頃、魔道を究めようとジョーゼフユンと共に活動をしていた術士。
ブラックストームという異名は若かりし頃の荒事ゆえにつけられたものらしい。
やがてジョーゼフとユンは落ち着いた生活へと移るが、彼は生涯現役で研究をしたいテーマがあったため、あきらめてはいなかった。
そのテーマとは、術の系統の1つである「禁呪」
ほかの系統とは異なり、表立って知られてはおらず、ジョーゼフも禁呪について研究しようとはしなかった。
知られていない理由は、かつてこの世界を飲み込もうとした「混沌の力」をベースにした術であり、要は性質がヤバイからである。
そのため、太古の術士リース・トーレスによって明るみに出ないよう細工されていた。
しかし、あくなき探究心はついに暴走という形の行動を起こす。
数十年が経過し、もはや自分の寿命も近いことを悟った彼は、生きているうちに禁呪を見たいあまり、ジョーゼフを問い詰めた挙句鏡の世界に閉じ込める。
だが、ジョーゼフが自宅に張っていた防衛術によって遥か遠い地にワープさせられ、計画は狂ってしまう。

もはや、自分の寿命はあとわずか。このままジョーゼフの自宅へ戻る時間すら残されていないかもしれない。
そう思った彼が取った最後の手段は——アンデッドの頭目と契りを交わし、吸血鬼になることだった。
メインイラストのそれは、吸血鬼になった後の姿である。
ちなみに口元の黒いマスクのようなものは、この世界の吸血鬼特有のものであり、吸血時にパカッと開く構造。

やがて鏡の世界へと逃げ込んだ彼だったが、ジョーゼフを助けに来たジュディ一行に追い詰められる。
なんとか戦うも、皮肉にも彼が追い求めていた禁呪の力の源——混沌に飲み込まれる
敗北した彼はどうにか生還するが、ジョーゼフから「禁呪とは全ての術からたどり着きうるもの」であることを教えられ、ついに一段落することになる。
だが、吸血鬼となってしまった彼は、もはや人には戻ることが出来ず、親友だったジョーゼフとの離別という形を余儀なくされた。

サガシリーズにおいて、老人同士の離別というシーンが描かれているのは珍しい。

関連

アンリミテッド:サガ

pixivに投稿された作品 pixivで「クライド・ブラックストーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33

コメント