ピクシブ百科事典

クルックー・モフス

くるっくーもふす

R-18ゲーム「ランス・クエスト」に登場する人物
目次[非表示]

概要

クルックー・モフスとはランスクエストに登場する神官である。
AL教の四人いる枢機卿の一人であり、前法王ムーララルー(デュラン・テュラン)の娘でもある。
法王死去に伴い行われたムーラテストを有利に進めるべくランスのパーティーに参加。
後にランスの協力を得て新法王として選出された。


作品名


登場作品

ランスクエスト
ランス・クエスト(ランスクエストマグナム)
RanceⅨ-ヘルマン革命-
ランス10

人物像

当初はAL教の教義と聖職者としての使命以外の何事にも無関心で羞恥心に欠け冷徹ですらあったが、ランスと行動を共にするうちに情に目覚め、ムーラテストや使命の為に犠牲にした人々に対して心から反省して償ったりと良い影響を受ける。
女神ALICEの真実を知り、絶望して女神への信仰をすてた代わりに、自分を助けてくれたランスを信仰するようになると同時に愛するようになり、同じように神々への反感を抱いたかつての法王アム・イスエルに対して「ランスとランスの居るこの時間を守り通してみせる」と宣言している。
聞かれなかったら割と重要な事でも答えない悪癖がある。また結構な謀略家の一面も。
10の2部では特に伏線もなく唐突に出現したエール・モフスの母として登場。
殆ど無表情だった少女時代とは異なり常に穏やかな微笑を絶やさない優しいがちょっと変人。

またランスと語り合えるレベルの貝コレクター。そしてなぜか劇中で放火に目覚める。
好物は冒険者仲間で現在は護衛を務めるサチコ・センターズのピクルス。
普段髪で隠れてる方の目は失明している。

ゲーム ランス・クエストにおけるユニットとしての性能

ジョブは、ヒーラースパルタ
ヒーラーながらスパルタとして物理攻撃や防御にも優れる万能キャラで、
スキル効果によってなかなかの打たれ強さを持っているので前衛でも問題なく戦える。背負い投げは人型キラーで、メイスは攻撃力も高めで幽霊に特効なのもポイントが高い。

RanceⅨ-ヘルマン革命-におけるユニットとしての性能

シーラと共に2大ヒーラーであり、シーラが遠距離攻撃型で単体回復に特化しているのに対して、
クルックーは近接攻撃型であると同事に一定範囲内全員回復と、切り込み隊の一員として前線で活躍してくれる。

余談

謎の彼女Xのヒロイン、卜部美琴に似ていると指摘されているがこれは偶然で実際モデルとなったのはフランケンふらんヴェロニカ

関連イラスト

現実を見なくてもいいのよ…
モフスモフス



別名・表記ゆれ

クルックー モフス

関連タグ

ランスシリーズ ランスクエスト RanceⅨ-ヘルマン革命-

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

pixivに投稿された作品 pixivで「クルックー・モフス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97334

コメント